宮沢賢治の全作品(2ページ目)

青空文庫で公開されている宮沢賢治の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


51〜100件 / 全275件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
ビジテリアン大祭 宮沢 賢治
1時間〜
  33,530 文字
私は昨年九月四日、ニュウファウンドランド島の小さな山村...
ビジテリアン大祭 宮沢 賢治
1時間〜
みじかい木ぺん 宮沢 賢治
30分以内
  5,119 文字
キッコの村の学校にはたまりがありませんでしたから雨がふ...
みじかい木ぺん 宮沢 賢治
30分以内
水仙月の四日 宮沢 賢治
30分以内
  6,288 文字
雪婆んごは、遠くへ出かけて居りました。
水仙月の四日 宮沢 賢治
30分以内
『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
5分以内
  650 文字
わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれい...
『注文の多い料理店』序 宮沢 賢治
5分以内
電車 宮沢 賢治
5分以内
  1,382 文字
第一双の眼の所有者(むしゃくしゃした若い古物商。
電車 宮沢 賢治
5分以内
虹の絵の具皿 宮沢 賢治
30分以内
  9,362 文字
むかし、ある霧のふかい朝でした。
虹の絵の具皿 宮沢 賢治
30分以内
イーハトーボ農学校の春 宮沢 賢治
10分以内
  3,538 文字
太陽マジックのうたはもう青ぞらいっぱい、ひっきりなしに...
イーハトーボ農学校の春 宮沢 賢治
10分以内
毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治
10分以内
  3,460 文字
四つのつめたい谷川が、カラコン山の氷河から出て、ごうご...
毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治
10分以内
二十六夜 宮沢 賢治
60分以内
  17,872 文字
※旧暦の六月二十四日の晩でした。
二十六夜 宮沢 賢治
60分以内
水仙月の四日 宮沢 賢治
30分以内
  6,289 文字
雪婆んごは、遠くへ出かけて居りました。
水仙月の四日 宮沢 賢治
30分以内
『注文の多い料理店』広告文 宮沢 賢治
10分以内
  2,850 文字
イーハトヴは一つの地名である。
『注文の多い料理店』広告文 宮沢 賢治
10分以内
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
  7,642 文字
雪渡りその一(小狐の紺三郎)雪がすっかり凍って大理石よ...
雪渡り 宮沢 賢治
30分以内
春と修羅 第三集 宮沢 賢治
1時間〜
  25,807 文字
七〇六村娘一九二六、五、二、畑を過ぎる鳥の影青々ひかる...
春と修羅 第三集 宮沢 賢治
1時間〜
イギリス海岸 宮沢 賢治
30分以内
  11,286 文字
夏休みの十五日の農場実習の間に、私どもがイギリス海岸と...
イギリス海岸 宮沢 賢治
30分以内
いてふの実 宮沢 賢治
10分以内
  2,746 文字
そらのてっぺんなんか冷たくて冷たくてまるでカチカチの灼...
いてふの実 宮沢 賢治
10分以内
龍と詩人 宮沢 賢治
10分以内
  2,607 文字
龍のチャーナタは洞のなかへさして來る上げ潮からからだを...
龍と詩人 宮沢 賢治
10分以内
クねずみ 宮沢 賢治
30分以内
  6,269 文字
クという名前のねずみがありました。
クねずみ 宮沢 賢治
30分以内
鹿踊りのはじまり 宮沢 賢治
30分以内
  6,830 文字
そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあひだから、夕陽は赤...
鹿踊りのはじまり 宮沢 賢治
30分以内
マグノリアの木 宮沢 賢治
10分以内
  3,290 文字
霧がじめじめ降っていた。
マグノリアの木 宮沢 賢治
10分以内
手紙 一 宮沢 賢治
5分以内
  1,213 文字
むかし、あるところに一疋の竜がすんでいました。
手紙 一 宮沢 賢治
5分以内
二十六夜 宮沢 賢治
60分以内
  18,007 文字
*旧暦の六月二十四日の晩でした。
二十六夜 宮沢 賢治
60分以内
図書館幻想 宮沢 賢治
5分以内
  615 文字
おれはやっとのことで十階の床をふんで汗を拭った。
図書館幻想 宮沢 賢治
5分以内
花巻農学校精神歌 宮沢 賢治
5分以内
  292 文字
(一)日ハ君臨シカガヤキハ白金ノアメソソギタリワレラハ...
花巻農学校精神歌 宮沢 賢治
5分以内
よく利く薬とえらい薬 宮沢 賢治
30分以内
  4,339 文字
清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。
よく利く薬とえらい薬 宮沢 賢治
30分以内
こゝろ 宮沢 賢治
5分以内
  107 文字
曇りてとざし風にゆるそれみづからぞ樹のこゝろ光にぬるみ...
こゝろ 宮沢 賢治
5分以内
インドラの網 宮沢 賢治
30分以内
  4,164 文字
そのとき私は大へんひどく疲れていてたしか風と草穂との底...
インドラの網 宮沢 賢治
30分以内
うろこ雲 宮沢 賢治
5分以内
  1,102 文字
そらいちめんに青白いうろこ雲が浮かび月はその一切れに入...
