銀河鉄道の夜
宮沢 賢治

『銀河鉄道の夜』は宮沢賢治の長編作品。47,347文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  47,347 文字
人気   23,582 PV
書き出し 午後の授業「ではみなさん、さういふふうに川だと云はれたり、乳の流れたあとだと云はれたりしてゐた、このぼんやりと白いものが何かご承知ですか。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む