30分以内で読める寺田寅彦の短編作品

青空文庫で公開されている寺田寅彦の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品132篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全132件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
津浪と人間寺田寅彦
30分以内
  4,495文字
  昭和八年三月三日の早朝に、東北日本の太平洋岸に津浪が襲来して…
津浪と人間寺田寅彦
30分以内
アインシュタインの教育観寺田寅彦
30分以内
  9,133文字
  近頃パリに居る知人から、アレキサンダー・モスコフスキー著『ア…
アインシュタインの教育観寺田寅彦
30分以内
天災と国防寺田寅彦
30分以内
  7,827文字
  「非常時」というなんとなく不気味なしかしはっきりした意味のわ…
天災と国防寺田寅彦
30分以内
学位について寺田寅彦
30分以内
  8,905文字
  「学位売買事件」というあまり目出度(めでた)からぬ名前の事件…
学位について寺田寅彦
30分以内
茶わんの湯寺田寅彦
30分以内
  4,088文字
  ここに茶わんが一つあります。
茶わんの湯寺田寅彦
30分以内
電車の混雑について寺田寅彦
30分以内
  7,852文字
 満員電車のつり皮にすがって、押され突かれ、もまれ、踏まれるの…
電車の混雑について寺田寅彦
30分以内
小爆発二件寺田寅彦
30分以内
  5,074文字
 昭和十年八月四日の朝、信州(しんしゅう)軽井沢(かるいざわ)…
小爆発二件寺田寅彦
30分以内
どんぐり寺田寅彦
30分以内
  4,862文字
 もう何年前になるか思い出せぬが日は覚えている。
どんぐり寺田寅彦
30分以内
徒然草の鑑賞寺田寅彦
30分以内
  6,931文字
 『文学』の編輯者から『徒然草(つれづれぐさ)』についての「鑑…
徒然草の鑑賞寺田寅彦
30分以内
化け物の進化寺田寅彦
30分以内
  10,925文字
 人間文化の進歩の道程において発明され創作されたいろいろの作品…
化け物の進化寺田寅彦
30分以内
震災日記より寺田寅彦
30分以内
  6,895文字
 子供等と志村(しむら)の家へ行った。
震災日記より寺田寅彦
30分以内
マーカス・ショーとレビュー式教育寺田寅彦
30分以内
  9,243文字
 アメリカのレビュー団マーカス・ショーが日本劇場で開演して満都…
マーカス・ショーとレビュー式教育寺田寅彦
30分以内
夏目漱石先生の追憶寺田寅彦
30分以内
  9,865文字
 熊本(くまもと)第五高等学校在学中第二学年の学年試験の終わっ…
夏目漱石先生の追憶寺田寅彦
30分以内
コーヒー哲学序説寺田寅彦
30分以内
  5,365文字
 八九歳のころ医者の命令で始めて牛乳というものを飲まされた。
コーヒー哲学序説寺田寅彦
30分以内
地震雑感寺田寅彦
30分以内
  5,235文字
 地震というものの概念は人々によってずいぶん著しくちがっている…
地震雑感寺田寅彦
30分以内
科学者と芸術家寺田寅彦
30分以内
  6,680文字
 芸術家にして科学を理解し愛好する人も無いではない。
科学者と芸術家寺田寅彦
30分以内
災難雑考寺田寅彦
30分以内
  10,520文字
 大垣(おおがき)の女学校の生徒が修学旅行で箱根(はこね)へ来…
災難雑考寺田寅彦
30分以内
静岡地震被害見学記寺田寅彦
30分以内
  5,181文字
 昭和十年七月十一日午後五時二十五分頃、本州中部地方関東地方か…
静岡地震被害見学記寺田寅彦
30分以内
ジャーナリズム雑感寺田寅彦
30分以内
  11,013文字
 いつかある大新聞社の工場を見学に行ってあの高速度輪転機の前面…
ジャーナリズム雑感寺田寅彦
30分以内
雨の上高地寺田寅彦
30分以内
  5,000文字
 山好きの友人から上高地(かみこうち)行を勧(すす)められる度…
雨の上高地寺田寅彦
30分以内
変った話寺田寅彦
30分以内
  8,942文字
 中学で孔子や孟子のことは飽きるほど教わったが、老子のことはち…
変った話寺田寅彦
30分以内
火山の名について寺田寅彦
30分以内
  7,592文字
 日本から南洋へかけての火山の活動の時間分布を調べているうちに…
火山の名について寺田寅彦
30分以内
地図をながめて寺田寅彦
30分以内
  6,353文字
「当世物は尽くし」で「安いもの」を列挙するとしたら、その筆頭…
地図をながめて寺田寅彦
30分以内
量的と質的と統計的と寺田寅彦
30分以内
  8,020文字
