1時間〜で読める萩原朔太郎の長編作品

青空文庫で公開されている萩原朔太郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編7作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜7件 / 全7件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間
人気
月に吠える 萩原 朔太郎
1時間〜
  32,858 文字
従兄萩原栄次氏に捧ぐ萩原君。
月に吠える 萩原 朔太郎
1時間〜
青猫 萩原 朔太郎
1時間〜
  50,360 文字
※私の情緒は、激情といふ範疇に屬しない。
青猫 萩原 朔太郎
1時間〜
宿命 萩原 朔太郎
1時間〜
  43,896 文字
散文詩について序に代へて散文詩とは何だらうか。
宿命 萩原 朔太郎
1時間〜
詩の原理 萩原 朔太郎
1時間〜
  163,859 文字
本書を書き出してから、自分は寝食を忘れて兼行し、三カ月...
詩の原理 萩原 朔太郎
1時間〜
郷愁の詩人 与謝蕪村 萩原 朔太郎
1時間〜
  43,012 文字
蕪村や芭蕉の俳句に関しては、近頃さかんに多くの研究文献...
郷愁の詩人 与謝蕪村 萩原 朔太郎
1時間〜
定本青猫 萩原 朔太郎
1時間〜
  33,974 文字
[#ページの左右中央]宇宙は意志の現れであり、意志の本...
定本青猫 萩原 朔太郎
1時間〜
散文詩・詩的散文 萩原 朔太郎
1時間〜
  34,923 文字
SENTIMENTALISMセンチメンタリズムの極致は...
散文詩・詩的散文 萩原 朔太郎
1時間〜