伊藤左千夫の全作品

青空文庫で公開されている伊藤左千夫の作品34篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全34件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
野菊の墓伊藤左千夫
1時間〜
  35,868文字
  後(のち)の月という時分が来ると、どうも思わずには居られない…
野菊の墓伊藤左千夫
1時間〜
新万葉物語伊藤左千夫
30分以内
  5,455文字
 からからに乾いて巻き縮(ちぢ)れた、欅(けやき)の落葉や榎(…
新万葉物語伊藤左千夫
30分以内
八幡の森伊藤左千夫
10分以内
  2,704文字
 市川の宿も通り越し、これから八幡(やわた)という所、天竺木綿…
八幡の森伊藤左千夫
10分以内
浅草詣伊藤左千夫
10分以内
  2,507文字
 一月十一日、この日曜日に天気であればきっと浅草へ連れて行くべ…
浅草詣伊藤左千夫
10分以内
古代之少女伊藤左千夫
1時間〜
  36,079文字
 かこひ内の、砂地の桑畑は、其畝々に溜つてる桑の落葉が未だ落ち…
古代之少女伊藤左千夫
1時間〜
告げ人伊藤左千夫
30分以内
  10,062文字
 雨が落(お)ちたり日影(ひかげ)がもれたり、降(ふ)るとも降…
告げ人伊藤左千夫
30分以内
老獣医伊藤左千夫
60分以内
  17,463文字
 糟谷獣医(かすやじゅうい)は、去年の暮(く)れ押(お)しつま…
老獣医伊藤左千夫
60分以内
八幡の森伊藤左千夫
10分以内
  2,324文字
 市川の宿も通り越し、これから八幡といふ所、天竺木綿の大きな國…
八幡の森伊藤左千夫
10分以内
大雨の前日伊藤左千夫
10分以内
  2,856文字
 此頃(このごろ)は実に不快な天候が続く。
大雨の前日伊藤左千夫
10分以内
伊藤左千夫
60分以内
  19,283文字
 朝霧(あさぎり)がうすらいでくる。
伊藤左千夫
60分以内
井戸伊藤左千夫
5分以内
  1,271文字
 吾郷里九十九里辺では、明治六年に始めて小学校が出来た。
井戸伊藤左千夫
5分以内
牛舎の日記伊藤左千夫
5分以内
  1,992文字
 一月十日 午前運動の為(た)め亀井戸までゆき。
牛舎の日記伊藤左千夫
5分以内
滝見の旅伊藤左千夫
10分以内
  2,189文字
七月十五日は根岸庵の会日なり。
滝見の旅伊藤左千夫
10分以内
家庭小言伊藤左千夫
30分以内
  8,072文字
近頃は、家庭問題と云うことが、至る所に盛んなようだ。
家庭小言伊藤左千夫
30分以内
市川の桃花伊藤左千夫
5分以内
  294文字
停車場で釣錢と往復切符と一所に市川桃林案内と云ふ紙を貰つて汽…
市川の桃花伊藤左千夫
5分以内
子規と和歌伊藤左千夫
10分以内
  3,953文字
正岡君については、僕などあまりに親しかッたものですから、かえ…
子規と和歌伊藤左千夫
10分以内
草花日記伊藤左千夫
5分以内
  377文字
○九月十日 表具屋を呼びて是真(ぜしん)筆朝顔の掛軸の表装仕…
草花日記伊藤左千夫
5分以内
根岸庵訪問の記伊藤左千夫
10分以内
  2,370文字
近来不良勝なる先生の病情片時も心にかからぬ事はない。
根岸庵訪問の記伊藤左千夫
10分以内
隣の嫁伊藤左千夫
1時間〜
  24,576文字
「満蔵(まんぞう)満蔵、省作(しょうさく)省作、そとはまっぴ…
隣の嫁伊藤左千夫
1時間〜
水害雑録伊藤左千夫
60分以内
  13,407文字
臆病者というのは、勇気の無い奴(やつ)に限るものと思っておっ…
水害雑録伊藤左千夫
60分以内
春の潮伊藤左千夫
1時間〜
  42,675文字
隣の家から嫁の荷物が運び返されて三日目だ。
春の潮伊藤左千夫
1時間〜
河口湖伊藤左千夫
30分以内
  4,980文字
段ばしごがギチギチ音がする。
河口湖伊藤左千夫
30分以内
去年伊藤左千夫
60分以内
  17,253文字
君は僕を誤解している。
去年伊藤左千夫
60分以内
紅黄録伊藤左千夫
30分以内
  10,214文字
成東(なるとう)の停車場をおりて、町形をした家並みを出ると、…
紅黄録伊藤左千夫
30分以内
浜菊伊藤左千夫
30分以内
  11,214文字
汽車がとまる。
浜菊伊藤左千夫
30分以内
水害雑録伊藤左千夫
60分以内
  12,057文字
臆病者といふのは、勇氣の無い奴に限るものと思つて居つたのは誤…
水害雑録伊藤左千夫
60分以内
奈々子伊藤左千夫
30分以内
  9,095文字
其日の朝であつた、自分は少し常より寢過して目を覺すと、子供達…
奈々子伊藤左千夫
30分以内
茶の湯の手帳伊藤左千夫
30分以内
  7,907文字
茶の湯の趣味を、真に共に楽むべき友人が、只の一人でもよいから…
茶の湯の手帳伊藤左千夫
30分以内
竹の里人 一伊藤左千夫
5分以内
  1,974文字
考へて見ると實に昔が戀しい、明治三十三年の一月然かも二日の日…
竹の里人 一伊藤左千夫
5分以内
姪子伊藤左千夫
30分以内
  5,876文字
麦搗(むぎつき)も荒(あら)ましになったし、一番草も今日でお…
姪子伊藤左千夫
30分以内
落穂伊藤左千夫
30分以内
  9,859文字
水田(すいでん)のかぎりなく広い、耕地(こうち)の奥に、ちょ…
落穂伊藤左千夫
30分以内
歌の潤い伊藤左千夫
30分以内
  4,909文字
潤いのある歌と、味(あじわ)いのある歌と、そこにどういう差が…
歌の潤い伊藤左千夫
30分以内
守の家伊藤左千夫
10分以内
  3,800文字
実際は自分が何歳(いくつ)の時の事であったか、自分でそれを覚…
守の家伊藤左千夫
10分以内
奈々子伊藤左千夫
30分以内
  10,034文字
その日の朝であった、自分は少し常より寝過ごして目を覚ますと、…
奈々子伊藤左千夫
30分以内