器楽的幻覚
梶井 基次郎

『器楽的幻覚』は梶井基次郎の短編作品。2,646文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,646 文字
人気   -- PV
書き出し ある秋仏蘭西から来た年若い洋琴家がその国の伝統的な技巧で豊富な数の楽曲を冬にかけて演奏して行ったことがあった。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

梶井 基次郎 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品