岡本綺堂の全作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品244篇を、おすすめ人気順に表示しています。


全244件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  17,887文字
  主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
  14,475文字
  (伊豆の修禅寺(しゅぜんじ)に頼家(よりいえ)の面(おもて)…
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,238文字
  わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行は…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
百物語岡本綺堂
10分以内
  3,708文字
  今から八十年ほどの昔――と言いかけて、O君は自分でも笑い出し…
百物語岡本綺堂
10分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,323文字
  わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,888文字
  歴史小説の老大家T先生を赤坂のお宅に訪問して、江戸のむかしの…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,004文字
 半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれ…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
拷問の話岡本綺堂
30分以内
  8,397文字
 天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に…
拷問の話岡本綺堂
30分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,293文字
 ある年の正月に私はまた老人をたずねた。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,354文字
 二月以来、わたしは自分の仕事が忙がしいので、半七老人の家(う…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  13,581文字
 第十五の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
探偵夜話岡本綺堂
1時間〜
  143,978文字
 例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
探偵夜話岡本綺堂
1時間〜
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,618文字
 半七老人を久し振りでたずねたのは、十一月はじめの時雨(しぐ)…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
飛騨の怪談岡本綺堂
1時間〜
  134,674文字
 綺堂君、足下(そっか)。
飛騨の怪談岡本綺堂
1時間〜
影を踏まれた女岡本綺堂
60分以内
  12,215文字
 Y君は語る。
影を踏まれた女岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,053文字
 半月ばかりの避暑旅行を終って、わたしが東京へ帰って来たのは八…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
玉藻の前岡本綺堂
1時間〜
  141,751文字
 清水詣で「ほう、よい月じゃ。
玉藻の前岡本綺堂
1時間〜
赤膏薬岡本綺堂
10分以内
  3,885文字
 今から廿二三年前(にじゅうにさんねんぜん)に上海(シャンハイ…
赤膏薬岡本綺堂
10分以内
年賀郵便岡本綺堂
5分以内
  1,565文字
 新年の東京を見わたして、著るしく寂しいように感じられるのは、…
年賀郵便岡本綺堂
5分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,000文字
 「あなたはお芝居が好きだから、河内山(こうちやま)の狂言を御…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,163文字
 「今ではすっかり埋められてしまって跡方も残っていませんが、こ…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
木曽の旅人岡本綺堂
30分以内
  11,761文字
 T君は語る。
木曽の旅人岡本綺堂
30分以内
鰻に呪われた男岡本綺堂
60分以内
  16,320文字
 「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
鰻に呪われた男岡本綺堂
60分以内
四谷怪談異説岡本綺堂
5分以内
  1,147文字
 四谷怪談といえば何人もおなじみであるが、扨(さて)その実録は…
四谷怪談異説岡本綺堂
5分以内
自来也の話岡本綺堂
30分以内
  4,675文字
 自来也(じらいや)も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。
自来也の話岡本綺堂
30分以内
餅を買う女岡本綺堂
5分以内
  562文字
 小夜の中山の夜泣石の伝説も、支那から輸入されたものであるらし…
餅を買う女岡本綺堂
5分以内
山椒魚岡本綺堂
30分以内
  8,770文字
 K君は語る。
山椒魚岡本綺堂
30分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  19,079文字
 むかしの正本(しょうほん)風に書くと、本舞台一面の平ぶたい、…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
番町皿屋敷岡本綺堂
1時間〜
  35,625文字
 二十四五歳かとも見える若い侍が麹町(こうじまち)の山王(さん…
番町皿屋敷岡本綺堂
1時間〜
小坂部姫岡本綺堂
1時間〜
  104,020文字
 「物申(も)う、案内(あない)申う。
小坂部姫岡本綺堂
1時間〜
岡本綺堂
60分以内
  21,081文字
 登場人物――重兵衛(じゅうべえ)。
岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,089文字
「安政三年……十一月の十六日と覚えています。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
画工と幽霊岡本綺堂
30分以内
  9,767文字
千八百八十四年、英国倫敦(ロンドン)発刊の某雑誌に「最も奇な…
画工と幽霊岡本綺堂
30分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,584文字
半七老人の家には小さい三毛(みけ)猫が飼ってあった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
正雪の二代目岡本綺堂
1時間〜
  38,099文字
ほかに同心。
正雪の二代目岡本綺堂
1時間〜
人狼岡本綺堂
1時間〜
  24,327文字
桃山時代の末期、慶長初年の頃。
人狼岡本綺堂
1時間〜
番町皿屋敷岡本綺堂
60分以内
  12,844文字
麹町、山王下。
番町皿屋敷岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
1時間〜
  34,952文字
秋の宵であった。
半七捕物帳岡本綺堂
1時間〜
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,360文字
明治廿五年の春ごろの新聞をみたことのある人たちは記憶している…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,417文字
「お約束……。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  19,917文字
安政と年号のあらたまった年の三月十八日であった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
世界怪談名作集岡本綺堂
5分以内
  1,253文字
外国にも怪談は非常に多い。
世界怪談名作集岡本綺堂
5分以内
明治劇談 ランプの下にて岡本綺堂
1時間〜
  162,584文字
ことしは五代目菊五郎の三十三回忌追善興行を催すという噂を聞か…
明治劇談 ランプの下にて岡本綺堂
1時間〜
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  20,195文字
老人とわたしと差し向いで、五月の雨のふる日曜日を小半日も語り…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
30分以内
  11,187文字
半七老人は天保版の道中懐宝図鑑という小形の本をあけて見せた。
半七捕物帳岡本綺堂
30分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,316文字
ある年の正月、門松(かどまつ)のまだ取れないうちに赤坂の家(…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  12,912文字
慶応二年の夏は不順の陽気で、綿ぬきという四月にも綿衣(わたい…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
箕輪の心中岡本綺堂
1時間〜
  29,047文字
向島(むかうじま)の木母寺(もくぼじ)。
箕輪の心中岡本綺堂
1時間〜
正月の思い出岡本綺堂
10分以内
  2,110文字
ある雑誌から「正月の思い出」という質問を受けた。
正月の思い出岡本綺堂
10分以内
佐々木高綱岡本綺堂
60分以内
  12,611文字
佐々木の家來など。
佐々木高綱岡本綺堂
60分以内