岡本かの子の全作品

青空文庫で公開されている岡本かの子の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全118件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
快走 岡本 かの子
30分以内
  5,889 文字
中の間で道子は弟の準二の正月着物を縫い終って、今度は兄...
快走 岡本 かの子
30分以内
慈悲 岡本 かの子
10分以内
  2,293 文字
ひとくちに慈悲ぶかい人といえば、誰にでもものを遣る人、...
慈悲 岡本 かの子
10分以内
岡本 かの子
5分以内
  1,829 文字
その人にまた逢ふまでは、とても重苦しくて気骨の折れる人...
岡本 かの子
5分以内
岡本 かの子
60分以内
  14,546 文字
東京の下町と山の手の境い目といったような、ひどく坂や崖...
岡本 かの子
60分以内
老妓抄 岡本 かの子
60分以内
  16,917 文字
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸...
老妓抄 岡本 かの子
60分以内
岡本 かの子
30分以内
  4,490 文字
桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命をかけてわが眺めたり...
岡本 かの子
30分以内
蔦の門 岡本 かの子
30分以内
  7,939 文字
私の住む家の門には不思議に蔦がある。
蔦の門 岡本 かの子
30分以内
売春婦リゼット 岡本 かの子
10分以内
  3,918 文字
売春婦のリゼットは新手を考えた。
売春婦リゼット 岡本 かの子
10分以内
越年 岡本 かの子
30分以内
  10,965 文字
年末のボーナスを受取って加奈江が社から帰ろうとしたとき...
越年 岡本 かの子
30分以内
宝永噴火 岡本 かの子
1時間〜
  33,471 文字
今の世の中に、こういうことに異様な心響を覚え、飽かずそ...
宝永噴火 岡本 かの子
1時間〜
岡本 かの子
30分以内
  7,307 文字
非有想非無想処――大智度論時は寛保二年頃。
岡本 かの子
30分以内
山茶花 岡本 かの子
5分以内
  212 文字
ひとの世の男女の行ひを捨てて五年夫ならぬ夫と共棲み今年...
山茶花 岡本 かの子
5分以内
風と裾 岡本 かの子
5分以内
  623 文字
春の雷が鳴つてから俄に暖気を増し、さくら一盛り迎へ送り...
風と裾 岡本 かの子
5分以内
岡本 かの子
5分以内
  692 文字
早春を脱け切らない寒さが、思ひの外にまだ肩や肘を掠める。
岡本 かの子
5分以内
異性に対する感覚を洗練せよ 岡本 かの子
5分以内
  746 文字
現代の女性の感覚は色調とか形式美とか音とかに就いて著る...
異性に対する感覚を洗練せよ 岡本 かの子
5分以内
時代色 岡本 かの子
5分以内
  759 文字
センチメンタルな気風はセンチと呼んで唾棄軽蔑されるよう...
時代色 岡本 かの子
5分以内
初夏に座す 岡本 かの子
5分以内
  787 文字
人生の甘酸を味はひ分けて来るほど、季節の有難味が判つて来る。
初夏に座す 岡本 かの子
5分以内
新茶 岡本 かの子
5分以内
  790 文字
それほど茶好きでなくとも、新茶には心ひかれる。
新茶 岡本 かの子
5分以内
女性崇拝 岡本 かの子
5分以内
  814 文字
西洋人は一体に女性尊重と見做されているが、一概にそうも...
女性崇拝 岡本 かの子
5分以内
五月の朝の花 岡本 かの子
5分以内
  829 文字
ものものしい桜が散った。
五月の朝の花 岡本 かの子
5分以内
五月の朝の花 岡本 かの子
5分以内
  835 文字
ものものしい桜が散った。
五月の朝の花 岡本 かの子
5分以内
おせっかい夫人 岡本 かの子
5分以内
  846 文字
午前十一時半から十二時ちょっと過ぎまでの出来事です。
おせっかい夫人 岡本 かの子
5分以内
気の毒な奥様 岡本 かの子
5分以内
  873 文字
或る大きな都会の娯楽街に屹立している映画殿堂では、夜の...
気の毒な奥様 岡本 かの子
5分以内
男心とはかうしたもの 岡本 かの子
5分以内
  941 文字
尊敬したい気持結婚前は、男子に対する観察などいつても、...
男心とはかうしたもの 岡本 かの子
5分以内
真夏の幻覚 岡本 かの子
5分以内
  1,108 文字
八月の炎天の下、屋根普請に三四人の工人達が屋根を這った...
