金時計
泉 鏡花

『金時計』は泉鏡花の短編作品。6,395文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  6,395 文字
人気   -- PV
書き出し 上広告拙者昨夕散歩の際此辺一町以内の草の中に金時計一個遺失致し候間御拾取の上御届け下され候御方へは御礼として金百円呈上可仕候月日あーさー、へいげんこれ相州西鎌倉長谷村の片辺に壮麗なる西洋館の門前に、今朝より建てる広告標なり。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

泉 鏡花 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品