5分以内で読める萩原朔太郎の短編作品

青空文庫で公開されている萩原朔太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編作品129篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全129件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
秋と漫歩萩原朔太郎
5分以内
  1,943文字
 四季を通じて、私は秋という季節が一番好きである。
秋と漫歩萩原朔太郎
5分以内
愛の詩集萩原朔太郎
5分以内
  95文字
 ちちのみの父を負ふもの ひとのみの肉と骨とを負ふもの き…
愛の詩集萩原朔太郎
5分以内
クリスマス萩原朔太郎
5分以内
  151文字
そが高き窓をのぞきたり。
クリスマス萩原朔太郎
5分以内
近日所感萩原朔太郎
5分以内
  41文字
朝鮮人あまた殺され その血百里の間に連なれり われ怒りて視る…
近日所感萩原朔太郎
5分以内
感謝萩原朔太郎
5分以内
  207文字
夜の闇頒ちて幕(とばり)くだる。
感謝萩原朔太郎
5分以内
冬の情緒萩原朔太郎
5分以内
  1,759文字
冬といふ季節は、蕭条とした自然の中にをののいてゐる、人間の果…
冬の情緒萩原朔太郎
5分以内
家庭の痛恨萩原朔太郎
5分以内
  1,522文字
西洋の風習では、その妻が良人と共に社交に出で、多くの異性と舞…
家庭の痛恨萩原朔太郎
5分以内
装幀の意義萩原朔太郎
5分以内
  1,500文字
書物に於ける装幀の趣味は、絵画に於ける額縁や表装と同じく、一…
装幀の意義萩原朔太郎
5分以内
易者の哲理萩原朔太郎
5分以内
  1,332文字
すべての易者たちは、彼の神祕な筮竹を探りながら、威嚇するやう…
易者の哲理萩原朔太郎
5分以内
蒲原有明に帰れ萩原朔太郎
5分以内
  1,860文字
僕、先月末出京しました。
蒲原有明に帰れ萩原朔太郎
5分以内
易者の哲理萩原朔太郎
5分以内
  1,332文字
すべての易者たちは、彼の神秘な筮竹を探りながら、威嚇するやう…
易者の哲理萩原朔太郎
5分以内
喫茶店にて萩原朔太郎
5分以内
  944文字
先日大阪の知人が訪ねて来たので、銀座の相当な喫茶店へ案内した…
喫茶店にて萩原朔太郎
5分以内
俳句萩原朔太郎
5分以内
  610文字
○ 五月幟立つ家家の向うは海    ○ 暮鳥忌 磯濱の…
俳句萩原朔太郎
5分以内
花あやめ萩原朔太郎
5分以内
  1,926文字
皐月あやめさくころ。
花あやめ萩原朔太郎
5分以内
断調萩原朔太郎
5分以内
  436文字
木がらしの行方もしらにさはさはと音する枯草のひびき寂寞の影を…
断調萩原朔太郎
5分以内
古盃萩原朔太郎
5分以内
  230文字
木蔭に形(かた)よき汝をえたり。
古盃萩原朔太郎
5分以内
君が家萩原朔太郎
5分以内
  253文字
君がうれひのとどきあへず。
君が家萩原朔太郎
5分以内
煤掃萩原朔太郎
5分以内
  694文字
事に堪ふべく見えにけり。
煤掃萩原朔太郎
5分以内
ゆく春萩原朔太郎
5分以内
  178文字
おきつ邊かつ鳴る海青なぎ 今手に動ずる胸をおせば 哀愁ことご…
ゆく春萩原朔太郎
5分以内
蛇苺萩原朔太郎
5分以内
  201文字
實は成りぬ 草葉かげ 小(ささ)やかに 赤うして 名も知らぬ…
蛇苺萩原朔太郎
5分以内
絶句四章萩原朔太郎
5分以内
  205文字
色白の姉に具されて。
絶句四章萩原朔太郎
5分以内
秋の日萩原朔太郎
5分以内
  468文字
鳥と愁へぬ。
秋の日萩原朔太郎
5分以内
宿酔萩原朔太郎
5分以内
  467文字
感謝の手をば合せぬる。
宿酔萩原朔太郎
5分以内
なにか知らねど萩原朔太郎
5分以内
  90文字
なにか知らねど泣きたさに われはゆくゆく汽車の窓 はるばると…
なにか知らねど萩原朔太郎
5分以内
萩原朔太郎
