第一義の道
島木 健作

『第一義の道』は島木健作の長編作品。40,471文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  40,471 文字
人気   -- PV
書き出し 「もう何時かしら」と眼ざめた瞬間におちかは思つた。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

島木 健作 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品