うろこ雲 宮沢 賢治
5分以内
田園迷信 宮沢 賢治
5分以内
  316 文字
十の蜂舎の成りしときよき園成さば必らずや鬼ぞうかがふと...
田園迷信 宮沢 賢治
5分以内
泉ある家 宮沢 賢治
10分以内
  3,387 文字
これが今日のおしまいだろう、と云いながら斉田は青じろい...
泉ある家 宮沢 賢治
10分以内
饑餓陣営 宮沢 賢治
30分以内
  8,369 文字
人物バナナン大将。
饑餓陣営 宮沢 賢治
30分以内
手紙 二 宮沢 賢治
5分以内
  1,034 文字
印度のガンジス河はあるとき、水が増して烈しく流されてい...
手紙 二 宮沢 賢治
5分以内
十六日 宮沢 賢治
30分以内
  4,622 文字
よく晴れて前の谷川もいつもとまるでちがって楽しくごろご...
十六日 宮沢 賢治
30分以内
祭の晩 宮沢 賢治
30分以内
  4,246 文字
山の神の秋の祭りの晩でした。
祭の晩 宮沢 賢治
30分以内
サガレンと八月 宮沢 賢治
30分以内
  4,557 文字
「何の用でここへ来たの、何かしらべに来たの、何かしらべ...
サガレンと八月 宮沢 賢治
30分以内
手紙 四 宮沢 賢治
5分以内
  1,842 文字
わたくしはあるひとから云いつけられて、この手紙を印刷し...
手紙 四 宮沢 賢治
5分以内
〔月光の鉛のなかに〕 宮沢 賢治
5分以内
  50 文字
月光の鉛のなかにみどりなる犀は落ち臥し松の影これを覆へり。
〔月光の鉛のなかに〕 宮沢 賢治
5分以内
〔弓のごとく〕 宮沢 賢治
5分以内
  51 文字
弓のごとく鳥のごとく昧爽の風の中より家に帰り来れり。
〔弓のごとく〕 宮沢 賢治
5分以内
宅地 宮沢 賢治
5分以内
  63 文字
白日雲の角に入り害条桐を辞し堕ちぬ黒き豚は巣を出でてキ...
宅地 宮沢 賢治
5分以内
〔くもにつらなるでこぼこがらす〕 宮沢 賢治
5分以内
  65 文字
くもにつらなるでこぼこがらす杜のかなたを赤き電車のせは...
〔くもにつらなるでこぼこがらす〕 宮沢 賢治
5分以内
〔甘藍の球は弾けて〕 宮沢 賢治
5分以内
  65 文字
甘藍の球は弾けて青ぞらに白雲の房呑屋より二人の馬丁よろ...
〔甘藍の球は弾けて〕 宮沢 賢治
5分以内
看痾 宮沢 賢治
5分以内
  66 文字
七月はさやに来れど故しらに人はなほ疾み日過ぎ来し白雲の...
看痾 宮沢 賢治
5分以内
青柳教諭を送る 宮沢 賢治
5分以内
  66 文字
瘠せて青めるなが頬は九月の雨に聖くして一すぢ遠きこのみ...
青柳教諭を送る 宮沢 賢治
5分以内
〔そのかたち収得に似て〕 宮沢 賢治
5分以内
  67 文字
そのかたち収得に似て面赤く鼻たくましきその云ふや声肝に...
〔そのかたち収得に似て〕 宮沢 賢治
5分以内
〔こゝろの影を恐るなと〕 宮沢 賢治
5分以内
  70 文字
こゝろの影を恐るなとまことにさなりさりながらこゝろの影...
〔こゝろの影を恐るなと〕 宮沢 賢治
5分以内
〔鷺はひかりの空に餓ゑ〕 宮沢 賢治
5分以内
  71 文字
鷺はひかりのそらに餓ゑ羊歯にはそゝぐきりさめをあしきテ...
〔鷺はひかりの空に餓ゑ〕 宮沢 賢治
5分以内
〔こんにやくの〕 宮沢 賢治
5分以内
  77 文字
こんにやくのす枯れの茎をとらんとて水こぼこぼと鳴るひぐ...
〔こんにやくの〕 宮沢 賢治
5分以内
〔雲ふかく 山裳を曳けば〕 宮沢 賢治
5分以内
  78 文字
雲ふかく山裳を曳けばきみ遠く去るにかも似ん丘群に日射し...
〔雲ふかく 山裳を曳けば〕 宮沢 賢治
5分以内
会計課 宮沢 賢治
5分以内
  79 文字
九時六分のかけ時計その青じろき盤面ににはかに雪の反射来...
会計課 宮沢 賢治
5分以内
〔かくまでに〕 宮沢 賢治
5分以内
  80 文字
かくまでに心をいたましむるは薄明穹の黒き血痕新らしき見...
〔かくまでに〕 宮沢 賢治
5分以内
開墾地 宮沢 賢治
5分以内
  83 文字
焦ぎ木のむらはなほあれば山の畑の雪消えて〔以下なし〕―...
開墾地 宮沢 賢治
5分以内