60分以内で読める岡本綺堂の中編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品102篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全102件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  17,887文字
  主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
  14,475文字
  (伊豆の修禅寺(しゅぜんじ)に頼家(よりいえ)の面(おもて)…
修禅寺物語岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,238文字
  わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行は…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,323文字
  わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,888文字
  歴史小説の老大家T先生を赤坂のお宅に訪問して、江戸のむかしの…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,004文字
 半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれ…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,293文字
 ある年の正月に私はまた老人をたずねた。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,354文字
 二月以来、わたしは自分の仕事が忙がしいので、半七老人の家(う…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  13,581文字
 第十五の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,618文字
 半七老人を久し振りでたずねたのは、十一月はじめの時雨(しぐ)…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
影を踏まれた女岡本綺堂
60分以内
  12,215文字
 Y君は語る。
影を踏まれた女岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,053文字
 半月ばかりの避暑旅行を終って、わたしが東京へ帰って来たのは八…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,000文字
 「あなたはお芝居が好きだから、河内山(こうちやま)の狂言を御…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,163文字
 「今ではすっかり埋められてしまって跡方も残っていませんが、こ…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
鰻に呪われた男岡本綺堂
60分以内
  16,320文字
 「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
鰻に呪われた男岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  19,079文字
 むかしの正本(しょうほん)風に書くと、本舞台一面の平ぶたい、…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
岡本綺堂
60分以内
  21,081文字
 登場人物――重兵衛(じゅうべえ)。
岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,089文字
「安政三年……十一月の十六日と覚えています。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,584文字
半七老人の家には小さい三毛(みけ)猫が飼ってあった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
番町皿屋敷岡本綺堂
60分以内
  12,844文字
麹町、山王下。
番町皿屋敷岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,360文字
明治廿五年の春ごろの新聞をみたことのある人たちは記憶している…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,417文字
「お約束……。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  19,917文字
安政と年号のあらたまった年の三月十八日であった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  20,195文字
老人とわたしと差し向いで、五月の雨のふる日曜日を小半日も語り…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,316文字
ある年の正月、門松(かどまつ)のまだ取れないうちに赤坂の家(…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  12,912文字
慶応二年の夏は不順の陽気で、綿ぬきという四月にも綿衣(わたい…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
佐々木高綱岡本綺堂
60分以内
  12,611文字
佐々木の家來など。
佐々木高綱岡本綺堂
60分以内
能因法師岡本綺堂
60分以内
  18,614文字
藤原時代。
能因法師岡本綺堂
60分以内
明治演劇年表岡本綺堂
60分以内
  18,596文字
明治時代の劇を研究する人々の参考にもなろうかと思って、左の演…
明治演劇年表岡本綺堂
60分以内
平家蟹岡本綺堂
60分以内
  14,570文字
ほかに那須の家来。
平家蟹岡本綺堂
60分以内
俳諧師岡本綺堂
60分以内
  13,573文字
元祿の末年、師走の雪ふる夕暮。
俳諧師岡本綺堂
60分以内
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
  15,402文字
第十四の男は語る。
中国怪奇小説集岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  15,926文字
江戸っ子は他国の土を踏まないのを一種の誇りとしているので、大…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  15,985文字
「いつかは弁天娘のお話をしましたから、きょうは鬼むすめのお話…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,605文字
神信心という話の出たときに、半七老人は云った。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,596文字
その頃、わたしはかなり忙がしい仕事を持っていたので、どうかす…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,295文字
明治三十二年の秋とおぼえている。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,565文字
なにかのことから大岡政談の話が出たときに、半七老人は云った。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  14,725文字
八月はじめの朝、わたしが赤坂へたずねてゆくと、半七老人は縁側…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  18,248文字
「江戸時代の隠密(おんみつ)というのはどういう役なんですね」…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,455文字
わたしがいつでも通される横六畳の座敷には、そこに少しく不釣合…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  18,475文字
十月のなかばであった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  18,637文字
五月のはじめに赤坂をたずねると、半七老人は格子のまえに立って…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,411文字
「年代はたしかに覚えていませんが、あやつり芝居が猿若町(さる…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  16,694文字
文久元年三月十七日の夕六ツ頃であった。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  15,909文字
久し振りで半七老人に逢うと、それがまた病みつきになって、わた…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,833文字
「また怪談ですかえ」と、半七老人は笑った。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  13,305文字
芝、田町(たまち)の鋳掛屋(いかけや)庄五郎が川崎の厄除(や…
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  18,546文字
「残念、残念。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内
  17,558文字
半七老人は例の調子で笑いながら話し出した。
半七捕物帳岡本綺堂
60分以内