30分以内で読める岡本かの子の短編作品

青空文庫で公開されている岡本かの子の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品32篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全32件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
快走岡本かの子
30分以内
  5,555文字
  中の間で道子は弟の準二の正月着物を縫(ぬ)い終って、今度は兄…
快走岡本かの子
30分以内
岡本かの子
30分以内
  5,543文字
 桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺(…
岡本かの子
30分以内
蔦の門岡本かの子
30分以内
  8,426文字
 私の住む家の門には不思議に蔦(つた)がある。
蔦の門岡本かの子
30分以内
家霊岡本かの子
30分以内
  10,245文字
山の手の高台で電車の交叉点になっている十字路がある。
家霊岡本かの子
30分以内
売春婦リゼット岡本かの子
30分以内
  4,524文字
売春婦のリゼットは新手(あらて)を考えた。
売春婦リゼット岡本かの子
30分以内
越年岡本かの子
30分以内
  10,670文字
年末のボーナスを受取って加奈江が社から帰ろうとしたときであっ…
越年岡本かの子
30分以内
岡本かの子
30分以内
  6,628文字
時は寛保二年頃。
岡本かの子
30分以内
小町の芍薬岡本かの子
30分以内
  5,375文字
根はかち/\の石のやうに朽ち固つてゐながら幹からは新枝を出し…
小町の芍薬岡本かの子
30分以内
過去世岡本かの子
30分以内
  10,297文字
池は雨中の夕陽の加減で、水銀のやうに縁だけ盛り上つて光つた。
過去世岡本かの子
30分以内
夏の夜の夢岡本かの子
30分以内
  8,862文字
月の出の間もない夜更けである。
夏の夜の夢岡本かの子
30分以内
秋の夜がたり岡本かの子
30分以内
  10,329文字
中年のおとうさんと、おかあさんと、二十歳前後のむすこと、むす…
秋の夜がたり岡本かの子
30分以内
岡本かの子
30分以内
  9,874文字
かの女の耳のほとりに川が一筋流れてゐる。
岡本かの子
30分以内
岡本かの子
30分以内
  6,326文字
遅い朝日が白み初めた。
岡本かの子
30分以内
みちのく岡本かの子
30分以内
  6,860文字
桐の花の咲く時分であった。
みちのく岡本かの子
30分以内
鯉魚岡本かの子
30分以内
  6,323文字
京都の嵐山の前を流れる大堰川には、雅びた渡月橋が架っています…
鯉魚岡本かの子
30分以内
異国食餌抄岡本かの子
30分以内
  4,494文字
夕食前の小半時(こはんとき)、巴里(パリ)のキャフェのテラス…
異国食餌抄岡本かの子
30分以内
岡本一平論岡本かの子
30分以内
  5,701文字
「あなたのお宅の御主人は、面白い画(え)をお描(か)きになり…
岡本一平論岡本かの子
30分以内
或る秋の紫式部岡本かの子
30分以内
  5,350文字
(舞台正面、質素な西の対屋の真向き、秋草の生い茂れる庭に臨ん…
或る秋の紫式部岡本かの子
30分以内
褐色の求道岡本かの子
30分以内
  7,498文字
独逸(ドイツ)に在る唯一の仏教の寺だという仏陀寺(ブッダハウ…
褐色の求道岡本かの子
30分以内
決闘場岡本かの子
30分以内
  11,924文字
ロンドンの北隅ケンウッドの森には墨色で十数丈のシナの樹や、銀…
決闘場岡本かの子
30分以内
高原の太陽岡本かの子
30分以内
  9,003文字
「素焼の壺と素焼の壺とただ並んでるようなあっさりして嫌味のな…
高原の太陽岡本かの子
30分以内
唇草岡本かの子
30分以内
  7,301文字
今年の夏の草花にカルセオラリヤが流行(はや)りそうだ。
唇草岡本かの子
30分以内
母と娘岡本かの子
30分以内
  10,311文字
ロンドンの北郊ハムステット丘の公園の中に小綺麗な別荘風の家が…
母と娘岡本かの子
30分以内
百喩経岡本かの子
30分以内
  11,374文字
この作は旧作である。
百喩経岡本かの子
30分以内
明暗岡本かの子
30分以内
  6,232文字
智子が、盲目の青年北田三木雄に嫁いだことは、親戚や友人たちを…
明暗岡本かの子
30分以内
ガルスワーシーの家岡本かの子
30分以内
  9,680文字
ロンドン市の北郊ハムステットの丘には春も秋もよく太陽が照り渡…
ガルスワーシーの家岡本かの子
30分以内
バットクラス岡本かの子
30分以内
  6,856文字
スワンソン夫人は公園小路(パークレーン)の自邸で目が覚めた。
バットクラス岡本かの子
30分以内
勝ずば岡本かの子
30分以内
  7,413文字
夜明けであった。
勝ずば岡本かの子
30分以内
とと屋禅譚岡本かの子
30分以内
  6,397文字
明治も改元して左程(さほど)しばらく経たぬ頃、魚河岸(うおが…
とと屋禅譚岡本かの子
30分以内
扉の彼方へ岡本かの子
30分以内
  8,694文字
結婚式の夜、茶の間で良人(おっと)は私が堅くなってやっと焙(…
扉の彼方へ岡本かの子
30分以内
呼ばれし乙女岡本かの子
30分以内
  5,634文字
師の家を出てから、弟子の慶四郎は伊豆箱根あたりを彷徨(うろつ…
呼ばれし乙女岡本かの子
30分以内
岡本かの子
30分以内
  8,491文字
パンを焼く匂いで室子(むろこ)は眼が醒めた。
岡本かの子
30分以内