🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める岡本綺堂の長編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編31作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜31件 / 全31件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
玉藻の前 岡本綺堂
1時間〜
  142,894 文字
清水詣で「ほう、よい月じゃ。
玉藻の前 岡本綺堂
清水詣で「ほう、よい月じゃ。
探偵夜話 岡本綺堂
1時間〜
  149,955 文字
火薬庫例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
探偵夜話 岡本綺堂
火薬庫例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。
飛騨の怪談
(1912年)
岡本綺堂
1時間〜
  116,904 文字
綺堂君、足下。
飛騨の怪談 岡本綺堂
綺堂君、足下。
小坂部姫
(1920年)
岡本綺堂
1時間〜
  107,982 文字
双ヶ岡「物申う、案内申う。
小坂部姫 岡本綺堂
双ヶ岡「物申う、案内申う。
正雪の二代目
(1927年)
岡本綺堂
1時間〜
  43,235 文字
登場人物大泉伴左衞門千島雄之助深堀平九郎津村彌平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏山杉甚作備前屋長七下...
正雪の二代目 岡本綺堂
登場人物大泉伴左衞門千島雄之助深堀平九郎津村彌平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏山杉甚作備前屋長七下總屋義平義平の母おかめ大泉の妹お千代大泉の女中およし同じくおみつ下總屋の若い者時助同じく勘八下總屋の小僧仙吉下總屋の女中おとよ番太郎權兵衞與力井口金太夫同心野澤喜十郎町の娘おもと同じくおきんほ...
番町皿屋敷 岡本綺堂
1時間〜
  36,873 文字
「桜はよく咲いたのう」二十四五歳かとも見える若い侍が麹町の山王の社頭の石段に立って、自分の頭の...
番町皿屋敷 岡本綺堂
「桜はよく咲いたのう」二十四五歳かとも見える若い侍が麹町の山王の社頭の石段に立って、自分の頭の上に落ちかかって来るような花の雲を仰いだ。
人狼
(1931年)
岡本綺堂
1時間〜
  26,986 文字
登場人物田原弥三郎弥三郎の妻おいよ弥三郎の妹お妙猟師源五郎ホルトガルの宣教師モウロモウロの弟子...
人狼 岡本綺堂
登場人物田原弥三郎弥三郎の妻おいよ弥三郎の妹お妙猟師源五郎ホルトガルの宣教師モウロモウロの弟子正吉村の男善助小坊主昭全村の娘おあさ、おつぎ[#改ページ]第一幕桃山時代の末期、慶長初年の頃。
明治劇談 ランプの下にて
(1935年)
岡本綺堂
1時間〜
  159,439 文字
目次小守田勘弥新富座の大岡政談――元園町の草原――長唄と常磐津の挟み撃ち――外国人の引幕――風...
明治劇談 ランプの下にて 岡本綺堂
目次小守田勘弥新富座の大岡政談――元園町の草原――長唄と常磐津の挟み撃ち――外国人の引幕――風月堂の西洋菓子新富座見物左団次の渥美五郎――劇場の福草履――島原の芝居――劇場外の散歩――「勧進帳」市川団十郎団十郎の部屋――芝居の改良はこれから――芝居の飲食物――外国人の書面――後代の面目似顔絵と双六「霜夜鐘十字辻筮」――芝居の草双紙――絵双紙屋――春近しの感―...
箕輪の心中
(1911年)
岡本綺堂
1時間〜
  31,877 文字
登場人物藤枝外記外記の妹お縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞門中間角助菩提寺の僧百姓十吉十吉の母お時...
箕輪の心中 岡本綺堂
登場人物藤枝外記外記の妹お縫吉田五郎三郎用人堀部三左衞門中間角助菩提寺の僧百姓十吉十吉の母お時村のむすめお米大菱屋綾衣新造綾鶴若い者喜介ほかに花見の男女茶屋娘眼かづら賣小坊主若侍水屋燈籠屋新内語廓(くるわ)の者盆唄の娘子供など[#改ページ]第一幕第一場向島の木母寺。
青蛙堂鬼談 岡本綺堂
1時間〜
  130,094 文字
青蛙神「速達!」三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわたしの家の玄関に投げ込まれた。
青蛙堂鬼談 岡本綺堂
青蛙神「速達!」三月三日の午ごろに、一通の速達郵便がわたしの家の玄関に投げ込まれた。
青蛙神
(1931年)
岡本綺堂
1時間〜
  37,873 文字
第一幕の登場人物李中行その妻柳その忰中二その娘阿香高田圭吉旅の男[#改ページ]第一幕時は現代。
青蛙神 岡本綺堂
第一幕の登場人物李中行その妻柳その忰中二その娘阿香高田圭吉旅の男[#改ページ]第一幕時は現代。
鳥辺山心中 岡本綺堂
1時間〜
  24,359 文字
裏の溝川で秋の蛙(かわず)が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂しい心持ちで聴いていた。
鳥辺山心中 岡本綺堂
裏の溝川で秋の蛙(かわず)が枯れがれに鳴いているのを、お染は寂しい心持ちで聴いていた。
綺堂むかし語り 岡本綺堂
1時間〜
  200,863 文字
[#ページの左右中央]※(せん)思い出草[#改丁]思い出草赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年...
綺堂むかし語り 岡本綺堂
[#ページの左右中央]※(せん)思い出草[#改丁]思い出草赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年も住んでいる。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  24,242 文字
極月の十三日――極月などという言葉はこのごろ流行らないが、この話は極月十三日と大時代に云った方...
