🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

岡本綺堂の全作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の全作品231篇を、おすすめ人気順で表示しています。


1〜50件 / 全231件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  17,923 文字
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
修禅寺物語
(1911年)
岡本綺堂
60分以内
  15,100 文字
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。
修禅寺物語 岡本綺堂
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。
拷問の話
(1924年)
岡本綺堂
30分以内
  8,551 文字
天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に捕われて、伝馬町の牢屋へ送られた。
拷問の話 岡本綺堂
天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に捕われて、伝馬町の牢屋へ送られた。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,505 文字
わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行はれた化物屋敷の不入の間や、嫉み深い...
半七捕物帳 岡本綺堂
わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行はれた化物屋敷の不入の間や、嫉み深い女の生靈や、執念深い男の死靈や、さうしたたぐひの陰慘な幽怪な傳説を澤山に知つてゐた。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  13,526 文字
第十五の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十五の男は語る。
玉藻の前 岡本綺堂
1時間〜
  142,894 文字
清水詣で「ほう、よい月じゃ。
玉藻の前 岡本綺堂
清水詣で「ほう、よい月じゃ。
年賀郵便
(1935年)
岡本綺堂
5分以内
  1,614 文字
新年の東京を見わたして、著るしく寂しいように感じられるのは、回礼者の減少である。
年賀郵便 岡本綺堂
新年の東京を見わたして、著るしく寂しいように感じられるのは、回礼者の減少である。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,681 文字
わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行なわれた化け物屋敷の不入の間や、嫉...
半七捕物帳 岡本綺堂
わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行なわれた化け物屋敷の不入の間や、嫉み深い女の生霊や、執念深い男の死霊や、そうしたたぐいの陰惨な幽怪な伝説をたくさんに知っていた。
木曽の旅人
(1897年)
岡本綺堂
60分以内
  12,269 文字
T君は語る。
木曽の旅人 岡本綺堂
T君は語る。
鰻に呪われた男
(1931年)
岡本綺堂
60分以内
  16,910 文字
「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
鰻に呪われた男 岡本綺堂
「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
探偵夜話 岡本綺堂
1時間〜
  149,955 文字
火薬庫例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
探偵夜話 岡本綺堂
火薬庫例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
飛騨の怪談
(1912年)
岡本綺堂
1時間〜
  116,904 文字
綺堂君、足下。
飛騨の怪談 岡本綺堂
綺堂君、足下。
影を踏まれた女
(1925年)
岡本綺堂
60分以内
  12,879 文字
Y君は語る。
影を踏まれた女 岡本綺堂
Y君は語る。
赤膏薬
(1931年)
岡本綺堂
10分以内
  3,551 文字
今から廿二三年前に上海で出版された「騙術奇談」といふ四巻の書がある。
赤膏薬 岡本綺堂
今から廿二三年前に上海で出版された「騙術奇談」といふ四巻の書がある。
小坂部姫
(1920年)
岡本綺堂
1時間〜
  107,982 文字
双ヶ岡「物申う、案内申う。
小坂部姫 岡本綺堂
双ヶ岡「物申う、案内申う。
怪談一夜草紙
(1933年)
岡本綺堂
30分以内
  8,651 文字
お福さんという老女は語る。
怪談一夜草紙 岡本綺堂
お福さんという老女は語る。
雨夜の怪談
(1909年)
岡本綺堂
10分以内
  3,661 文字
秋……殊に雨などが漕々(そうそう)降ると、人は兎角に陰気になつて、動もすれば魔物臭い話が出る。
雨夜の怪談 岡本綺堂
秋……殊に雨などが漕々(そうそう)降ると、人は兎角に陰気になつて、動もすれば魔物臭い話が出る。
画工と幽霊
(1902年)
岡本綺堂
30分以内
  7,758 文字
千八百八十四年、英国倫敦発刊の某雑誌に「最も奇なる、実に驚くべき怪談」と題して、頗(すこぶ)る...
