月夜のでんしんばしら
宮沢 賢治

『月夜のでんしんばしら』は宮沢賢治の短編作品。4,899文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  4,899 文字
人気   14,550 PV
書き出し ある晩、恭一はぞうりをはいて、すたすた鉄道線路の横の平らなところをあるいて居りました。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む