10分以内で読める樋口一葉の短編作品

青空文庫で公開されている樋口一葉の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,000〜4,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
琴の音 樋口 一葉
10分以内
  3,149 文字
上空に月日のかはる光りなく、春さく花のゝどけさは浮世萬...
琴の音 樋口 一葉
10分以内
うらむらさき 樋口 一葉
10分以内
  2,565 文字
上夕暮の店先に郵便脚夫が投込んで行きし女文字の書状一通...
うらむらさき 樋口 一葉
10分以内
琴の音 樋口 一葉
10分以内
  3,152 文字
(上)空に月日のかはる光りなく、春さく花のゝどけさは浮...
琴の音 樋口 一葉
10分以内
雪の日 樋口 一葉
10分以内
  3,295 文字
見渡すかぎり地は銀沙を敷きて、舞ふや蝴蝶の羽そで軽く、...
雪の日 樋口 一葉
10分以内
あきあはせ 樋口 一葉
10分以内
  3,315 文字
あやしうつむりのなやましうて、夢のやうなるきのふ今日、...
あきあはせ 樋口 一葉
10分以内
軒もる月 樋口 一葉
10分以内
  3,613 文字
我が良人は今宵も歸りのおそくおはしますよ、我が子は早く...
軒もる月 樋口 一葉
10分以内
軒もる月 樋口 一葉
10分以内
  3,763 文字
「我が良人は今宵も帰りのおそくおはしますよ。
軒もる月 樋口 一葉
10分以内