大阪まで
泉鏡太郎

『大阪まで』は青空文庫で公開されている泉鏡太郎の短編作品。11,870文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  11,870文字
人気   837PV
書き出し今年(ことし)三月(さんぐわつ)の半(なか)ばより、東京市中(とうきやうしちう)穩(おだや)かならず、天然痘(てんねんとう)流行(りうかう)につき、其方此方(そちこち)から注意(ちうい)をされて、身體髮膚(しんたいはつぷ)これを父母(ふぼ)にうけたり敢(あへ)て損(そこな)ひ毀(やぶ)らざるを、と其
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

泉鏡太郎の人気作品



短編(30分以内)の人気作品