源氏物語
紫式部

『源氏物語』は青空文庫で公開されている紫式部の中編作品。13,967文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  13,967文字
人気    26,954PV
書き出し源氏が須磨(すま)、明石(あかし)に漂泊(さすら)っていたころは、京のほうにも悲しく思い暮らす人の多数にあった中でも、しかとした立場を持っている人は、苦しい一面はあっても、たとえば二条の夫人などは、源氏が旅での生活の様子もかなりくわしく通信されていたし、便宜が多くて手紙を書いて出すこともよくできたし
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

紫式部の人気作品



中編(60分以内)の人気作品