高野聖
泉 鏡花

『高野聖』は泉鏡花の長編作品。38,554文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  38,554 文字
人気   54,080 PV
書き出し 「参謀本部編纂の地図をまた繰開いて見るでもなかろう、と思ったけれども、余りの道じゃから、手を触るさえ暑くるしい、旅の法衣の袖をかかげて、表紙を附けた折本になってるのを引張り出した。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

泉 鏡花 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品