60分以内で読める南部修太郎の中編作品

青空文庫で公開されている南部修太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品7篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全7件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
疑惑南部修太郎
60分以内
  16,151文字
昨日、宵の内から降り出したしめやかな秋雨が、今日も硝子戸の外…
疑惑南部修太郎
60分以内
ハルピンの一夜南部修太郎
60分以内
  16,387文字
頭の禿げた、うす穢いフロツク姿の老人の指揮者がひよいと立ち上…
ハルピンの一夜南部修太郎
60分以内
一兵卒と銃南部修太郎
60分以内
  12,506文字
霧(きり)の深(ふか)い六月(ぐわつ)の夜(よる)だつた。
一兵卒と銃南部修太郎
60分以内
麻雀を語る南部修太郎
60分以内
  15,145文字
話(はなし)はだいぶ古(ふる)めくが、大正(たいしやう)十一…
麻雀を語る南部修太郎
60分以内
修道院の秋南部修太郎
60分以内
  12,160文字
と、若い水夫の一人が、間延びのした太い聲で叫びながら船尾の纜…
修道院の秋南部修太郎
60分以内
死の接吻南部修太郎
60分以内
  17,200文字
凍りついた雪の道に思はず足を止めて、若い農夫のカアルソンは宵…
死の接吻南部修太郎
60分以内
猫又先生南部修太郎
60分以内
  15,138文字
高橋順介、それが猫又先生の本名である。
猫又先生南部修太郎
60分以内