半七捕物帳 岡本綺堂
極月の十三日――極月などという言葉はこのごろ流行らないが、この話は極月十三日と大時代に云った方が何だか釣り合いがいいようである。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  24,664 文字
明治二十六年の十一月なかばの宵である。
半七捕物帳 岡本綺堂
明治二十六年の十一月なかばの宵である。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  25,151 文字
こんにちでも全く跡を絶ったというのではないが、東京市中に飴売りのすがたを見ることが少なくなった。
半七捕物帳 岡本綺堂
こんにちでも全く跡を絶ったというのではないが、東京市中に飴売りのすがたを見ることが少なくなった。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  25,184 文字
ある年の夏、わたしが房州の旅から帰って、形ばかりの土産物をたずさえて半七老人を訪問すると、若い...
半七捕物帳 岡本綺堂
ある年の夏、わたしが房州の旅から帰って、形ばかりの土産物をたずさえて半七老人を訪問すると、若いときから避暑旅行などをしたことの無いという老人は、喜んで海水浴場の話などを聴いた。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  25,354 文字
四月なかばの土曜日の宵である。
半七捕物帳 岡本綺堂
四月なかばの土曜日の宵である。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  27,460 文字
これも明治三十年の秋と記憶している。
半七捕物帳 岡本綺堂
これも明治三十年の秋と記憶している。
寄席と芝居と 岡本綺堂
1時間〜
  27,561 文字
高坐の牡丹燈籠明治時代の落語家と一と口に云っても、その真打株の中で、いわゆる落とし話を得意とす...
寄席と芝居と 岡本綺堂
高坐の牡丹燈籠明治時代の落語家と一と口に云っても、その真打株の中で、いわゆる落とし話を得意とする人と、人情話を得意とする人との二種がある。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  28,031 文字
明治三十年三月十五日の暁方に、吉原仲の町の引手茶屋桐半の裏手から出火して、廓内百六十戸ほどを焼...
半七捕物帳 岡本綺堂
明治三十年三月十五日の暁方に、吉原仲の町の引手茶屋桐半の裏手から出火して、廓内百六十戸ほどを焼いたことがある。
深見夫人の死
(1930年)
岡本綺堂
1時間〜
  28,611 文字
実業家深見家の夫人多代子が一月下旬のある夜に、熱海の海岸から投身自殺を遂げたという新聞記事が世...
深見夫人の死 岡本綺堂
実業家深見家の夫人多代子が一月下旬のある夜に、熱海の海岸から投身自殺を遂げたという新聞記事が世間を騒がした。
勘平の死
(1925年)
岡本綺堂
1時間〜
  31,256 文字
登場人物初演配役和泉屋与兵衛(団右衛門)女房おさき(菊三郎)倅角太郎娘おてる(福之丞)仲働きお...
勘平の死 岡本綺堂
登場人物初演配役和泉屋与兵衛(団右衛門)女房おさき(菊三郎)倅角太郎娘おてる(福之丞)仲働きお冬(栄三郎)番頭伝兵衛同じく弥助同じく和吉(男女蔵)大和屋十右衛門(彦三郎)三河町の半七(菊五郎)その妹おくめ(竹三郎)常磐津文字清(鬼丸)半七の子分亀吉(伊三郎)同じく幸次郎(鯉三郎)ほかに女中。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  32,095 文字
なにかの話から、神田の柳原の噂が出たときに、老人はこう語った。
半七捕物帳 岡本綺堂
なにかの話から、神田の柳原の噂が出たときに、老人はこう語った。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  35,899 文字
秋の宵であった。
半七捕物帳 岡本綺堂
秋の宵であった。
権三と助十 岡本綺堂
1時間〜
  39,178 文字
登場人物駕籠かき權三權三の女房おかん駕籠かき助十助十の弟助八家主六郎兵衞小間物屋彦兵衞彦兵衞の...
権三と助十 岡本綺堂
登場人物駕籠かき權三權三の女房おかん駕籠かき助十助十の弟助八家主六郎兵衞小間物屋彦兵衞彦兵衞のせがれ彦三郎左官屋勘太郎猿まはし與助願人坊主雲哲おなじく願哲石子伴作ほかに長屋の男女娘子供捕方駕籠舁(かき)など第一幕享保時代。
箕輪心中 岡本綺堂
1時間〜
  49,515 文字
お米と十吉とは南向きの縁に仲よく肩をならべて、なんにも言わずに碧(あお)い空をうっとりと見あげ...
箕輪心中 岡本綺堂
お米と十吉とは南向きの縁に仲よく肩をならべて、なんにも言わずに碧(あお)い空をうっとりと見あげていた。
両国の秋 岡本綺堂
1時間〜
  65,292 文字
「ことしの残暑は随分ひどいね」お絹は楽屋へはいって水色の※※(かみしも)をぬいだ。
両国の秋 岡本綺堂
「ことしの残暑は随分ひどいね」お絹は楽屋へはいって水色の※※(かみしも)をぬいだ。
籠釣瓶 岡本綺堂
1時間〜
  70,923 文字
次郎左衛門が野州佐野の宿を出る朝は一面に白い霜が降りていた。
籠釣瓶 岡本綺堂
次郎左衛門が野州佐野の宿を出る朝は一面に白い霜が降りていた。
半七捕物帳 岡本綺堂
1時間〜
  84,783 文字
文化九年――申年の正月十八日の夜である。
半七捕物帳 岡本綺堂
文化九年――申年の正月十八日の夜である。
三浦老人昔話 岡本綺堂
1時間〜
  121,387 文字
桐畑の太夫今から二十年あまりの昔である。
三浦老人昔話 岡本綺堂
桐畑の太夫今から二十年あまりの昔である。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。