30分以内で読める宮沢賢治の短編作品

青空文庫で公開されている宮沢賢治の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編作品86篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,000〜12,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全86件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
注文の多い料理店宮沢賢治
30分以内
  6,125文字
  二人の若い紳士(しんし)が、すっかりイギリスの兵隊のかたちを…
注文の多い料理店宮沢賢治
30分以内
オツベルと象宮沢賢治
30分以内
  6,389文字
  ……ある牛飼いがものがたる第一日曜オツベルときたら大したもん…
オツベルと象宮沢賢治
30分以内
よだかの星宮沢賢治
30分以内
  5,667文字
  よだかは、実にみにくい鳥です。
よだかの星宮沢賢治
30分以内
どんぐりと山猫宮沢賢治
30分以内
  6,753文字
  おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫宮沢賢治
30分以内
注文の多い料理店宮沢賢治
30分以内
  5,886文字
  二人の若い紳士が、すつかりイギリスの兵隊のかたちをして、ぴか…
注文の多い料理店宮沢賢治
30分以内
なめとこ山の熊宮沢賢治
30分以内
  7,828文字
  なめとこ山の熊(くま)のことならおもしろい。
なめとこ山の熊宮沢賢治
30分以内
雪渡り宮沢賢治
30分以内
  7,457文字
  雪がすっかり凍(こお)って大理石よりも堅(かた)くなり、空も…
雪渡り宮沢賢治
30分以内
ツェねずみ宮沢賢治
30分以内
  5,106文字
  ある古い家の、まっくらな天井裏に、「ツェ」という名まえのねず…
ツェねずみ宮沢賢治
30分以内
黄いろのトマト宮沢賢治
30分以内
  8,804文字
  私の町の博物館の、大きなガラスの戸棚(とだな)には、剥製(は…
黄いろのトマト宮沢賢治
30分以内
月夜のでんしんばしら宮沢賢治
30分以内
  4,714文字
  ある晩、恭一はぞうりをはいて、すたすた鉄道線路の横の平らなと…
月夜のでんしんばしら宮沢賢治
30分以内
狼森と笊森、盗森宮沢賢治
30分以内
  6,377文字
  小岩井農場の北に、黒い松の森が四つあります。
狼森と笊森、盗森宮沢賢治
30分以内
蛙のゴム靴宮沢賢治
30分以内
  8,006文字
  松の木や楢(なら)の木の林の下を、深い堰(せき)が流れて居(…
蛙のゴム靴宮沢賢治
30分以内
猫の事務所宮沢賢治
30分以内
  6,978文字
  軽便鉄道の停車場のちかくに、猫の第六事務所がありました。
猫の事務所宮沢賢治
30分以内
蜘蛛となめくじと狸宮沢賢治
30分以内
  8,571文字
  蜘蛛と、銀色のなめくじとそれから顔を洗ったことのない狸とはみ…
蜘蛛となめくじと狸宮沢賢治
30分以内
虔十公園林宮沢賢治
30分以内
  5,309文字
  虔十(けんじふ)はいつも繩(なは)の帯をしめてわらって杜(も…
虔十公園林宮沢賢治
30分以内
台川宮沢賢治
30分以内
  8,472文字
  〔もうでかけませう。
台川宮沢賢治
30分以内
イギリス海岸宮沢賢治
30分以内
  11,231文字
  夏休みの十五日の農場実習の間に、私どもがイギリス海岸とあだ名…
イギリス海岸宮沢賢治
30分以内
水仙月の四日宮沢賢治
30分以内
  6,243文字
  雪婆(ゆきば)んごは、遠くへ出かけて居(を)りました。
水仙月の四日宮沢賢治
30分以内
どんぐりと山猫宮沢賢治
30分以内
  6,640文字
  をかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。
どんぐりと山猫宮沢賢治
30分以内
土神と狐宮沢賢治
30分以内
  10,247文字
  一本木の野原の、北のはづれに、少し小高く盛りあがった所があり…
土神と狐宮沢賢治
30分以内
虹の絵の具皿宮沢賢治
30分以内
  10,624文字
 むかし、ある霧(きり)のふかい朝でした。
虹の絵の具皿宮沢賢治
30分以内
おきなぐさ宮沢賢治
30分以内
  4,261文字
 うずのしゅげを知っていますか。
おきなぐさ宮沢賢治
30分以内
四又の百合宮沢賢治
30分以内
  4,671文字
  四又(よまた)の百合(ゆり)宮沢賢治「正※知(しょうへんち…
四又の百合宮沢賢治
30分以内
カイロ団長宮沢賢治
