30分以内で読める寺田寅彦の短編作品

青空文庫で公開されている寺田寅彦の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編135作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全135件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
  4,112 文字
私に親しいある老科学者がある日私に次のようなことを語っ...
科学者とあたま 寺田 寅彦
30分以内
津浪と人間 寺田 寅彦
30分以内
  4,653 文字
昭和八年三月三日の早朝に、東北日本の太平洋岸に津浪が襲...
津浪と人間 寺田 寅彦
30分以内
学位について 寺田 寅彦
30分以内
  9,046 文字
「学位売買事件」というあまり目出度からぬ名前の事件が新...
学位について 寺田 寅彦
30分以内
天災と国防 寺田 寅彦
30分以内
  7,749 文字
「非常時」というなんとなく不気味なしかしはっきりした意...
天災と国防 寺田 寅彦
30分以内
茶わんの湯 寺田 寅彦
30分以内
  4,212 文字
ここに茶わんが一つあります。
茶わんの湯 寺田 寅彦
30分以内
アインシュタインの教育観 寺田 寅彦
30分以内
  9,223 文字
近頃パリに居る知人から、アレキサンダー・モスコフスキー...
アインシュタインの教育観 寺田 寅彦
30分以内
小爆発二件 寺田 寅彦
30分以内
  5,024 文字
昭和十年八月四日の朝、信州軽井沢千が滝グリーンホテルの...
小爆発二件 寺田 寅彦
30分以内
電車の混雑について 寺田 寅彦
30分以内
  8,135 文字
満員電車のつり皮にすがって、押され突かれ、もまれ、踏ま...
電車の混雑について 寺田 寅彦
30分以内
マーカス・ショーとレビュー式教育 寺田 寅彦
30分以内
  9,406 文字
アメリカのレビュー団マーカス・ショーが日本劇場で開演し...
マーカス・ショーとレビュー式教育 寺田 寅彦
30分以内
震災日記より 寺田 寅彦
30分以内
  6,955 文字
大正十二年八月二十四日曇、後驟雨子供等と志村の家へ行った。
震災日記より 寺田 寅彦
30分以内
地震雑感 寺田 寅彦
30分以内
  5,382 文字
地震の概念地震というものの概念は人々によってずいぶん著...
地震雑感 寺田 寅彦
30分以内
災難雑考 寺田 寅彦
30分以内
  10,533 文字
大垣の女学校の生徒が修学旅行で箱根へ来て一泊した翌朝、...
災難雑考 寺田 寅彦
30分以内
静岡地震被害見学記 寺田 寅彦
30分以内
  5,279 文字
昭和十年七月十一日午後五時二十五分頃、本州中部地方関東...
静岡地震被害見学記 寺田 寅彦
30分以内
化け物の進化 寺田 寅彦
30分以内
  11,251 文字
人間文化の進歩の道程において発明され創作されたいろいろ...
化け物の進化 寺田 寅彦
30分以内
どんぐり 寺田 寅彦
30分以内
  4,862 文字
もう何年前になるか思い出せぬが日は覚えている。
どんぐり 寺田 寅彦
30分以内
コーヒー哲学序説 寺田 寅彦
30分以内
  5,396 文字
八九歳のころ医者の命令で始めて牛乳というものを飲まされた。
コーヒー哲学序説 寺田 寅彦
30分以内
変った話 寺田 寅彦
30分以内
  8,950 文字
電車で老子に会った話中学で孔子や孟子のことは飽きるほど...
変った話 寺田 寅彦
30分以内
徒然草の鑑賞 寺田 寅彦
30分以内
  6,958 文字
『文学』の編輯者から『徒然草』についての「鑑賞と批評」...
徒然草の鑑賞 寺田 寅彦
30分以内
地図をながめて 寺田 寅彦
30分以内
  6,411 文字
「当世物は尽くし」で「安いもの」を列挙するとしたら、そ...
地図をながめて 寺田 寅彦
30分以内
量的と質的と統計的と 寺田 寅彦
30分以内
  8,123 文字
古代ギリシアの哲学者の自然観照ならびに考察の方法とその...
量的と質的と統計的と 寺田 寅彦
30分以内
小浅間 寺田 寅彦
30分以内
  5,198 文字
峰の茶屋から第一の鳥居をくぐってしばらくこんもりした落...
小浅間 寺田 寅彦
30分以内
涼味数題 寺田 寅彦
30分以内
  4,943 文字
涼しさは瞬間の感覚である。
涼味数題 寺田 寅彦
30分以内
雨の上高地 寺田 寅彦
30分以内
  4,801 文字
山好きの友人から上高地行を勧められる度に、自動車が通じ...
雨の上高地 寺田 寅彦
30分以内
科学者と芸術家 寺田 寅彦
30分以内
  6,733 文字
芸術家にして科学を理解し愛好する人も無いではない。
科学者と芸術家 寺田 寅彦
30分以内
子猫 寺田 寅彦
30分以内
  9,847 文字
これまでかつて猫というもののいた事のない私の家庭に、去...
