鹿踊りのはじまり
宮沢 賢治

『鹿踊りのはじまり』は宮沢賢治の短編作品。6,836文字で、おおよそ30分以内で読むことができます。

文字数
30分以内
  6,836 文字
人気   2,127 PV
書き出し そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあいだから、夕陽は赤くななめに苔の野原に注ぎ、すすきはみんな白い火のようにゆれて光りました。
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

宮沢 賢治 の人気作品



短編(30分以内)の人気作品