30分以内
  10,085文字
 あるとき、三十疋(ぴき)のあまがえるが、一緒(いっしょ)に面…
カイロ団長宮沢賢治
30分以内
土神ときつね宮沢賢治
30分以内
  10,565文字
 一本木の野原の、北のはずれに、少し小高く盛(も)りあがった所…
土神ときつね宮沢賢治
30分以内
疾中宮沢賢治
30分以内
  6,850文字
 病床たけにぐさに風が吹いてゐるといふことであるたけにぐさの群…
疾中宮沢賢治
30分以内
『春と修羅』補遺宮沢賢治
30分以内
  6,892文字
 雨がぽしゃぽしゃ降ってゐます。
『春と修羅』補遺宮沢賢治
30分以内
鹿踊りのはじまり宮沢賢治
30分以内
  6,841文字
 そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあいだから、夕陽(ゆうひ)…
鹿踊りのはじまり宮沢賢治
30分以内
みじかい木ぺん宮沢賢治
30分以内
  5,761文字
 キッコの村の学校にはたまりがありませんでしたから雨がふるとみ…
みじかい木ぺん宮沢賢治
30分以内
学者アラムハラドの見た着物宮沢賢治
30分以内
  7,066文字
 学者(がくしゃ)のアラムハラドはある年十一人の子を教えており…
学者アラムハラドの見た着物宮沢賢治
30分以内
クねずみ宮沢賢治
30分以内
  5,787文字
 クという名前のねずみがありました。
クねずみ宮沢賢治
30分以内
若い木霊宮沢賢治
30分以内
  4,047文字
 「ふん。
若い木霊宮沢賢治
30分以内
水仙月の四日宮沢賢治
30分以内
  6,392文字
 雪婆(ゆきば)んごは、遠くへ出かけて居(お)りました。
水仙月の四日宮沢賢治
30分以内
よく利く薬とえらい薬宮沢賢治
30分以内
  4,117文字
 清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。
よく利く薬とえらい薬宮沢賢治
30分以内
雪渡り宮沢賢治
30分以内
  7,242文字
 雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、空も冷たい滑らかな青…
雪渡り宮沢賢治
30分以内
烏の北斗七星宮沢賢治
30分以内
  5,234文字
 つめたいいぢの悪い雲が、地べたにすれすれに垂れましたので、野…
烏の北斗七星宮沢賢治
30分以内
林の底宮沢賢治
30分以内
  6,126文字
 どいつもこいつも、みないち様(やう)に白でした。
林の底宮沢賢治
30分以内
蛙のゴム靴宮沢賢治
30分以内
  8,177文字
 松(まつ)の木や楢(なら)の木の林の下を、深い堰(せき)が流…
蛙のゴム靴宮沢賢治
30分以内
祭の晩宮沢賢治
30分以内
  4,150文字
山の神の秋の祭りの晩でした。
祭の晩宮沢賢治
30分以内
鹿踊りのはじまり宮沢賢治
30分以内
  9,140文字
そのとき西(にし)のぎらぎらのちぢれた雲(くも)のあひだから…
鹿踊りのはじまり宮沢賢治
30分以内
気のいい火山弾宮沢賢治
30分以内
  4,274文字
ある死火山のすそ野のかしはの木のかげに、「ベゴ」といふあだ名…
気のいい火山弾宮沢賢治
30分以内
泉ある家宮沢賢治
30分以内
  4,374文字
これが今日(きょう)のおしまいだろう、と云(い)いながら斉田…
泉ある家宮沢賢治
30分以内
虔十公園林宮沢賢治
30分以内
  5,468文字
虔十はいつも縄(なわ)の帯をしめてわらって杜(もり)の中や畑…
虔十公園林宮沢賢治
30分以内
文語詩稿 五十篇宮沢賢治
30分以内
  7,302文字
そのかみの高麗の軍楽、    うち鼓して過ぎれるありき。
文語詩稿 五十篇宮沢賢治
30分以内
十六日宮沢賢治
30分以内
  5,655文字
よく晴れて前の谷川もいつもとまるでちがって楽しくごろごろ鳴っ…
十六日宮沢賢治
30分以内
種山ヶ原宮沢賢治
30分以内
  10,215文字
種山(たねやま)ヶ原(はら)といふのは北上(きたかみ)山地の…
種山ヶ原宮沢賢治
30分以内
サガレンと八月宮沢賢治
30分以内
  5,357文字
「何の用でここへ来たの、何かしらべに来たの、何かしらべに来た…
サガレンと八月宮沢賢治
30分以内
インドラの網宮沢賢治
30分以内
  4,164文字
そのとき私は大へんひどく疲れていてたしか風と草穂との底に倒れ…
インドラの網宮沢賢治
30分以内
饑餓陣営宮沢賢治
30分以内
  8,220文字
人物 バナナン大将。
饑餓陣営宮沢賢治
30分以内
二人の役人宮沢賢治
30分以内
  5,363文字
その頃(ころ)の風穂(かぜほ)の野はらは、ほんたうに立派でし…
二人の役人宮沢賢治
30分以内