🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める岡本綺堂の中編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編101作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全101件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  17,923 文字
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。
修禅寺物語
(1911年)
岡本綺堂
60分以内
  15,100 文字
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。
修禅寺物語 岡本綺堂
(伊豆の修禅寺に頼家の面というあり。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,505 文字
わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行はれた化物屋敷の不入の間や、嫉み深い...
半七捕物帳 岡本綺堂
わたしの叔父は江戸の末期に生れたので、その時代に最も多く行はれた化物屋敷の不入の間や、嫉み深い女の生靈や、執念深い男の死靈や、さうしたたぐひの陰慘な幽怪な傳説を澤山に知つてゐた。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  13,526 文字
第十五の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十五の男は語る。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,681 文字
わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行なわれた化け物屋敷の不入の間や、嫉...
半七捕物帳 岡本綺堂
わたしの叔父は江戸の末期に生まれたので、その時代に最も多く行なわれた化け物屋敷の不入の間や、嫉み深い女の生霊や、執念深い男の死霊や、そうしたたぐいの陰惨な幽怪な伝説をたくさんに知っていた。
木曽の旅人
(1897年)
岡本綺堂
60分以内
  12,269 文字
T君は語る。
木曽の旅人 岡本綺堂
T君は語る。
鰻に呪われた男
(1931年)
岡本綺堂
60分以内
  16,910 文字
「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
鰻に呪われた男 岡本綺堂
「わたくしはこの温泉へ三十七年つづけて参ります。
影を踏まれた女
(1925年)
岡本綺堂
60分以内
  12,879 文字
Y君は語る。
影を踏まれた女 岡本綺堂
Y君は語る。
番町皿屋敷 岡本綺堂
60分以内
  14,086 文字
登場人物青山播磨用人柴田十太夫奴權次權六青山の腰元お菊お仙澁川の後室眞弓放駒四郎兵衞並木の長吉...
番町皿屋敷 岡本綺堂
登場人物青山播磨用人柴田十太夫奴權次權六青山の腰元お菊お仙澁川の後室眞弓放駒四郎兵衞並木の長吉橋場の仁助聖天の萬藏田町の彌作ほかに若党陸尺茶屋の娘など第一場麹町、山王下。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  17,416 文字
半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれた。
半七捕物帳 岡本綺堂
半七老人は或るとき彼のむかしの身分について詳しい話をしてくれた。

(1936年)
岡本綺堂
60分以内
  21,901 文字
登場人物――重兵衛。
岡本綺堂
登場人物――重兵衛。
佐々木高綱
(1914年)
岡本綺堂
60分以内
  13,390 文字
登場人物佐々木四郎高綱その娘薄衣佐々木小太郎定重馬飼子之介その姉おみの高野の僧智山鹿島與甲賀六...
佐々木高綱 岡本綺堂
登場人物佐々木四郎高綱その娘薄衣佐々木小太郎定重馬飼子之介その姉おみの高野の僧智山鹿島與甲賀六郎侍女小萬佐々木の家來など。
能因法師
(1920年)
岡本綺堂
60分以内
  20,756 文字
登場人物能因法師藤原節信能因の弟子良因花園少將少將の奧園生伏柴の加賀陰陽師阿部正親[#改ページ...
能因法師 岡本綺堂
登場人物能因法師藤原節信能因の弟子良因花園少將少將の奧園生伏柴の加賀陰陽師阿部正親[#改ページ]藤原時代。
明治演劇年表 岡本綺堂
60分以内
  20,214 文字
明治時代の劇を研究する人々の参考にもなろうかと思って、左の演劇年表を作ってみた。
明治演劇年表 岡本綺堂
明治時代の劇を研究する人々の参考にもなろうかと思って、左の演劇年表を作ってみた。
平家蟹
(1912年)
岡本綺堂
60分以内
  15,548 文字
登場人物官女玉虫その妹玉琴那須与五郎宗春旅僧雨月官女呉羽の局同綾の局浜の女房おしお那須の家来弥...
平家蟹 岡本綺堂
登場人物官女玉虫その妹玉琴那須与五郎宗春旅僧雨月官女呉羽の局同綾の局浜の女房おしお那須の家来弥藤二ほかに那須の家来。
俳諧師
(1921年)
岡本綺堂
60分以内
  15,058 文字
登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫の娘お妙左官の女房お留[#改ページ]元祿の末年、師走の雪ふる夕暮。
俳諧師 岡本綺堂
登場人物俳諧師鬼貫路通鬼貫の娘お妙左官の女房お留[#改ページ]元祿の末年、師走の雪ふる夕暮。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  15,463 文字
第十四の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十四の男は語る。

(1925年)
岡本綺堂
60分以内
  12,178 文字
Y君は語る。
岡本綺堂
Y君は語る。
女侠伝
(1927年)
岡本綺堂
60分以内
  12,270 文字
I君は語る。
女侠伝 岡本綺堂
I君は語る。
経帷子の秘密 岡本綺堂
60分以内
  12,315 文字
吉田君は語る。
経帷子の秘密 岡本綺堂
吉田君は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  12,434 文字
第四の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第四の男は語る。