真夏の幻覚 岡本 かの子
5分以内
ある男の死 岡本 かの子
5分以内
  1,152 文字
A!女学校では、当時有名な話でありました。
ある男の死 岡本 かの子
5分以内
女性と庭 岡本 かの子
5分以内
  1,195 文字
女性と庭岡本かの子出入りの植木屋さんが廻つて来て、手...
女性と庭 岡本 かの子
5分以内
街頭 岡本 かの子
5分以内
  1,241 文字
二列に並んで百貨店ギャラレ・ラファイエットのある町の一...
街頭 岡本 かの子
5分以内
秋雨の追憶 岡本 かの子
5分以内
  1,297 文字
○十月初めの小雨の日茸狩りに行つた。
秋雨の追憶 岡本 かの子
5分以内
縮緬のこころ 岡本 かの子
5分以内
  1,348 文字
おめしちりめんといふ名で覚えてゐる――それでつくられて...
縮緬のこころ 岡本 かの子
5分以内
愛よ愛 岡本 かの子
5分以内
  1,353 文字
この人のうえをおもうときにおもわず力が入る。
愛よ愛 岡本 かの子
5分以内
雑煮 岡本 かの子
5分以内
  1,445 文字
維新前江戸、諸大名の御用商人であつた私の實家は、維新後...
雑煮 岡本 かの子
5分以内
愚かな男の話 岡本 かの子
5分以内
  1,494 文字
○「或る田舎に二人の農夫があった。
愚かな男の話 岡本 かの子
5分以内
山のコドモ 岡本 かの子
5分以内
  1,538 文字
ヤマキチハヤマオクノキコリノコデアリマシタ。
山のコドモ 岡本 かの子
5分以内
雪の日 岡本 かの子
5分以内
  1,582 文字
伯林カイザー街の古い大アパートに棲んで居た冬のことです。
雪の日 岡本 かの子
5分以内
雪の日 岡本 かの子
5分以内
  1,586 文字
伯林カイザー街の古い大アパートに棲んで居た冬のことです。
雪の日 岡本 かの子
5分以内
酋長 岡本 かの子
5分以内
  1,603 文字
朝子が原稿を書く為に暮れから新春へかけて、友達から貸り...
酋長 岡本 かの子
5分以内
ダミア 岡本 かの子
5分以内
  1,637 文字
うめき出す、といふのがダミアの唄ひ方の本当の感じであらう。
ダミア 岡本 かの子
5分以内
愚なる(?!)母の散文詩 岡本 かの子
5分以内
  1,657 文字
わたしは今、お化粧をせつせとして居ます。
愚なる(?!)母の散文詩 岡本 かの子
5分以内
女性の不平とよろこび 岡本 かの子
5分以内
  1,699 文字
女が、男より行儀をよくしなければならないということ。
女性の不平とよろこび 岡本 かの子
5分以内
岡本 かの子
5分以内
  1,721 文字
――お金が汗をかいたわ。
岡本 かの子
5分以内
或る男の恋文書式 岡本 かの子
5分以内
  1,734 文字
お別れしてから、あの煙草屋の角のポストの処まで、無我夢...
或る男の恋文書式 岡本 かの子
5分以内
小学生のとき与へられた教訓 岡本 かの子
5分以内
  1,822 文字
或る晴れた秋の日、尋常科の三年生であつた私は学校の運動...
小学生のとき与へられた教訓 岡本 かの子
5分以内
晩春 岡本 かの子
5分以内
  1,855 文字
鈴子は、ひとり、帳場に坐って、ぼんやり表通りを眺めていた。
晩春 岡本 かの子
5分以内
現代若き女性気質集 岡本 かの子
5分以内
  1,951 文字
これは現代の若き女性気質の描写であり、諷刺であり、概観...
現代若き女性気質集 岡本 かの子
5分以内
秋の七草に添へて 岡本 かの子
10分以内
  2,065 文字
萩、刈萱、葛、撫子、女郎花、藤袴、朝顔。
秋の七草に添へて 岡本 かの子
10分以内
巴里の秋 岡本 かの子
10分以内
  2,071 文字
セーヌの河波の上かわが、白ちゃけて来る。
巴里の秋 岡本 かの子
10分以内
病房にたわむ花 岡本 かの子
10分以内
  2,093 文字
春は私がともすれば神経衰弱になる季節であります。
病房にたわむ花 岡本 かの子
10分以内
兄妹 岡本 かの子
10分以内
  2,239 文字
――二十余年前の春兄は第一高等学校の制帽をかぶっていた。
兄妹 岡本 かの子
10分以内
家庭愛増進術 岡本 かの子
10分以内
  2,271 文字
わたくしは自分達を夫とか妻とか考えません。
家庭愛増進術 岡本 かの子
10分以内