コーヒー哲学序説
寺田 寅彦

『コーヒー哲学序説』は寺田寅彦の短編作品。5,396文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  5,396 文字
人気   750 PV
書き出し 八九歳のころ医者の命令で始めて牛乳というものを飲まされた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田 寅彦 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品