津浪と人間
寺田寅彦

『津浪と人間』は青空文庫で公開されている寺田寅彦の短編作品。4,495文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  4,495文字
人気    26,024PV
書き出し昭和八年三月三日の早朝に、東北日本の太平洋岸に津浪が襲来して、沿岸の小都市村落を片端から薙(な)ぎ倒し洗い流し、そうして多数の人命と多額の財物を奪い去った。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

寺田寅彦の人気作品



短編(30分以内)の人気作品