画工と幽霊 岡本綺堂
千八百八十四年、英国倫敦発刊の某雑誌に「最も奇なる、実に驚くべき怪談」と題して、頗(すこぶ)る小説的の一種の妖怪談を掲載し、この世界の上には人間の想像すべからざる秘密又は不思議が存在しているに相違ない、これが即ち其(そ)の最も信ずべき有力の証拠であると称して、その妖怪を実地に見届けた本人(画工エリック)の談話を其(そ)のまま筆記してある。
正雪の二代目
(1927年)
岡本綺堂
1時間〜
  43,235 文字
登場人物大泉伴左衞門千島雄之助深堀平九郎津村彌平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏山杉甚作備前屋長七下...
正雪の二代目 岡本綺堂
登場人物大泉伴左衞門千島雄之助深堀平九郎津村彌平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏山杉甚作備前屋長七下總屋義平義平の母おかめ大泉の妹お千代大泉の女中およし同じくおみつ下總屋の若い者時助同じく勘八下總屋の小僧仙吉下總屋の女中おとよ番太郎權兵衞與力井口金太夫同心野澤喜十郎町の娘おもと同じくおきんほ...
番町皿屋敷 岡本綺堂
1時間〜
  36,873 文字
「桜はよく咲いたのう」二十四五歳かとも見える若い侍が麹町の山王の社頭の石段に立って、自分の頭の...
番町皿屋敷 岡本綺堂
「桜はよく咲いたのう」二十四五歳かとも見える若い侍が麹町の山王の社頭の石段に立って、自分の頭の上に落ちかかって来るような花の雲を仰いだ。
番町皿屋敷 岡本綺堂
60分以内
  14,086 文字
登場人物青山播磨用人柴田十太夫奴權次權六青山の腰元お菊お仙澁川の後室眞弓放駒四郎兵衞並木の長吉...
番町皿屋敷 岡本綺堂
登場人物青山播磨用人柴田十太夫奴權次權六青山の腰元お菊お仙澁川の後室眞弓放駒四郎兵衞並木の長吉橋場の仁助聖天の萬藏田町の彌作ほかに若党陸尺茶屋の娘など第一場麹町、山王下。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,416 文字
半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれた。
半七捕物帳 岡本綺堂
半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれた。
山椒魚
(1928年)
岡本綺堂
30分以内
  9,002 文字
K君は語る。
山椒魚 岡本綺堂
K君は語る。
人狼
(1931年)
岡本綺堂
1時間〜
  26,986 文字
登場人物田原弥三郎弥三郎の妻おいよ弥三郎の妹お妙猟師源五郎ホルトガルの宣教師モウロモウロの弟子...
人狼 岡本綺堂
登場人物田原弥三郎弥三郎の妻おいよ弥三郎の妹お妙猟師源五郎ホルトガルの宣教師モウロモウロの弟子正吉村の男善助小坊主昭全村の娘おあさ、おつぎ[#改ページ]第一幕桃山時代の末期、慶長初年の頃。
深川の老漁夫
(1927年)
岡本綺堂
30分以内
  5,369 文字
T君は語る。
深川の老漁夫 岡本綺堂
T君は語る。
四谷怪談異説
(1925年)
岡本綺堂
5分以内
  1,186 文字
四谷怪談といえば何人もおなじみであるが、扨(さて)その実録は伝わっていない。
四谷怪談異説 岡本綺堂
四谷怪談といえば何人もおなじみであるが、扨(さて)その実録は伝わっていない。
明治劇談 ランプの下にて
(1935年)
岡本綺堂
1時間〜
  159,439 文字
目次小守田勘弥新富座の大岡政談――元園町の草原――長唄と常磐津の挟み撃ち――外国人の引幕――風...
明治劇談 ランプの下にて 岡本綺堂
目次小守田勘弥新富座の大岡政談――元園町の草原――長唄と常磐津の挟み撃ち――外国人の引幕――風月堂の西洋菓子新富座見物左団次の渥美五郎――劇場の福草履――島原の芝居――劇場外の散歩――「勧進帳」市川団十郎団十郎の部屋――芝居の改良はこれから――芝居の飲食物――外国人の書面――後代の面目似顔絵と双六「霜夜鐘十字辻筮」――芝居の草双紙――絵双紙屋――春近しの感―...
