30分以内で読める幸田露伴の短編作品

青空文庫で公開されている幸田露伴の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編15作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜15件 / 全15件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
鼠頭魚釣り 幸田 露伴
30分以内
  10,528 文字
鼠頭魚は即ちきすなり。
鼠頭魚釣り 幸田 露伴
30分以内
雲のいろ/\ 幸田 露伴
30分以内
  6,201 文字
夜の雲夏より秋にかけての夜、美しさいふばかり無き雲を見...
雲のいろ/\ 幸田 露伴
30分以内
侠客の種類 幸田 露伴
30分以内
  5,297 文字
侠客と一口に言つても徳川時代の初期に起つた侠客と其の以...
侠客の種類 幸田 露伴
30分以内
蘆声 幸田 露伴
30分以内
  11,180 文字
今を距ること三十余年も前の事であった。
蘆声 幸田 露伴
30分以内
運命は切り開くもの 幸田 露伴
30分以内
  4,745 文字
此処に赤ン坊が生れたと仮定します。
運命は切り開くもの 幸田 露伴
30分以内
野道 幸田 露伴
30分以内
  4,923 文字
流鶯啼破す一簾の春。
野道 幸田 露伴
30分以内
印度の古話 幸田 露伴
30分以内
  5,087 文字
いづれの邦にも古話といふものありて、なかなかに近き頃の...
印度の古話 幸田 露伴
30分以内
東西伊呂波短歌評釈 幸田 露伴
30分以内
  5,997 文字
東京と西京とは、飲食住居より言語風俗に至るまで、今猶頗...
東西伊呂波短歌評釈 幸田 露伴
30分以内
ねじくり博士 幸田 露伴
30分以内
  7,177 文字
当世の大博士にねじくり先生というがあり。
ねじくり博士 幸田 露伴
30分以内
囲碁雑考 幸田 露伴
30分以内
  7,310 文字
棊は支那に起る。
囲碁雑考 幸田 露伴
30分以内
少年時代 幸田 露伴
30分以内
  7,388 文字
私は慶応三年七月、父は二十七歳、母は二十五歳の時に神田...
少年時代 幸田 露伴
30分以内
馬琴の小説とその当時の実社会 幸田 露伴
30分以内
  7,899 文字
皆さん。
馬琴の小説とその当時の実社会 幸田 露伴
30分以内
太郎坊 幸田 露伴
30分以内
  8,323 文字
見るさえまばゆかった雲の峰は風に吹き崩されて夕方の空が...
太郎坊 幸田 露伴
30分以内
突貫紀行 幸田 露伴
30分以内
  8,490 文字
身には疾あり、胸には愁あり、悪因縁は逐えども去らず、未...
突貫紀行 幸田 露伴
30分以内
貧乏 幸田 露伴
30分以内
  9,248 文字
その「アア詰らねえ、こう何もかもぐりはまになった日にゃ...
貧乏 幸田 露伴
30分以内