🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める宮原晃一郎の短編作品

青空文庫で公開されている宮原晃一郎の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編17作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜17件 / 全17件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
鳩の鳴く時計
(1927年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,206 文字
一時間ごと、三十分ごとに、時計の上の方にある小さな戸を押し開いて、赤いくちばしをした鳩(はと)...
鳩の鳴く時計 宮原晃一郎
一時間ごと、三十分ごとに、時計の上の方にある小さな戸を押し開いて、赤いくちばしをした鳩(はと)が顔を出して、時間の数だけホウホウとなく時計のあることは、みなさん御存じでせうね。
豆小僧の冒険
(1925年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,231 文字
昔、或(あ)る大きな山の麓に小さなお寺がありました。
豆小僧の冒険 宮原晃一郎
昔、或(あ)る大きな山の麓に小さなお寺がありました。
愛人と厭人
(1920年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,344 文字
有島武郎君の「惜みなく愛は奪ふ」は出版されるや否や非常な売れ行きであるさうな。
愛人と厭人 宮原晃一郎
有島武郎君の「惜みなく愛は奪ふ」は出版されるや否や非常な売れ行きであるさうな。
虹猫の話
(1927年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,390 文字
いつの頃か、あるところに一疋(ぴき)の猫がゐました。
虹猫の話 宮原晃一郎
いつの頃か、あるところに一疋(ぴき)の猫がゐました。
虹猫と木精
(1927年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,399 文字
第一回の旅行をすまして、お家へ帰つた虹猫は、第二回の旅行にかゝりました。
虹猫と木精 宮原晃一郎
第一回の旅行をすまして、お家へ帰つた虹猫は、第二回の旅行にかゝりました。
椰子蟹
(1924年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,567 文字
暑い暑い、どんな色の白い人でも、三日もおれば直ぐ黒ん坊になる程暑い南洋の島々には椰子蟹がおります。
椰子蟹 宮原晃一郎
暑い暑い、どんな色の白い人でも、三日もおれば直ぐ黒ん坊になる程暑い南洋の島々には椰子蟹がおります。
拾うた冠
(1921年)
宮原晃一郎
30分以内
  4,573 文字
みなさん神社の神官がお祭の時などにかぶつてゐる帽子をご存じでせう。
拾うた冠 宮原晃一郎
みなさん神社の神官がお祭の時などにかぶつてゐる帽子をご存じでせう。
怪艦ウルフ号
(1933年)
宮原晃一郎
30分以内
  5,237 文字
時は欧洲大戦の半ば頃、処は浪も煮え立つやうな暑い印度洋。
怪艦ウルフ号 宮原晃一郎
時は欧洲大戦の半ば頃、処は浪も煮え立つやうな暑い印度洋。
幸坊の猫と鶏
(1926年)
宮原晃一郎
30分以内
  5,471 文字
幸坊のうちは、ゐなかの百姓でしたから、鶏を飼つてゐました。
幸坊の猫と鶏 宮原晃一郎
幸坊のうちは、ゐなかの百姓でしたから、鶏を飼つてゐました。
虹猫の大女退治
(1927年)
宮原晃一郎
30分以内
  5,602 文字
木精の国をたつて行つた虹猫は、しばらく旅行をしてゐるうち、ユタカの国といふ大へん美しい国につき...
虹猫の大女退治 宮原晃一郎
木精の国をたつて行つた虹猫は、しばらく旅行をしてゐるうち、ユタカの国といふ大へん美しい国につきました。
竜宮の犬 宮原晃一郎
30分以内
  5,975 文字
或(ある)田舎に貧乏な爺(ぢい)さんと、婆さんとが二人きりで暮してをりました。
竜宮の犬 宮原晃一郎
或(ある)田舎に貧乏な爺(ぢい)さんと、婆さんとが二人きりで暮してをりました。
孝行鶉の話
(1922年)
宮原晃一郎
30分以内
  6,544 文字
ある野原の薄藪の中に、母と子との二匹の鶉(うづら)が巣を構へてをりました。
孝行鶉の話 宮原晃一郎
ある野原の薄藪の中に、母と子との二匹の鶉(うづら)が巣を構へてをりました。
風変りな決闘
(1935年)
宮原晃一郎
30分以内
  7,014 文字
はじめて見た機関砲今でこそ日本は、最新兵器をもつ世界一流の陸海軍国であるが、明治維新となり、は...
風変りな決闘 宮原晃一郎
はじめて見た機関砲今でこそ日本は、最新兵器をもつ世界一流の陸海軍国であるが、明治維新となり、はじめて陸海軍が出来た頃は、兵器でも軍隊の組織でもまだ尋常一年生で、すべて西洋諸国に学んでゐた。
動く海底
(1932年)
宮原晃一郎
30分以内
  7,133 文字
オーストラリヤの大陸近くに、木曜島といふ真珠貝の沢山取れる有名な島があります。
動く海底 宮原晃一郎
オーストラリヤの大陸近くに、木曜島といふ真珠貝の沢山取れる有名な島があります。
夢の国
(1923年)
宮原晃一郎
30分以内
  7,481 文字
雪の降る日でした。
夢の国 宮原晃一郎
雪の降る日でした。
熊捕り競争 宮原晃一郎
30分以内
  8,359 文字
御維新の少し前頃、北海道有珠のアイヌ部落にキクッタとチャラピタといふ二人の少年がゐました。
熊捕り競争 宮原晃一郎
御維新の少し前頃、北海道有珠のアイヌ部落にキクッタとチャラピタといふ二人の少年がゐました。
ラマ塔の秘密 宮原晃一郎
30分以内
  11,614 文字
白馬の姫君「ニナール、ちよつとお待ち」と、お父様のキャラ侯がよびとめました。
ラマ塔の秘密 宮原晃一郎
白馬の姫君「ニナール、ちよつとお待ち」と、お父様のキャラ侯がよびとめました。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。