5分以内で読める梶井基次郎の短編作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編14作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜14件 / 全14件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,924 文字
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
  1,918 文字
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいこと...
桜の樹の下には 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(大正十五年三月号) 梶井 基次郎
5分以内
  158 文字
試驗期で編輯は少し困難で、頁數が少なかつたが、とにかく...
編輯後記(大正十五年三月号) 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(大正十五年四月号) 梶井 基次郎
5分以内
  187 文字
忽那が三人寄せ書きの後記を書かうと云つて、よしとは云つ...
編輯後記(大正十五年四月号) 梶井 基次郎
5分以内
『亜』の回想 梶井 基次郎
5分以内
  390 文字
亞は僕にとつては毎月の清楚な食卓だつた。
『亜』の回想 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
  408 文字
例月に比して小量のものしか載せ得なかつたことは、青空の...
編輯後記(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
詩二つ 梶井 基次郎
5分以内
  654 文字
秘やかな楽しみ一顆の檸檬を買い来て、そを玩ぶ男あり、電...
詩二つ 梶井 基次郎
5分以内
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
  691 文字
文藝時代十二月號の小説は、林房雄だけが光つてゐる。
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 梶井 基次郎
5分以内
講演会 其他(大正十五年二月号) 梶井 基次郎
5分以内
  780 文字
舊臘二十三日私達は大津の公會堂で青空の講演會を開くこと...
講演会 其他(大正十五年二月号) 梶井 基次郎
5分以内
青空同人印象記(大正十五年六月号) 梶井 基次郎
5分以内
  1,141 文字
忽那に就て忽那はクツナと讀む。
青空同人印象記(大正十五年六月号) 梶井 基次郎
5分以内
編輯後記(大正十五年九月号) 梶井 基次郎
5分以内
  1,725 文字
同人の大部分が歸省中の編輯の任に當り、それを全うする積...
編輯後記(大正十五年九月号) 梶井 基次郎
5分以内
浅見淵君に就いて 梶井 基次郎
5分以内
  1,783 文字
私は淺見君にはまだ數へる程しか會つたことのない間柄である。
浅見淵君に就いて 梶井 基次郎
5分以内
過古 梶井 基次郎
5分以内
  1,855 文字
母親がランプを消して出て来るのを、子供達は父親や祖母と...
過古 梶井 基次郎
5分以内
筧の話 梶井 基次郎
5分以内
  1,989 文字
私は散歩に出るのに二つの路を持っていた。
筧の話 梶井 基次郎
5分以内