30分以内で読める紫式部の短編作品

青空文庫で公開されている紫式部の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品14篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全14件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
源氏物語紫式部
30分以内
  7,049文字
  「私はこんなにまで人から冷淡にされたことはこれまでないのだか…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  6,974文字
  二月の二十幾日に紫宸殿(ししんでん)の桜の宴があった。
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  11,543文字
  紫夫人はあの大病以後病身になって、どこということもなく始終煩…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  10,585文字
  薫(かおる)は山の延暦寺(えんりゃくじ)に着いて、常のとおり…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  10,941文字
  前斎宮(ぜんさいぐう)の入内(じゅだい)を女院は熱心に促して…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  8,784文字
  新春第一日の空の完全にうららかな光のもとには、どんな家の庭に…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  11,340文字
  源氏の現在の地位はきわめて重いがもう廷臣としての繁忙もここま…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  11,005文字
  中宮(ちゅうぐう)のお住居(すまい)の庭へ植えられた秋草は、…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  9,071文字
  尚侍(ないしのかみ)になって御所へお勤めするようにと、源氏は…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  11,796文字
  源氏が十一歳の姫君の裳着(もぎ)の式をあげるために設けていた…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  8,715文字
  夏の蓮(はす)の花の盛りに、でき上がった入道の姫宮の御持仏の…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  8,153文字
  光君(ひかるきみ)がおかくれになったあとに、そのすぐれた美貌…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  11,479文字
  「日の光林藪(やぶ)しわかねばいそのかみ古(ふ)りにし里も花…
源氏物語紫式部
30分以内
源氏物語紫式部
30分以内
  8,231文字
  今按察使(あぜち)大納言といわれている人は、故人になった太政…
源氏物語紫式部
30分以内