朝に就ての童話的構図
宮沢賢治

『朝に就ての童話的構図』は青空文庫で公開されている宮沢賢治の短編作品。1,563文字で、おおよそ5分以内で読むことができます。

文字数
5分以内
  1,563文字
人気  72PV
書き出し苔(こけ)いちめんに、霧がぽしやぽしや降つて、蟻(あり)の歩哨(ほせう)は、鉄の帽子のひさしの下から、するどいひとみであたりをにらみ、青く大きな羊歯(しだ)の森の前をあちこち行つたり来たりしてゐます。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

宮沢賢治の人気作品



短編(5分以内)の人気作品