5分以内で読める岡本かの子の短編作品

青空文庫で公開されている岡本かの子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編作品34篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全34件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
岡本かの子
5分以内
  1,891文字
  その人にまた逢(あ)ふまでは、とても重苦しくて気骨(きぼね)…
岡本かの子
5分以内
真夏の幻覚岡本かの子
5分以内
  1,042文字
 八月の炎天の下、屋根普請(ぶしん)に三四人の工人達が屋根を這…
真夏の幻覚岡本かの子
5分以内
雪の日岡本かの子
5分以内
  1,574文字
 伯林(ベルリン)カイザー街の古い大アパートに棲んで居た冬のこ…
雪の日岡本かの子
5分以内
五月の朝の花岡本かの子
5分以内
  744文字
 ものものしい桜が散った。
五月の朝の花岡本かの子
5分以内
岡本かの子
5分以内
  1,777文字
――お金が汗をかいたわ。
岡本かの子
5分以内
雑煮岡本かの子
5分以内
  1,351文字
維新前江戸、諸大名の御用商人であつた私の實家は、維新後東京近…
雑煮岡本かの子
5分以内
岡本かの子
5分以内
  647文字
早春を脱け切らない寒さが、思ひの外にまだ肩や肘を掠める。
岡本かの子
5分以内
新茶岡本かの子
5分以内
  718文字
それほど茶好きでなくとも、新茶には心ひかれる。
新茶岡本かの子
5分以内
ダミア岡本かの子
5分以内
  1,531文字
うめき出す、といふのがダミアの唄ひ方の本当の感じであらう。
ダミア岡本かの子
5分以内
男心とはかうしたもの岡本かの子
5分以内
  883文字
結婚前は、男子に対する観察などいつても、甚だ漠然としたもので…
男心とはかうしたもの岡本かの子
5分以内
女性と庭岡本かの子
5分以内
  1,071文字
出入りの植木屋さんが廻つて来て、手が明いてますから仕事をさし…
女性と庭岡本かの子
5分以内
或る男の恋文書式岡本かの子
5分以内
  1,670文字
お別れしてから、あの煙草屋の角のポストの処まで、無我夢中で私…
或る男の恋文書式岡本かの子
5分以内
小学生のとき与へられた教訓岡本かの子
5分以内
  1,743文字
或る晴れた秋の日、尋常科の三年生であつた私は学校の運動場に高…
小学生のとき与へられた教訓岡本かの子
5分以内
街頭岡本かの子
5分以内
  1,199文字
二列に並んで百貨店ギャラレ・ラファイエットのある町の一席を群…
街頭岡本かの子
5分以内
雪の日岡本かの子
5分以内
  1,529文字
伯林(ベルリン)カイザー街の古い大アパートに棲んで居た冬のこ…
雪の日岡本かの子
5分以内
五月の朝の花岡本かの子
5分以内
  835文字
ものものしい桜が散った。
五月の朝の花岡本かの子
5分以内
秋雨の追憶岡本かの子
5分以内
  1,297文字
○十月初めの小雨の日茸狩りに行つた。
秋雨の追憶岡本かの子
5分以内
ある男の死岡本かの子
5分以内
  1,152文字
A!女学校では、当時有名な話でありました。
ある男の死岡本かの子
5分以内
縮緬のこころ岡本かの子
5分以内
  1,348文字
おめしちりめんといふ名で覚えてゐる――それでつくられてゐた明…
縮緬のこころ岡本かの子
5分以内
愚なる(?!)母の散文詩岡本かの子
5分以内
  1,657文字
わたしは今、お化粧をせつせとして居ます。
愚なる(?!)母の散文詩岡本かの子
5分以内
風と裾岡本かの子
5分以内
  623文字
春の雷が鳴つてから俄に暖気を増し、さくら一盛り迎へ送りして、…
風と裾岡本かの子
5分以内
女性の不平とよろこび岡本かの子
5分以内
  1,981文字
女が、男より行儀をよくしなければならないということ。
女性の不平とよろこび岡本かの子
5分以内
時代色岡本かの子
5分以内
  904文字
センチメンタルな気風はセンチと呼んで唾棄(だき)軽蔑(けいべ…
時代色岡本かの子
5分以内
異性に対する感覚を洗練せよ岡本かの子
5分以内
  891文字
現代の女性の感覚は色調とか形式美とか音とかに就(つ)いて著(…
異性に対する感覚を洗練せよ岡本かの子
5分以内
女性崇拝岡本かの子
5分以内
  932文字
西洋人は一体(いったい)に女性尊重と見做(みな)されているが…
女性崇拝岡本かの子
5分以内
山茶花岡本かの子
5分以内
  179文字
ならび居て二人はながむる。
山茶花岡本かの子
5分以内
愛よ愛岡本かの子
5分以内
  1,427文字
この人のうえをおもうときにおもわず力が入る。
愛よ愛岡本かの子
5分以内
初夏に座す岡本かの子
5分以内
  737文字
人生の甘酸を味はひ分けて来るほど、季節の有難味が判つて来る。
初夏に座す岡本かの子
5分以内
おせっかい夫人岡本かの子
5分以内
  844文字
午前十一時半から十二時ちょっと過ぎまでの出来事です。
おせっかい夫人岡本かの子
5分以内
愚かな男の話岡本かの子
5分以内
  1,518文字
「或る田舎に二人の農夫があった。
愚かな男の話岡本かの子
5分以内
気の毒な奥様岡本かの子
5分以内
  873文字
或る大きな都会の娯楽街(アミューズメントセンター)に屹立(き…
気の毒な奥様岡本かの子
5分以内
晩春岡本かの子
5分以内
  1,814文字
鈴子は、ひとり、帳場に坐って、ぼんやり表通りを眺めていた。
晩春岡本かの子
5分以内
山のコドモ岡本かの子
5分以内
  1,474文字
ヤマキチ ハ ヤマオク ノ キコリ ノ コ デアリマシタ。
山のコドモ岡本かの子
5分以内
酋長岡本かの子
5分以内
  1,574文字
朝子が原稿を書く為に暮れから新春へかけて、友達から貸りた別荘…
酋長岡本かの子
5分以内