春と修羅 第二集
宮沢 賢治

『春と修羅 第二集』は宮沢賢治の長編作品。61,155文字で、おおよそ1時間〜で読むことができます。

文字数
1時間〜
  61,155 文字
人気   12,720 PV
書き出し この一巻はわたくしが岩手県花巻の農学校につとめて居りました四年のうちの終りの二年の手記から集めたものでございますこの四ヶ年はわたくしにとってじつに愉快な明るいものでありました先輩たち無意識なサラリーマンスユニオンが近代文明の勃興以来或いは多少ペテンもあったではありませうがとにかく巨きな効果を示し絶えざる努力と結束で獲得しましたその結果わたくしは毎日わづか...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

宮沢 賢治 の人気作品



長編(1時間〜)の人気作品