餅を買う女 岡本綺堂
5分以内
  595 文字
小夜の中山の夜泣石の伝説も、支那から輸入されたものであるらしく、宋の洪邁の「夷堅志」のうちに同...
餅を買う女 岡本綺堂
小夜の中山の夜泣石の伝説も、支那から輸入されたものであるらしく、宋の洪邁の「夷堅志」のうちに同様の話がある。
自来也の話
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  4,570 文字
自来也も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。
自来也の話 岡本綺堂
自来也も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。

(1936年)
岡本綺堂
60分以内
  21,901 文字
登場人物――重兵衛。
岡本綺堂
登場人物――重兵衛。
箕輪の心中
(1911年)
岡本綺堂
1時間〜
  31,877 文字
登場人物藤枝外記外記の妹お縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞門中間角助菩提寺の僧百姓十吉十吉の母お時...
箕輪の心中 岡本綺堂
登場人物藤枝外記外記の妹お縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞門中間角助菩提寺の僧百姓十吉十吉の母お時村のむすめお米大菱屋綾衣新造綾鶴若い者喜介ほかに花見の男女茶屋娘眼かづら賣小坊主若侍水屋燈籠屋新内語廓(くるわ)の者盆唄の娘子供など[#改ページ]第一幕第一場向島の木母寺。
正月の思い出 岡本綺堂
10分以内
  2,190 文字
ある雑誌から「正月の思い出」という質問を受けた。
正月の思い出 岡本綺堂
ある雑誌から「正月の思い出」という質問を受けた。
佐々木高綱
(1914年)
岡本綺堂
60分以内
  13,390 文字
登場人物佐々木四郎高綱その娘薄衣佐々木小太郎定重馬飼子之介その姉おみの高野の僧智山鹿島與甲賀六...
佐々木高綱 岡本綺堂
登場人物佐々木四郎高綱その娘薄衣佐々木小太郎定重馬飼子之介その姉おみの高野の僧智山鹿島與甲賀六郎侍女小萬佐々木の家來など。
能因法師
(1920年)
岡本綺堂
60分以内
  20,756 文字
登場人物能因法師藤原節信能因の弟子良因花園少將少將の奧園生伏柴の加賀陰陽師阿部正親[#改ページ...
能因法師 岡本綺堂
登場人物能因法師藤原節信能因の弟子良因花園少將少將の奧園生伏柴の加賀陰陽師阿部正親[#改ページ]藤原時代。
明治演劇年表 岡本綺堂
60分以内
  20,214 文字
明治時代の劇を研究する人々の参考にもなろうかと思って、左の演劇年表を作ってみた。
明治演劇年表 岡本綺堂
明治時代の劇を研究する人々の参考にもなろうかと思って、左の演劇年表を作ってみた。
平家蟹
(1912年)
岡本綺堂
60分以内
  15,548 文字
登場人物官女玉虫その妹玉琴那須与五郎宗春旅僧雨月官女呉羽の局同綾の局浜の女房おしお那須の家来弥...
平家蟹 岡本綺堂
登場人物官女玉虫その妹玉琴那須与五郎宗春旅僧雨月官女呉羽の局同綾の局浜の女房おしお那須の家来弥藤二ほかに那須の家来。
俳諧師
(1921年)
岡本綺堂
60分以内
  15,058 文字
登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫の娘お妙左官の女房お留[#改ページ]元祿の末年、師走の雪ふる夕暮。
俳諧師 岡本綺堂
登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫の娘お妙左官の女房お留[#改ページ]元祿の末年、師走の雪ふる夕暮。
蟹満寺縁起
(1913年)
岡本綺堂
30分以内
  11,981 文字
登場人物漆間の翁嫗(うば)娘里の青年(坂東三吉)蟹蛇蛙里のわらべなど[#改ページ]時代は昔、時...
