🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める幸田露伴の長編作品

青空文庫で公開されている幸田露伴の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編12作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜12件 / 全12件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
五重塔
(1891年)
幸田露伴
1時間〜
  57,079 文字
其木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳作りの長火鉢に対ひて話し敵もなく唯一人、少しは...
五重塔 幸田露伴
其木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳作りの長火鉢に対ひて話し敵もなく唯一人、少しは淋しさうに坐り居る三十前後の女、男のやうに立派な眉を何日掃ひしか剃つたる痕の青※(みは)と、見る眼も覚むべき雨後の山の色をとゞめて翠(みどり)の※(みは)ひ一トしほ床しく、鼻筋つんと通り眼尻キリヽと上り、洗ひ髪をぐる/\と酷く丸めて引裂紙をあしらひに一本簪でぐいと留めを刺した色気無の様はつくれど、憎いほど烏黒にて艶ある髪の毛の一ト綜(ふさ)二綜後れ乱れて、浅黒いながら...
五重塔
(1891年)
幸田露伴
1時間〜
  59,273 文字
其木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用いたる岩畳作りの長火鉢に対いて話し敵もなくただ一人、少し...
五重塔 幸田露伴
其木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用いたる岩畳作りの長火鉢に対いて話し敵もなくただ一人、少しは淋(さび)しそうに坐(すわ)り居る三十前後の女、男のように立派な眉をいつ掃いしか剃(そ)ったる痕の青々と、見る眼も覚むべき雨後の山の色をとどめて翠(みどり)の匂いひとしお床しく、鼻筋つんと通り眼尻キリリと上り、洗い髪をぐるぐると酷く丸めて引裂紙をあしらいに一本簪でぐいと留めを刺した色気なしの様はつくれど、憎いほど烏黒にて艶ある髪の毛の一ト綜(ふさ)二綜後れ乱れて、浅黒いながら渋気...
努力論 幸田露伴
1時間〜
  176,877 文字
自努力は一である。
努力論 幸田露伴
自努力は一である。
蒲生氏郷 幸田露伴
1時間〜
  70,128 文字
大きい者や強い者ばかりが必ずしも人の注意に値する訳では無い。
蒲生氏郷 幸田露伴
大きい者や強い者ばかりが必ずしも人の注意に値する訳では無い。
運命 幸田露伴
1時間〜
  83,879 文字
世おのずから数というもの有りや。
運命 幸田露伴
世おのずから数というもの有りや。
平将門 幸田露伴
1時間〜
  41,662 文字
千鍾の酒も少く、一句の言も多いといふことがある。
平将門 幸田露伴
千鍾の酒も少く、一句の言も多いといふことがある。
努力論(現代訳) 幸田露伴
1時間〜
  172,258 文字
自努力は一である。
努力論(現代訳) 幸田露伴
自努力は一である。
風流仏 幸田露伴
1時間〜
  36,086 文字
発端如是我聞上一向専念の修業幾年三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中に蔵めて鉈...
風流仏 幸田露伴
発端如是我聞上一向専念の修業幾年三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中に蔵めて鉈(なた)小刀に彫り浮かべる腕前に、運慶も知らぬ人は讃歎(さんだん)すれども鳥仏師知る身の心耻(はず)かしく、其道に志す事深きにつけておのが業の足らざるを恨み、爰(ここ)日本美術国に生れながら今の世に飛騨の工匠なしと云(い)わせん事残念なり、珠運命の有らん限りは及ばぬ力の及ぶ丈ケを尽してせめては我が好の心に満足さすべく、且は石膏細工の鼻高き唐人めに下目で見られし鬱憤...
悦楽(現代訳) 幸田露伴
1時間〜
  64,855 文字
題して悦楽という、その初めの章に悦を説き、次の章に楽を説くことによる。
悦楽(現代訳) 幸田露伴
題して悦楽という、その初めの章に悦を説き、次の章に楽を説くことによる。
道教に就いて
(1933年)
幸田露伴
1時間〜
  28,439 文字
道教は支那に於て儒教と佛教と共に鼎立の勢を爲してゐる一大教系であり、其分派も少からず、又其教義...
道教に就いて 幸田露伴
道教は支那に於て儒教と佛教と共に鼎立の勢を爲してゐる一大教系であり、其分派も少からず、又其教義も少しづゝの異を有して居り、草率に其の如何なるものであるかを説き、且つ之を評論することは、もとより不可能の事に屬する。
雪たたき 幸田露伴
1時間〜
  31,055 文字
上鳥が其巣を焚(や)かれ、獣が其窟をくつがえされた時は何様なる。
雪たたき 幸田露伴
上鳥が其巣を焚(や)かれ、獣が其窟をくつがえされた時は何様なる。
連環記 幸田露伴
1時間〜
  53,006 文字
慶滋保胤は賀茂忠行の第二子として生れた。
連環記 幸田露伴
慶滋保胤は賀茂忠行の第二子として生れた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。