電車の混雑について
寺田 寅彦

『電車の混雑について』は寺田寅彦の短編作品。8,135文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  8,135 文字
人気   3,724 PV
書き出し 満員電車のつり皮にすがって、押され突かれ、もまれ、踏まれるのは、多少でも亀裂の入った肉体と、そのために薄弱になっている神経との所有者にとっては、ほとんど堪え難い苛責である。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田 寅彦 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品