🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める長谷川時雨の中編作品

青空文庫で公開されている長谷川時雨の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編9作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜9件 / 全9件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
柳原燁子(白蓮) 長谷川時雨
60分以内
  14,218 文字
ものの真相はなかなか小さな虫の生活でさえ究められるものではない。
柳原燁子(白蓮) 長谷川時雨
ものの真相はなかなか小さな虫の生活でさえ究められるものではない。
九条武子
(1936年)
長谷川時雨
60分以内
  18,984 文字
人間は悲しい。
九条武子 長谷川時雨
人間は悲しい。
明治美人伝
(1921年)
長谷川時雨
60分以内
  19,200 文字
空の麗しさ、地の美しさ、万象の妙なる中に、あまりにいみじき人間美は永遠を誓えぬだけに、脆(もろ...
明治美人伝 長谷川時雨
空の麗しさ、地の美しさ、万象の妙なる中に、あまりにいみじき人間美は永遠を誓えぬだけに、脆(もろ)き命に激しき情熱の魂をこめて、たとえしもない刹那の美を感じさせる。
モルガンお雪
(1937年)
長谷川時雨
60分以内
  19,369 文字
まあ!この碧(あお)い海水の中へ浸ったら体も、碧く解けてしまやあしないだろうか――お雪は、ぞっ...
モルガンお雪 長谷川時雨
まあ!この碧(あお)い海水の中へ浸ったら体も、碧く解けてしまやあしないだろうか――お雪は、ぞっとするほど碧く澄んだ天地の中に、呆(ぼん)やりとしてしまった。
松井須磨子
(1919年)
長谷川時雨
60分以内
  20,472 文字
大正八年一月五日の黄昏時に私は郊外の家から牛込の奥へと来た。
松井須磨子 長谷川時雨
大正八年一月五日の黄昏時に私は郊外の家から牛込の奥へと来た。
遠藤(岩野)清子
(1938年)
長谷川時雨
60分以内
  17,518 文字
それは、華やかな日がさして、瞞(だま)されたような暖かい日だった。
遠藤(岩野)清子 長谷川時雨
それは、華やかな日がさして、瞞(だま)されたような暖かい日だった。
芳川鎌子 長谷川時雨
60分以内
  18,638 文字
大正六年三月九日朝の都下の新聞紙は筆を揃(そろ)えて、芳川鎌子事件と呼ばれたことの真相を、いち...
芳川鎌子 長谷川時雨
大正六年三月九日朝の都下の新聞紙は筆を揃(そろ)えて、芳川鎌子事件と呼ばれたことの真相を、いち早く報道し、精細をきわめた記事が各新聞の社会面を埋めつくした。
旧聞日本橋 長谷川時雨
60分以内
  19,051 文字
お星さまの出ていた晩か、それとも雨のふる夜だったか、あとで聞いても誰も覚えていないというから、...
旧聞日本橋 長谷川時雨
お星さまの出ていた晩か、それとも雨のふる夜だったか、あとで聞いても誰も覚えていないというから、まあ、あたりまえの、暗い晩だったのであろう。
樋口一葉
(1918年)
長谷川時雨
60分以内
  23,198 文字
秋にさそわれて散る木の葉は、いつとてかぎりないほど多い。
樋口一葉 長谷川時雨
秋にさそわれて散る木の葉は、いつとてかぎりないほど多い。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。