🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める岡本かの子の中編作品

青空文庫で公開されている岡本かの子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編15作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜15件 / 全15件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気

(1939年)
岡本かの子
60分以内
  14,878 文字
東京の下町と山の手の境い目といったような、ひどく坂や崖の多い街がある。
岡本かの子
東京の下町と山の手の境い目といったような、ひどく坂や崖の多い街がある。
老妓抄 岡本かの子
60分以内
  17,244 文字
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところ...
老妓抄 岡本かの子
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところがある。
荘子
(1935年)
岡本かの子
60分以内
  13,540 文字
紀元前三世紀のころ、支那では史家が戦国時代と名づけて居る時代のある年の秋、魏の都の郊外櫟社の附...
荘子 岡本かの子
紀元前三世紀のころ、支那では史家が戦国時代と名づけて居る時代のある年の秋、魏の都の郊外櫟社の附近に一人の壮年=荘子が、木の葉を敷いて休んでいた。
百喩経
(1934年)
岡本かの子
60分以内
  12,073 文字
前言この作は旧作である。
百喩経 岡本かの子
前言この作は旧作である。
老妓抄
(1938年)
岡本かの子
60分以内
  17,198 文字
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところ...
老妓抄 岡本かの子
平出園子というのが老妓の本名だが、これは歌舞伎俳優の戸籍名のように当人の感じになずまないところがある。
蝙蝠 岡本かの子
60分以内
  12,482 文字
それはまだ、東京の町々に井戸のある時分のことであつた。
蝙蝠 岡本かの子
それはまだ、東京の町々に井戸のある時分のことであつた。
決闘場
(1936年)
岡本かの子
60分以内
  12,564 文字
ロンドンの北隅ケンウッドの森には墨色で十数丈のシナの樹や、銀色の楡(にれ)の大樹が逞(たく)ま...
決闘場 岡本かの子
ロンドンの北隅ケンウッドの森には墨色で十数丈のシナの樹や、銀色の楡(にれ)の大樹が逞(たく)ましい幹から複雑な枝葉を大空に向けて爆裂させ、押し拡げして、澄み渡った中天の空気へ鮮やかな濃緑色を浮游させて居る。
かの女の朝 岡本かの子
60分以内
  14,727 文字
K雑誌先月号に載ったあなたの小説を見ました。
かの女の朝 岡本かの子
K雑誌先月号に載ったあなたの小説を見ました。
東海道五十三次 岡本かの子
60分以内
  15,273 文字
風俗史専攻の主人が、殊に昔の旅行の風俗や習慣に興味を向けて、東海道に探査の足を踏み出したのはま...
東海道五十三次 岡本かの子
風俗史専攻の主人が、殊に昔の旅行の風俗や習慣に興味を向けて、東海道に探査の足を踏み出したのはまだ大正も初めの一高の生徒時代だったという。
豆腐買い
(1934年)
岡本かの子
60分以内
  15,755 文字
おもて門の潜戸を勇んで開けた。
豆腐買い 岡本かの子
おもて門の潜戸を勇んで開けた。
取返し物語
(1934年)
岡本かの子
60分以内
  15,780 文字
前がきいつぞやだいぶ前に、比叡の山登りして阪本へ下り、琵琶湖の岸を彼方此方見めぐるうち、両願寺...
取返し物語 岡本かの子
前がきいつぞやだいぶ前に、比叡の山登りして阪本へ下り、琵琶湖の岸を彼方此方見めぐるうち、両願寺と言ったか長等寺と言ったか、一つの寺に『源兵衛の髑髏』なるものがあって、説明者が殉教の因縁を語った。
老主の一時期 岡本かの子
60分以内
  17,433 文字
「お旦那の眼の色が、このごろめつきり鈍つて来たぞ。
老主の一時期 岡本かの子
「お旦那の眼の色が、このごろめつきり鈍つて来たぞ。
渾沌未分
(1936年)
岡本かの子
60分以内
  18,223 文字
小初は、跳ね込み台の櫓(やぐら)の上板に立ち上った。
渾沌未分 岡本かの子
小初は、跳ね込み台の櫓(やぐら)の上板に立ち上った。
花は勁し 岡本かの子
60分以内
  19,550 文字
青みどろを溜めた大硝子箱の澱んだ水が、鉛色に曇つて来た。
花は勁し 岡本かの子
青みどろを溜めた大硝子箱の澱んだ水が、鉛色に曇つて来た。
上田秋成の晩年
(1935年)
岡本かの子
60分以内
  19,927 文字
文化三年の春、全く孤独になつた七十三の翁、上田秋成は京都南禅寺内の元の庵居の跡に間に合せの小庵...
上田秋成の晩年 岡本かの子
文化三年の春、全く孤独になつた七十三の翁、上田秋成は京都南禅寺内の元の庵居の跡に間に合せの小庵を作つて、老残の身を投げ込んだ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。