【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

南部修太郎の全作品

青空文庫で公開されている南部修太郎の全作品26篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜26件 / 全26件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気

(1925年)
南部修太郎
30分以内
  7,980 文字
五月のある晴れた土曜日の夕方[#ルビの「がた」は底本では「かた」]だつた。
南部修太郎
30分以内
五月のある晴れた土曜日の夕方[#ルビの「がた」は底本では「かた」]だつた。
自分のこと 南部修太郎
5分以内
  1,373 文字
明治二十五年の秋、仙臺で生れた。
自分のこと 南部修太郎
5分以内
明治二十五年の秋、仙臺で生れた。
自分の変態心理的経験
(1926年)
南部修太郎
10分以内
  2,430 文字
妖怪と云ふものが昔の妖怪話の妖怪畫などに現はれて[#「現はれて」は底本では「現はて」]ゐるやう...
自分の変態心理的経験 南部修太郎
10分以内
妖怪と云ふものが昔の妖怪話の妖怪畫などに現はれて[#「現はれて」は底本では「現はて」]ゐるやうな異樣、奇怪、凄慘などの極端に誇張された存在でない事は、少くとも客觀的存在でない事は、今更ら云ふまでもない話であるが、これを精神上の一種の主觀的存在、云ひ換へれば、人間の幻覺或は錯覺としてみる時は確にあり得るもののやうに思はれる。
阿片の味
(1926年)
南部修太郎
10分以内
  2,753 文字
秦の始皇が不老の藥を求めた話はもうあまりに人口に膾炙してゐるが、この不老とは單に長生きをすると...
阿片の味 南部修太郎
10分以内
秦の始皇が不老の藥を求めた話はもうあまりに人口に膾炙してゐるが、この不老とは單に長生きをすると云ふ意味でなしに、老いてなほ色欲の享樂に堪へ得る旺盛な體力を求めるのが根本である事は云ふまでもあるまい。
下手の横好き 南部修太郎
10分以内
  2,951 文字
=1=町内の好敵手住み馴(な)れてやがて三十年、今では僕も町内一二の古顏(かほ)になつてしまつ...
下手の横好き 南部修太郎
10分以内
=1=町内の好敵手住み馴(な)れてやがて三十年、今では僕も町内一二の古顏(かほ)になつてしまつたが、麻布區新龍(りう)土町といふと、うしろに歩兵第三聯隊のモダアン兵營(えい)を控えた戸數(すう)六七十の一區劃(くわく)だが、ロオマ法王使節館、土耳古公使館、佛蘭士大使館武官館以下西洋人の住宅が非常に多い外になかなか特色のある住人を持つてゐる。
三作家に就ての感想
(1920年)
南部修太郎
10分以内
  3,137 文字
一、有島武郎氏私は有島武郎さんの作品を讀(よ)んで、作品のうちに滲(にじ)んでゐる作者の心の世...
三作家に就ての感想 南部修太郎
10分以内
一、有島武郎氏私は有島武郎さんの作品を讀(よ)んで、作品のうちに滲(にじ)んでゐる作者の心の世界といふものゝ大きさや、強さといふものを深く感じます。
気質と文章 南部修太郎
10分以内
  3,986 文字
「文は人なり。
気質と文章 南部修太郎
10分以内
「文は人なり。
文芸作品の映画化 南部修太郎
10分以内
  3,996 文字
最近、偶然に文藝作品の映畫化されたものをつゞけて三つ見た。
文芸作品の映画化 南部修太郎
10分以内
最近、偶然に文藝作品の映畫化されたものをつゞけて三つ見た。
現代作家に対する批判と要求
(1921年)
南部修太郎
30分以内
  4,452 文字
忌憚なく云ふと、私は現在の芥川龍之介氏の芸術に対して何にも云ひたくはないのである。
現代作家に対する批判と要求 南部修太郎
30分以内
忌憚なく云ふと、私は現在の芥川龍之介氏の芸術に対して何にも云ひたくはないのである。
探偵小説の魅力
(1924年)
南部修太郎
30分以内
  4,798 文字
ある時、Wと云(い)ふ中年の刑事が私にこんな事を話し聞かせた。
探偵小説の魅力 南部修太郎
30分以内
ある時、Wと云(い)ふ中年の刑事が私にこんな事を話し聞かせた。
文壇球突物語 南部修太郎
30分以内
  4,848 文字
球突の球の響アントン・チエエホフの名戯曲「櫻(さくら)の園」の第三幕目の舞台の左奧(おく)手に...
文壇球突物語 南部修太郎
30分以内
球突の球の響アントン・チエエホフの名戯曲「櫻(さくら)の園」の第三幕目の舞台の左奧(おく)手には球突塲がある心になつてゐる。
