流行歌曲について
萩原 朔太郎

『流行歌曲について』は萩原朔太郎の短編作品。3,947文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  3,947 文字
人気   -- PV
書き出し 現代の日本に於ける、唯一の民衆芸術は何かと聞かれたら、僕は即座に町の小唄と答へるだらう。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

萩原 朔太郎 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品