【お知らせ】児童文学のみを検索できる「ブンゴウサーチ for Kids」をリリースしました。お子さまへの読み聞かせなどにぜひご活用ください。

5分以内で読める梶井基次郎の短編作品

青空文庫で公開されている梶井基次郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編13作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜13件 / 全13件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
桜の樹の下には
(1928年)
梶井基次郎
5分以内
  1,954 文字
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
桜の樹の下には 梶井基次郎
5分以内
桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
桜の樹の下には
(1928年)
梶井基次郎
5分以内
  1,947 文字
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいことなんだよ。
桜の樹の下には 梶井基次郎
5分以内
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!これは信じていいことなんだよ。
詩二つ 梶井基次郎
5分以内
  649 文字
秘やかな楽しみ一顆の檸檬(レモン)を買い来て、そを玩ぶ男あり、電車の中にはマントの上に、道行く...
詩二つ 梶井基次郎
5分以内
秘やかな楽しみ一顆の檸檬(レモン)を買い来て、そを玩ぶ男あり、電車の中にはマントの上に、道行く時は手拭の間に、そを見そを嗅げば、嬉しさ心に充つ、悲しくも友に離りてひとり唯独り我が立つは丸善の洋書棚の前、セザンヌはなく、レンブラントはもち去られ、マチス心をよろこばさず、独り唯ひとり、心に浮ぶ楽しみ、秘やかにレモンを探り、色のよき本を積み重ね、その上にレモンをのせ...
編輯後記(大正十五年三月号)
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  136 文字
試驗期で編輯は少し困難で、頁數が少なかつたが、とにかく私の當番もすんだ。
編輯後記(大正十五年三月号) 梶井基次郎
5分以内
試驗期で編輯は少し困難で、頁數が少なかつたが、とにかく私の當番もすんだ。
編輯後記(大正十五年四月号)
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  165 文字
忽那が三人寄せ書きの後記を書かうと云つて、よしとは云つたもののこれと云つて書く程のことも見付か...
編輯後記(大正十五年四月号) 梶井基次郎
5分以内
忽那が三人寄せ書きの後記を書かうと云つて、よしとは云つたもののこれと云つて書く程のことも見付からない。
『亜』の回想
(1927年)
梶井基次郎
5分以内
  370 文字
亞は僕にとつては毎月の清楚な食卓だつた。
『亜』の回想 梶井基次郎
5分以内
亞は僕にとつては毎月の清楚な食卓だつた。
編輯後記(昭和二年一月号)
(1927年)
梶井基次郎
5分以内
  386 文字
例月に比して小量のものしか載せ得なかつたことは、青空の經濟策に變動があつたことにもよるが、編輯...
編輯後記(昭和二年一月号) 梶井基次郎
5分以内
例月に比して小量のものしか載せ得なかつたことは、青空の經濟策に變動があつたことにもよるが、編輯の任にあたつた私が病態思ふやうに働らけなかつたためである。
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号)
(1927年)
梶井基次郎
5分以内
  669 文字
文藝時代十二月號の小説は、林房雄だけが光つてゐる。
「青空語」に寄せて(昭和二年一月号) 梶井基次郎
5分以内
文藝時代十二月號の小説は、林房雄だけが光つてゐる。
講演会 其他(大正十五年二月号)
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  758 文字
舊臘二十三日私達は大津の公會堂で青空の講演會を開くことになつてゐた。
講演会 其他(大正十五年二月号) 梶井基次郎
5分以内
舊臘二十三日私達は大津の公會堂で青空の講演會を開くことになつてゐた。
青空同人印象記(大正十五年六月号)
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  1,119 文字
忽那に就て忽那はクツナと讀む。
青空同人印象記(大正十五年六月号) 梶井基次郎
5分以内
忽那に就て忽那はクツナと讀む。
編輯後記(大正十五年九月号)
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  1,705 文字
同人の大部分が歸省中の編輯の任に當り、それを全うする積りであつたが、十七日に點呼があるので、殘...
編輯後記(大正十五年九月号) 梶井基次郎
5分以内
同人の大部分が歸省中の編輯の任に當り、それを全うする積りであつたが、十七日に點呼があるので、殘務を中谷や外村や小林にあづけ十六日の朝東京を立つた。
浅見淵君に就いて
(1928年)
梶井基次郎
5分以内
  1,763 文字
私は淺見君にはまだ數へる程しか會つたことのない間柄である。
浅見淵君に就いて 梶井基次郎
5分以内
私は淺見君にはまだ數へる程しか會つたことのない間柄である。
過古
(1926年)
梶井基次郎
5分以内
  1,889 文字
母親がランプを消して出て来るのを、子供達は父親や祖母と共に、戸外で待っていた。
過古 梶井基次郎
5分以内
母親がランプを消して出て来るのを、子供達は父親や祖母と共に、戸外で待っていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。