写真と思ひ出
(1926年)
南部修太郎
30分以内
  5,015 文字
◇寫眞(しやしん)も、この頃は猫も杓(しやく)子もやるといふ風な、はやり物になつて、それに趣味...
写真と思ひ出 南部修太郎
30分以内
◇寫眞(しやしん)も、この頃は猫も杓(しやく)子もやるといふ風な、はやり物になつて、それに趣味を持つなどゝいふのが變(へん)に當(あ)たり前過ぎる感じで、却て氣(き)がひけるやうなことにさへなつてしまつた。
画家とセリセリス 南部修太郎
30分以内
  5,113 文字
それが癖のいつものふとした出來心で、銀座の散歩の道すがら、畫家の夫はペルシア更紗の壁掛を買つて...
画家とセリセリス 南部修太郎
30分以内
それが癖のいつものふとした出來心で、銀座の散歩の道すがら、畫家の夫はペルシア更紗の壁掛を買つて來(き)た。
処女作の思い出 南部修太郎
30分以内
  5,324 文字
忘れもしない、あれは大正五年十月なかばの或(あ)る夜のことであつた。
処女作の思い出 南部修太郎
30分以内
忘れもしない、あれは大正五年十月なかばの或(あ)る夜のことであつた。
霧の夜に 南部修太郎
30分以内
  5,957 文字
霧の深い、暖かな晩だつた。
霧の夜に 南部修太郎
30分以内
霧の深い、暖かな晩だつた。
日曜日から日曜日まで 南部修太郎
30分以内
  6,841 文字
日曜日――。
日曜日から日曜日まで 南部修太郎
30分以内
日曜日――。
一兵卒と銃
(1919年)
南部修太郎
30分以内
  7,463 文字
霧の深い六月の夜だつた。
一兵卒と銃 南部修太郎
30分以内
霧の深い六月の夜だつた。
S中尉の話 南部修太郎
30分以内
  7,672 文字
「まあ皆、聞いて呉れ給へ。
S中尉の話 南部修太郎
30分以内
「まあ皆、聞いて呉れ給へ。
女盗 南部修太郎
30分以内
  8,398 文字
女盗南部修太郎女は黒い、小型の旅行鞄をさげた赤帽のあとから、空氣草履の足擦り靜に車内へはいつて來た。
女盗 南部修太郎
30分以内
女盗南部修太郎女は黒い、小型の旅行鞄をさげた赤帽のあとから、空氣草履の足擦り靜に車内へはいつて來た。
麻雀を語る
(1930年)
南部修太郎
30分以内
  8,537 文字
話はだいぶ古めくが、大正十一年の秋の或(あ)る一夜のことだ。
麻雀を語る 南部修太郎
30分以内
話はだいぶ古めくが、大正十一年の秋の或(あ)る一夜のことだ。
病院の窓 南部修太郎
30分以内
  9,303 文字
十七の五月だつた。
病院の窓 南部修太郎
30分以内
十七の五月だつた。
修道院の秋
(1916年)
南部修太郎
60分以内
  13,057 文字
「好いかよう……」と、若い水夫の一人が、間延びのした太い聲で叫びながら船尾の纜(ともづな)を放...
修道院の秋 南部修太郎
60分以内
「好いかよう……」と、若い水夫の一人が、間延びのした太い聲で叫びながら船尾の纜(ともづな)を放すと、鈍い汽笛がまどろむやうに海面を掠めて、船は靜かに函館の舊棧橋を離れた。
猫又先生 南部修太郎
60分以内
  15,465 文字
高橋順介、それが猫又先生の本名である。
猫又先生 南部修太郎
60分以内
高橋順介、それが猫又先生の本名である。
ハルピンの一夜 南部修太郎
60分以内
  16,379 文字
頭の禿げた、うす穢いフロツク姿の老人の指揮者がひよいと立ち上つて指揮棒を振ると、何回目かの、相...
ハルピンの一夜 南部修太郎
60分以内
頭の禿げた、うす穢いフロツク姿の老人の指揮者がひよいと立ち上つて指揮棒を振ると、何回目かの、相變らず下品な調子のフオツクス・トロツトが演奏團席の方で始まつた。
疑惑 南部修太郎
60分以内
  17,202 文字
――水野敬三より妻の藤子に宛てた手記――昨日、宵の内から降り出したしめやかな秋雨が、今日も硝子...
疑惑 南部修太郎
60分以内
――水野敬三より妻の藤子に宛てた手記――昨日、宵の内から降り出したしめやかな秋雨が、今日も硝子戸の外にけぶつてゐる。
死の接吻 南部修太郎
60分以内
  18,266 文字
猫の唸聲「ふウん、臺所に電氣がついてる‥‥」凍りついた雪の道に思はず足を止めて、若い農夫のカア...
死の接吻 南部修太郎
60分以内
猫の唸聲「ふウん、臺所に電氣がついてる‥‥」凍りついた雪の道に思はず足を止めて、若い農夫のカアルソンは宵闇の中に黒く浮んでゐる二階建の別荘の方へおびえたやうな視線を投げた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。