ひかりの素足
宮沢 賢治

『ひかりの素足』は宮沢賢治の中編作品。19,099文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  19,099 文字
人気   10,447 PV
書き出し 一、山小屋鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましました。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む