子猫 寺田 寅彦
30分以内
病院風景 寺田 寅彦
30分以内
  4,023 文字
東京××大学医学部附属病院、整形外科病室第N号室。
病院風景 寺田 寅彦
30分以内
病中記 寺田 寅彦
30分以内
  4,039 文字
大正八年十二月五日晴金曜二、三日前から風心持であったが...
病中記 寺田 寅彦
30分以内
異郷 寺田 寅彦
30分以内
  4,070 文字
ウェルダアの桜大きな河かと思うような細長い湖水を小蒸気...
異郷 寺田 寅彦
30分以内
寺田 寅彦
30分以内
  4,122 文字
大学の池のまわりも、去年の火事で、だいぶ様子が変わって...
寺田 寅彦
30分以内
KからQまで 寺田 寅彦
30分以内
  4,195 文字
電車停留場のプラットフォームに「安全地帯」と書いた建札...
KからQまで 寺田 寅彦
30分以内
猫の穴掘り 寺田 寅彦
30分以内
  4,198 文字
猫が庭へ出て用を便じようとしてまず前脚で土を引っかき小...
猫の穴掘り 寺田 寅彦
30分以内
イタリア人 寺田 寅彦
30分以内
  4,251 文字
今日七軒町まで用達しに出掛けた帰りに久し振りで根津の藍...
イタリア人 寺田 寅彦
30分以内
映画雑感(Ⅵ) 寺田 寅彦
30分以内
  4,292 文字
パーロの嫁取り北極探検家として有名なクヌート・ラスムッ...
映画雑感(Ⅵ) 寺田 寅彦
30分以内
二科展院展急行瞥見 寺田 寅彦
30分以内
  4,302 文字
九月三日は朝方荒い雨が降った、やがて止んだが重苦しい蒸...
二科展院展急行瞥見 寺田 寅彦
30分以内
野球時代 寺田 寅彦
30分以内
  4,334 文字
明治二十年代の事である。
野球時代 寺田 寅彦
30分以内
まじょりか皿 寺田 寅彦
30分以内
  4,339 文字
十二月三十一日、今年を限りと木枯しの強く吹いた晩、本郷...
まじょりか皿 寺田 寅彦
30分以内
耳と目 寺田 寅彦
30分以内
  4,341 文字
耳も目も、いずれも二つずつ、われわれの頭の頂上からほぼ...
耳と目 寺田 寅彦
30分以内
簔虫と蜘蛛 寺田 寅彦
30分以内
  4,346 文字
二階の縁側のガラス戸のすぐ前に大きな楓が空いっぱいに枝...
簔虫と蜘蛛 寺田 寅彦
30分以内
漫画と科学 寺田 寅彦
30分以内
  4,362 文字
漫画とは何かという問に対して明確なる定義を下す事は困難...
漫画と科学 寺田 寅彦
30分以内
相撲 寺田 寅彦
30分以内
  4,375 文字
一月中旬のある日の四時過ぎに新宿の某地下食堂待合室の大...
相撲 寺田 寅彦
30分以内
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ 寺田 寅彦
30分以内
  4,377 文字
時の観念に関しては、哲学者の側でいろいろ昔からむつかし...
時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ 寺田 寅彦
30分以内
五月の唯物観 寺田 寅彦
30分以内
  4,456 文字
西洋では五月に林檎やリラの花が咲き乱れて一年中でいちば...
五月の唯物観 寺田 寅彦
30分以内
寺田 寅彦
30分以内
  4,557 文字
始めてこの浜へ来たのは春も山吹の花が垣根に散る夕であった。
寺田 寅彦
30分以内
蓑田先生 寺田 寅彦
30分以内
  4,579 文字
明治二十七八年の頃K市の県立中学校に新しい英語の先生が...
蓑田先生 寺田 寅彦
30分以内
随筆難 寺田 寅彦
30分以内
  4,602 文字
随筆は思ったことを書きさえすればよいのであるから、その...
随筆難 寺田 寅彦
30分以内
やもり物語 寺田 寅彦
30分以内
  4,622 文字
ただ取り止めもつかぬ短夜の物語である。
やもり物語 寺田 寅彦
30分以内
火事教育 寺田 寅彦
30分以内
  4,705 文字
旧臘押し詰まっての白木屋の火事は日本の火災史にちょっと...
火事教育 寺田 寅彦
30分以内
教育映画について 寺田 寅彦
30分以内
  4,721 文字
教育資料としての映画の価値の多大なことは誰でも認めては...
教育映画について 寺田 寅彦
30分以内
雨の上高地 寺田 寅彦
30分以内
  4,741 文字
山好きの友人から上高地行を勧められる度に、自動車が通...
雨の上高地 寺田 寅彦
30分以内
記録狂時代 寺田 寅彦
30分以内
  4,745 文字
何事でも「世界第一」という名前の好きなアメリカに、レコ...
記録狂時代 寺田 寅彦
30分以内