蟹満寺縁起 岡本綺堂
登場人物漆間の翁嫗(うば)娘里の青年(坂東三吉)蟹蛇蛙里のわらべなど[#改ページ]時代は昔、時候は夏、場所は山城国。
青蛙堂鬼談 岡本綺堂
1時間〜
  130,094 文字
青蛙神「速達!」三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわたしの家の玄関に投げ込まれた。
青蛙堂鬼談 岡本綺堂
青蛙神「速達!」三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわたしの家の玄関に投げ込まれた。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  15,463 文字
第十四の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十四の男は語る。
青蛙神
(1931年)
岡本綺堂
1時間〜
  37,873 文字
第一幕の登場人物李中行その妻柳その忰中二その娘阿香高田圭吉旅の男[#改ページ]第一幕時は現代。
青蛙神 岡本綺堂
第一幕の登場人物李中行その妻柳その忰中二その娘阿香高田圭吉旅の男[#改ページ]第一幕時は現代。
鳥辺山心中 岡本綺堂
1時間〜
  24,359 文字
裏の溝川で秋の蛙(かわず)が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂しい心持ちで聴いていた。
鳥辺山心中 岡本綺堂
裏の溝川で秋の蛙(かわず)が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂しい心持ちで聴いていた。
綺堂むかし語り 岡本綺堂
1時間〜
  200,863 文字
[#ページの左右中央]※(せん)思い出草[#改丁]思い出草赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年...
綺堂むかし語り 岡本綺堂
[#ページの左右中央]※(せん)思い出草[#改丁]思い出草赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年も住んでいる。
百物語 岡本綺堂
10分以内
  3,836 文字
今から八十年ほどの昔――と言いかけて、O君は自分でも笑い出した。
百物語 岡本綺堂
今から八十年ほどの昔――と言いかけて、O君は自分でも笑い出した。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
5分以内
  533 文字
一、この一巻は六朝・唐・五代・宋・金・元・明・清の小説筆記の類から二百二十種の怪奇談を抄出した。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
一、この一巻は六朝・唐・五代・宋・金・元・明・清の小説筆記の類から二百二十種の怪奇談を抄出した。
世界怪談名作集 岡本綺堂
5分以内
  1,293 文字
外国にも怪談は非常に多い。
世界怪談名作集 岡本綺堂
外国にも怪談は非常に多い。
亡びゆく花 岡本綺堂
5分以内
  1,495 文字
からたちは普通に枳殻と書くが、大槻博士の『言海』によるとそれは誤りで、唐橘と書くべきだそうである。
亡びゆく花 岡本綺堂
からたちは普通に枳殻と書くが、大槻博士の『言海』によるとそれは誤りで、唐橘と書くべきだそうである。
修禅寺物語
(1911年)
岡本綺堂
5分以内
  1,582 文字
この脚本は『文芸倶楽部』の一月号に掲載せられたもので、相変らず甘いお芝居。
修禅寺物語 岡本綺堂
この脚本は『文芸倶楽部』の一月号に掲載せられたもので、相変らず甘いお芝居。
半七捕物帳の思い出
(1927年)
岡本綺堂
5分以内
  1,584 文字
初めて「半七捕物帳」を書こうと思い付いたのは、大正五年の四月頃とおぼえています。
半七捕物帳の思い出 岡本綺堂
初めて「半七捕物帳」を書こうと思い付いたのは、大正五年の四月頃とおぼえています。
銀座の朝
(1901年)
岡本綺堂
5分以内
  1,601 文字
夏の日の朝まだきに、瓜の皮、竹の皮、巻烟草の吸殻さては紙屑なんどの狼籍たるを踏みて、眠れる銀座...
銀座の朝 岡本綺堂
夏の日の朝まだきに、瓜の皮、竹の皮、巻烟草の吸殻さては紙屑なんどの狼籍たるを踏みて、眠れる銀座の大通にたたずめば、ここが首府の中央かと疑わるるばかりに、一種荒凉の感を覚うれど、夜の衣の次第にうすくかつ剥(は)げて、曙(あけぼの)の光の東より開くと共に、万物皆生きて動き出ずるを見ん。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。