函館の大火について
寺田寅彦

『函館の大火について』は青空文庫で公開されている寺田寅彦の短編作品。10,556文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  10,556文字
人気  350PV
書き出し昭和九年三月二十一日の夕から翌朝へかけて函館(はこだて)市に大火があって二万数千戸を焼き払い二千人に近い死者を生じた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田寅彦の人気作品



短編(30分以内)の人気作品