南部修太郎の全作品

青空文庫で公開されている南部修太郎の作品26篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全26件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
南部修太郎
30分以内
  10,245文字
五月のある晴(は)れた土曜(えう)日の夕方(がた)[#ルビの…
南部修太郎
30分以内
文壇球突物語南部修太郎
30分以内
  7,115文字
アントン・チエエホフの名戯曲(ぎきよく)「櫻(さくら)の園(…
文壇球突物語南部修太郎
30分以内
病院の窓南部修太郎
30分以内
  8,746文字
十七の五月だつた。
病院の窓南部修太郎
30分以内
疑惑南部修太郎
60分以内
  16,151文字
昨日、宵の内から降り出したしめやかな秋雨が、今日も硝子戸の外…
疑惑南部修太郎
60分以内
文芸作品の映画化南部修太郎
10分以内
  3,872文字
最近、偶然に文藝作品の映畫化されたものをつゞけて三つ見た。
文芸作品の映画化南部修太郎
10分以内
処女作の思い出南部修太郎
30分以内
  6,018文字
忘れもしない、あれは大正五年十月なかばの或(あ)る夜のことで…
処女作の思い出南部修太郎
30分以内
画家とセリセリス南部修太郎
30分以内
  4,793文字
それが癖のいつものふとした出來心で、銀座の散歩の道すがら、畫…
画家とセリセリス南部修太郎
30分以内
ハルピンの一夜南部修太郎
60分以内
  16,387文字
頭の禿げた、うす穢いフロツク姿の老人の指揮者がひよいと立ち上…
ハルピンの一夜南部修太郎
60分以内
自分のこと南部修太郎
5分以内
  1,393文字
明治二十五年の秋、仙臺で生れた。
自分のこと南部修太郎
5分以内
一兵卒と銃南部修太郎
60分以内
  12,506文字
霧(きり)の深(ふか)い六月(ぐわつ)の夜(よる)だつた。
一兵卒と銃南部修太郎
60分以内
探偵小説の魅力南部修太郎
30分以内
  4,858文字
ある時、Wと云(い)ふ中年の刑事が私にこんな事を話し聞かせた…
探偵小説の魅力南部修太郎
30分以内
下手の横好き南部修太郎
30分以内
  4,274文字
住(す)み馴(な)れてやがて三十年、今では僕(ぼく)も町内一…
下手の横好き南部修太郎
30分以内
現代作家に対する批判と要求南部修太郎
30分以内
  4,316文字
忌憚なく云ふと、私は現在の芥川龍之介氏の芸術に対して何にも云…
現代作家に対する批判と要求南部修太郎
30分以内
阿片の味南部修太郎
10分以内
  2,630文字
秦の始皇が不老の藥を求めた話はもうあまりに人口に膾炙してゐる…
阿片の味南部修太郎
10分以内
自分の変態心理的経験南部修太郎
10分以内
  2,360文字
妖怪と云ふものが昔の妖怪話の妖怪畫などに現はれて[#「現はれ…
自分の変態心理的経験南部修太郎
10分以内
麻雀を語る南部修太郎
60分以内
  15,145文字
話(はなし)はだいぶ古(ふる)めくが、大正(たいしやう)十一…
麻雀を語る南部修太郎
60分以内
修道院の秋南部修太郎
60分以内
  12,160文字
と、若い水夫の一人が、間延びのした太い聲で叫びながら船尾の纜…
修道院の秋南部修太郎
60分以内
日曜日から日曜日まで南部修太郎
30分以内
  6,441文字
日曜日――。
日曜日から日曜日まで南部修太郎
30分以内
三作家に就ての感想南部修太郎
30分以内
  4,258文字
私は有島武郎さんの作品を讀(よ)んで、作品のうちに滲(にじ)…
三作家に就ての感想南部修太郎
30分以内
気質と文章南部修太郎
10分以内
  3,820文字
「文は人なり。
気質と文章南部修太郎
10分以内
写真と思ひ出南部修太郎
30分以内
  7,377文字
寫眞(しやしん)も、この頃(ころ)は猫(ねこ)も杓(しやく)…
写真と思ひ出南部修太郎
30分以内
死の接吻南部修太郎
60分以内
  17,200文字
凍りついた雪の道に思はず足を止めて、若い農夫のカアルソンは宵…
死の接吻南部修太郎
60分以内
霧の夜に南部修太郎
30分以内
  5,979文字
霧の深い、暖かな晩だつた。
霧の夜に南部修太郎
30分以内
猫又先生南部修太郎
60分以内
  15,138文字
高橋順介、それが猫又先生の本名である。
猫又先生南部修太郎
60分以内
女盗南部修太郎
30分以内
  8,411文字
女盗南部修太郎女は黒い、小型の旅行鞄をさげた赤帽のあとから…
女盗南部修太郎
30分以内
S中尉の話南部修太郎
30分以内
  7,418文字
「まあ皆(みんな)、聞いて呉れ給へ。
S中尉の話南部修太郎
30分以内