古代ギリシアの哲学者の自然観照ならびに考察の方法とその結果に…
量的と質的と統計的と寺田寅彦
30分以内
小浅間寺田寅彦
30分以内
  5,320文字
峰(みね)の茶屋(ちゃや)から第一の鳥居をくぐってしばらくこ…
小浅間寺田寅彦
30分以内
函館の大火について寺田寅彦
30分以内
  10,556文字
昭和九年三月二十一日の夕から翌朝へかけて函館(はこだて)市に…
函館の大火について寺田寅彦
30分以内
涼味数題寺田寅彦
30分以内
  4,980文字
涼しさは瞬間の感覚である。
涼味数題寺田寅彦
30分以内
子猫寺田寅彦
30分以内
  9,777文字
これまでかつて猫(ねこ)というもののいた事のない私の家庭に、…
子猫寺田寅彦
30分以内
相撲寺田寅彦
30分以内
  4,277文字
一月中旬のある日の四時過ぎに新宿の某地下食堂待合室の大きな皮…
相撲寺田寅彦
30分以内
俳諧瑣談寺田寅彦
30分以内
  7,605文字
ドイツの若い物理学者のLというのがせんだって日本へ遊びに来て…
俳諧瑣談寺田寅彦
30分以内
天文と俳句寺田寅彦
30分以内
  6,625文字
俳句季題の分類は普通に時候、天文、地理、人事、動物、植物とい…
天文と俳句寺田寅彦
30分以内
野球時代寺田寅彦
30分以内
  4,262文字
明治二十年代の事である。
野球時代寺田寅彦
30分以内
蓑田先生寺田寅彦
30分以内
  4,348文字
明治二十七八年の頃K市の県立中学校に新しい英語の先生が赴任し…
蓑田先生寺田寅彦
30分以内
わが中学時代の勉強法寺田寅彦
30分以内
  4,865文字
自分の出生地は高知県で、始め中学の入学試験に応じたのは十四の…
わが中学時代の勉強法寺田寅彦
30分以内
軽井沢寺田寅彦
30分以内
  6,352文字
十五年ほど前の夏休みに松原湖へ遊びに行った帰りの汽車を軽井沢…
軽井沢寺田寅彦
30分以内
竜舌蘭寺田寅彦
30分以内
  5,055文字
一日じめじめと、人の心を腐らせた霧雨もやんだようで、静かな宵…
竜舌蘭寺田寅彦
30分以内
花物語寺田寅彦
30分以内
  11,885文字
いくつぐらいの時であったかたしかには覚えぬが、自分が小さい時…
花物語寺田寅彦
30分以内
芝刈り寺田寅彦
30分以内
  10,309文字
私は自分の住み家の庭としてはむしろ何もない広い芝生(しばふ)…
芝刈り寺田寅彦
30分以内
球根寺田寅彦
30分以内
  7,416文字
九月中旬の事であった。
球根寺田寅彦
30分以内
簔虫と蜘蛛寺田寅彦
30分以内
  4,397文字
二階の縁側のガラス戸のすぐ前に大きな楓(かえで)が空いっぱい…
簔虫と蜘蛛寺田寅彦
30分以内
からすうりの花と蛾寺田寅彦
30分以内
  9,303文字
ことしは庭のからすうりがずいぶん勢いよく繁殖した。
からすうりの花と蛾寺田寅彦
30分以内
あひると猿寺田寅彦
30分以内
  5,564文字
去年の夏信州(しんしゅう)沓掛(くつかけ)駅に近い湯川(ゆか…
あひると猿寺田寅彦
30分以内
物理学と感覚寺田寅彦
30分以内
  8,074文字
人間がその周囲の自然界の事物に対する知識経験の基になる材料は…
物理学と感覚寺田寅彦
30分以内
相対性原理側面観寺田寅彦
30分以内
  7,610文字
世間ではもちろん、専門の学生の間でもまたどうかすると理学者の…
相対性原理側面観寺田寅彦
30分以内
怪異考寺田寅彦
30分以内
  6,776文字
物理学の学徒としての自分は、日常普通に身辺に起こる自然現象に…
怪異考寺田寅彦
30分以内
日常身辺の物理的諸問題寺田寅彦
30分以内
  5,863文字
毎朝起きて顔を洗いに湯殿の洗面所へ行く、そうしてこの平凡な日…
日常身辺の物理的諸問題寺田寅彦
30分以内
物理学圏外の物理的現象寺田寅彦
30分以内
  6,990文字
物理学は元来自然界における物理的現象を取り扱う学問であるが、…
物理学圏外の物理的現象寺田寅彦
30分以内
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ寺田寅彦
30分以内
  4,229文字
時の観念に関しては、哲学者の側でいろいろ昔からむつかしい議論…
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ寺田寅彦
30分以内
病室の花寺田寅彦
30分以内
  6,801文字
発病する四五日前、三越(みつこし)へ行ったついでに、ベコニア…
病室の花寺田寅彦
30分以内
寺田寅彦
30分以内
  4,599文字
始めてこの浜へ来たのは春も山吹の花が垣根に散る夕であった。
寺田寅彦
30分以内