1時間〜で読める宮沢賢治の長編作品

青空文庫で公開されている宮沢賢治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編作品12篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全12件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
  41,405文字
  一、午后の授業「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われた…
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
『春と修羅』宮沢賢治
1時間〜
  51,693文字
  (山鳥ですか?
『春と修羅』宮沢賢治
1時間〜
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
  54,408文字
  「ではみなさんは、そういうふうに川だと言(い)われたり、乳(…
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
グスコーブドリの伝記宮沢賢治
1時間〜
  26,177文字
  グスコーブドリは、イーハトーヴの大きな森のなかに生まれました…
グスコーブドリの伝記宮沢賢治
1時間〜
風の又三郎宮沢賢治
1時間〜
  33,837文字
  どっどどどどうどどどうどどどう青いくるみも吹きとばせすっぱい…
風の又三郎宮沢賢治
1時間〜
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
  44,272文字
  「ではみなさん、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあ…
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
詩ノート宮沢賢治
1時間〜
  27,773文字
  Conc.
詩ノート宮沢賢治
1時間〜
風野又三郎宮沢賢治
1時間〜
  34,482文字
  谷川の岸に小さな四角な学校がありました。
風野又三郎宮沢賢治
1時間〜
春と修羅 第二集宮沢賢治
1時間〜
  50,885文字
  宇部何だって?
春と修羅 第二集宮沢賢治
1時間〜
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記宮沢賢治
1時間〜
  29,450文字
  〔冒頭原稿数枚焼失〕のでした。
ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記宮沢賢治
1時間〜
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
  39,063文字
  「ではみなさんは、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れた…
銀河鉄道の夜宮沢賢治
1時間〜
ビジテリアン大祭宮沢賢治
1時間〜
  37,078文字
 私は昨年九月四日、ニュウファウンドランド島の小さな山村、ヒル…
ビジテリアン大祭宮沢賢治
1時間〜