5分以内
  216文字
白雲のゆききもしげき山の端に 旅びとの群はせはしなく その脚…
萩原朔太郎
5分以内
ものごころ萩原朔太郎
5分以内
  271文字
ものごころ覺えそめたるわが性のうすらあかりは 春の夜の雪のご…
ものごころ萩原朔太郎
5分以内
ふぶき萩原朔太郎
5分以内
  141文字
くち惜しきふるまひをしたる朝 あららんらんと降りしきる雪を冒…
ふぶき萩原朔太郎
5分以内
萩原朔太郎
5分以内
  42文字
鳥は高きをすぎ行けり。
萩原朔太郎
5分以内
小曲集萩原朔太郎
5分以内
  135文字
× ほほづきよ ひとつ思ひに泣けよかし 女のくちにふくまれ…
小曲集萩原朔太郎
5分以内
小曲集萩原朔太郎
5分以内
  116文字
× 千鳥あし やつこらさと來て見れば にくい伯母御にしめ出…
小曲集萩原朔太郎
5分以内
放蕩の虫萩原朔太郎
5分以内
  127文字
放蕩の蟲は玉蟲 そつと來て心の底で泣く蟲 夜としなればすずろ…
放蕩の虫萩原朔太郎
5分以内
暮春詠嘆調萩原朔太郎
5分以内
  141文字
× 年ひさしくなりぬれば すべてのことを忘れはてたり むざ…
暮春詠嘆調萩原朔太郎
5分以内
ありや二曲萩原朔太郎
5分以内
  137文字
× えこそ忘れめや そのくちづけのあとやさき 流るる水をせ…
ありや二曲萩原朔太郎
5分以内
ふるさと萩原朔太郎
5分以内
  186文字
赤城山の雪流れ出で かなづる如くこの古き町に走り出づ ひとび…
ふるさと萩原朔太郎
5分以内
秋日行語萩原朔太郎
5分以内
  137文字
ちまた、ちまたを歩むとも ちまた、ちまたに散らばへる 秋の光…
秋日行語萩原朔太郎
5分以内
萩原朔太郎
5分以内
  131文字
いとしや いとしや この身の影に鳴く蟲の ねんねんころりと鳴…
萩原朔太郎
5分以内
便なき幼児のうたへる歌萩原朔太郎
5分以内
  63文字
うすらさびしき我が身こそ 利根の河原の石ひろひ ひとり岸邊を…
便なき幼児のうたへる歌萩原朔太郎
5分以内
くさばな萩原朔太郎
5分以内
  63文字
君はそれとも知らざれど 我が手に持てる草ばなの 薄くにじめる…
くさばな萩原朔太郎
5分以内
うすやみ萩原朔太郎
5分以内
  89文字
うすやみに光れる皿あり 皿の底に蟲かくれ居て啜り鳴く 晝はさ…
うすやみ萩原朔太郎
5分以内
神に捧ぐる歌萩原朔太郎
5分以内
  165文字
あしきおこなひをする勿れ われはやさしきひとなれば よるも楊…
神に捧ぐる歌萩原朔太郎
5分以内
萩原朔太郎
5分以内
  62文字
青くしなへる我が指の リキユールグラスにふるるとき 生れつき…
萩原朔太郎
5分以内
歓魚夜曲萩原朔太郎
5分以内
  242文字
手はかたくあふるるものを押へたり。
歓魚夜曲萩原朔太郎
5分以内
秋日行語萩原朔太郎
5分以内
  220文字
たましひも消えよとむせびなく。
秋日行語萩原朔太郎
5分以内
郊外萩原朔太郎
5分以内
  141文字
かしこに煙の流るる 空はつめたくして 草はあたたかに萌えたり…
郊外萩原朔太郎
5分以内
萩原朔太郎
5分以内
  87文字
麥はさ青に延び行けり 遠き畑の田作りの 白き襦袢にえんえんと…
萩原朔太郎
5分以内
雨の降る日萩原朔太郎
5分以内
  126文字
雨の降る日の縁端に わが弟はめんこ打つ めんこの繪具うす青く…
雨の降る日萩原朔太郎
5分以内
晩秋哀語萩原朔太郎
5分以内
  127文字
ああ秋も暮れゆく このままに 故郷にて朽つる我にてはよもあら…
晩秋哀語萩原朔太郎
5分以内
からたちの垣根萩原朔太郎
5分以内
  61文字
からたちの垣根を過ぐる侘しさよ。
からたちの垣根萩原朔太郎
5分以内
街道萩原朔太郎
5分以内
  81文字
俥にゆられつつ 夕ぐれ時の街道を 新町街道を急ぐ女よ 眞赤な…
街道萩原朔太郎
5分以内
春の来る頃萩原朔太郎
5分以内
  185文字
父もにくしやとこそ唄ふなる。
春の来る頃萩原朔太郎
5分以内