1時間〜で読める岡本綺堂の長編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編31作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,000文字〜の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜31件 / 全31件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
玉藻の前 岡本 綺堂
1時間〜
  141,751 文字
清水詣で「ほう、よい月じゃ。
玉藻の前 岡本 綺堂
1時間〜
探偵夜話 岡本 綺堂
1時間〜
  149,671 文字
火薬庫例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
探偵夜話 岡本 綺堂
1時間〜
小坂部姫 岡本 綺堂
1時間〜
  107,377 文字
双ヶ岡「物申う、案内申う。
小坂部姫 岡本 綺堂
1時間〜
正雪の二代目 岡本 綺堂
1時間〜
  43,203 文字
登場人物大泉伴左衞門千島雄之助深堀平九郎津村彌平次本庄...
正雪の二代目 岡本 綺堂
1時間〜
番町皿屋敷 岡本 綺堂
1時間〜
  36,409 文字
「桜はよく咲いたのう」二十四五歳かとも見える若い侍が麹...
番町皿屋敷 岡本 綺堂
1時間〜
人狼 岡本 綺堂
1時間〜
  26,892 文字
登場人物田原弥三郎弥三郎の妻おいよ弥三郎の妹お妙猟師源...
人狼 岡本 綺堂
1時間〜
明治劇談 ランプの下にて 岡本 綺堂
1時間〜
  158,186 文字
目次小守田勘弥新富座の大岡政談――元園町の草原――長唄...
明治劇談 ランプの下にて 岡本 綺堂
1時間〜
箕輪の心中 岡本 綺堂
1時間〜
  31,754 文字
登場人物藤枝外記外記の妹お縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞...
箕輪の心中 岡本 綺堂
1時間〜
青蛙堂鬼談 岡本 綺堂
1時間〜
  129,641 文字
青蛙神「速達!」三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわ...
青蛙堂鬼談 岡本 綺堂
1時間〜
青蛙神 岡本 綺堂
1時間〜
  37,696 文字
第一幕の登場人物李中行その妻柳その忰中二その娘阿香高田...
青蛙神 岡本 綺堂
1時間〜
鳥辺山心中 岡本 綺堂
1時間〜
  24,161 文字
裏の溝川で秋の蛙が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂し...
鳥辺山心中 岡本 綺堂
1時間〜
綺堂むかし語り 岡本 綺堂
1時間〜
  198,295 文字
[#ページの左右中央]※(せん)思い出草[#改丁]思い...
綺堂むかし語り 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  24,227 文字
極月の十三日――極月などという言葉はこのごろ流行らない...
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  24,556 文字
明治二十六年の十一月なかばの宵である。
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  25,035 文字
こんにちでも全く跡を絶ったというのではないが、東京市中...
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  25,053 文字
ある年の夏、わたしが房州の旅から帰って、形ばかりの土産...
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  25,249 文字
四月なかばの土曜日の宵である。
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  27,404 文字
これも明治三十年の秋と記憶している。
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
寄席と芝居と 岡本 綺堂
1時間〜
  27,516 文字
高坐の牡丹燈籠明治時代の落語家と一と口に云っても、その...
寄席と芝居と 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  27,931 文字
明治三十年三月十五日の暁方に、吉原仲の町の引手茶屋桐半...
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
深見夫人の死 岡本 綺堂
1時間〜
  28,489 文字
実業家深見家の夫人多代子が一月下旬のある夜に、熱海の海...
深見夫人の死 岡本 綺堂
1時間〜
勘平の死 岡本 綺堂
1時間〜
  31,255 文字
登場人物初演配役和泉屋与兵衛(団右衛門)女房おさき(菊...
勘平の死 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  31,966 文字
なにかの話から、神田の柳原の噂が出たときに、老人はこう...
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  35,817 文字
秋の宵であった。
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
権三と助十 岡本 綺堂
1時間〜
  38,843 文字
登場人物駕籠かき權三權三の女房おかん駕籠かき助十助十の...
権三と助十 岡本 綺堂
1時間〜
箕輪心中 岡本 綺堂
1時間〜
  49,053 文字
お米と十吉とは南向きの縁に仲よく肩をならべて、なんにも...
箕輪心中 岡本 綺堂
1時間〜
両国の秋 岡本 綺堂
1時間〜
  64,868 文字
「ことしの残暑は随分ひどいね」お絹は楽屋へはいって水色...
両国の秋 岡本 綺堂
1時間〜
籠釣瓶 岡本 綺堂
1時間〜
  70,560 文字
次郎左衛門が野州佐野の宿を出る朝は一面に白い霜が降りていた。
籠釣瓶 岡本 綺堂
1時間〜
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
  84,364 文字
文化九年――申年の正月十八日の夜である。
半七捕物帳 岡本 綺堂
1時間〜
飛騨の怪談 岡本 綺堂
1時間〜
  110,915 文字
綺堂君、足下。
飛騨の怪談 岡本 綺堂
1時間〜
三浦老人昔話 岡本 綺堂
1時間〜
  120,986 文字
桐畑の太夫今から二十年あまりの昔である。
三浦老人昔話 岡本 綺堂
1時間〜