10分以内で読める二葉亭四迷の短編作品

青空文庫で公開されている二葉亭四迷の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編作品4篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全4件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
小説総論二葉亭四迷
10分以内
  3,492文字
人物の善悪を定めんには我に極美(アイデアル)なかるべからず。
小説総論二葉亭四迷
10分以内
余が翻訳の標準二葉亭四迷
10分以内
  3,912文字
翻訳は如何様にすべきものか、其の標準は人に依って、各異ろうか…
余が翻訳の標準二葉亭四迷
10分以内
旅日記二葉亭四迷
10分以内
  3,399文字
社命を畏こまつて雲の彼方の露都を志し六月十二日雨持つ空の何と…
旅日記二葉亭四迷
10分以内
エスペラントの話二葉亭四迷
10分以内
  3,784文字
エスペラントの話を聴きたい、よろしい、やりませう。
エスペラントの話二葉亭四迷
10分以内