(1928年)
岡本綺堂
60分以内
  12,445 文字
わたしはこれから邦原君の話を紹介したい。
岡本綺堂
わたしはこれから邦原君の話を紹介したい。
鴛鴦鏡
(1928年)
岡本綺堂
60分以内
  12,498 文字
Y君は語る。
鴛鴦鏡 岡本綺堂
Y君は語る。
五色蟹 岡本綺堂
60分以内
  12,529 文字
わたしはさきに「山椒の魚」という短い探偵物語を紹介した。
五色蟹 岡本綺堂
わたしはさきに「山椒の魚」という短い探偵物語を紹介した。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  12,531 文字
これも例の半七老人の話である。
半七捕物帳 岡本綺堂
これも例の半七老人の話である。
近松半二の死
(1928年)
岡本綺堂
60分以内
  12,596 文字
登場人物近松半二竹本染太夫鶴澤吉治竹本座の手代庄吉祇園町の娘お作女中おきよ醫者供の男天明三年、...
近松半二の死 岡本綺堂
登場人物近松半二竹本染太夫鶴澤吉治竹本座の手代庄吉祇園町の娘お作女中おきよ醫者供の男天明三年、二月下旬の午後。
鐘ヶ淵
(1925年)
岡本綺堂
60分以内
  12,648 文字
I君は語る。
鐘ヶ淵 岡本綺堂
I君は語る。
影を踏まれた女
(1925年)
岡本綺堂
60分以内
  12,815 文字
Y君は語る。
影を踏まれた女 岡本綺堂
Y君は語る。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  12,948 文字
慶応二年の夏は不順の陽気で、綿ぬきという四月にも綿衣をかさねてふるえている始末であったが、六月...
半七捕物帳 岡本綺堂
慶応二年の夏は不順の陽気で、綿ぬきという四月にも綿衣をかさねてふるえている始末であったが、六月になってもとかく冷え勝ちで、五月雨の降り残りが此の月にまでこぼれ出して、煙のような細雨が毎日しとしとと降りつづいた。
廿九日の牡丹餅
(1936年)
岡本綺堂
60分以内
  13,101 文字
六月末の新聞にこんな記事が発見された。
廿九日の牡丹餅 岡本綺堂
六月末の新聞にこんな記事が発見された。
心中浪華の春雨 岡本綺堂
60分以内
  13,599 文字
寛延二己巳年の二月から三月にかけて、大坂は千日前に二つの首が獄門に梟(か)けられた。
心中浪華の春雨 岡本綺堂
寛延二己巳年の二月から三月にかけて、大坂は千日前に二つの首が獄門に梟(か)けられた。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  13,613 文字
第五の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第五の男は語る。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  13,769 文字
芝、田町の鋳掛屋庄五郎が川崎の厄除大師へ参詣すると云って家を出たのは、元治元年三月二十一日の暁...
半七捕物帳 岡本綺堂
芝、田町の鋳掛屋庄五郎が川崎の厄除大師へ参詣すると云って家を出たのは、元治元年三月二十一日の暁方であった。
慈悲心鳥
(1920年)
岡本綺堂
60分以内
  13,900 文字
人びとの話が代るがわるにここまで進んで来た時に、玄関の書生が「速達でございます。
慈悲心鳥 岡本綺堂
人びとの話が代るがわるにここまで進んで来た時に、玄関の書生が「速達でございます。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  14,065 文字
第九の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第九の男は語る。
ゆず湯 岡本綺堂
60分以内
  14,357 文字
本日ゆず湯というビラを見ながら、わたしは急に春に近づいたような気分になって、いつもの湯屋の格子...
ゆず湯 岡本綺堂
本日ゆず湯というビラを見ながら、わたしは急に春に近づいたような気分になって、いつもの湯屋の格子をくぐると、出あいがしらに建具屋のおじいさんが濡れ手拭で額をふきながら出て来た。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  14,783 文字
八月はじめの朝、わたしが赤坂へたずねてゆくと、半七老人は縁側に薄縁をしいて、新聞を読んでいた。
半七捕物帳 岡本綺堂
八月はじめの朝、わたしが赤坂へたずねてゆくと、半七老人は縁側に薄縁をしいて、新聞を読んでいた。
修禅寺物語
(1911年)
岡本綺堂
60分以内
  14,859 文字
(伊豆の修禪寺に頼家の面といふあり。
修禅寺物語 岡本綺堂
(伊豆の修禪寺に頼家の面といふあり。
異妖編
(1924年)
岡本綺堂
60分以内
  15,012 文字
K君はこの座中で第一の年長者であるだけに、江戸時代の怪異談をたくさんに知っていて、それからそれ...
異妖編 岡本綺堂
K君はこの座中で第一の年長者であるだけに、江戸時代の怪異談をたくさんに知っていて、それからそれへと立て続けに五、六題の講話があった。
怪獣
(1934年)
岡本綺堂
60分以内
  15,072 文字
「やあ、あなたも……。
怪獣 岡本綺堂
「やあ、あなたも……。
恨みの蠑螺
(1934年)
岡本綺堂
60分以内
  15,200 文字
文政四年の四月は相州江の島弁財天の開帳で、島は勿論、藤沢から片瀬にかよう路々もおびただしい繁昌...
恨みの蠑螺 岡本綺堂
文政四年の四月は相州江の島弁財天の開帳で、島は勿論、藤沢から片瀬にかよう路々もおびただしい繁昌を見せていた。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
60分以内
  15,711 文字
第二の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第二の男は語る。
岡本綺堂
60分以内
  16,141 文字
大田蜀山人の「壬戌(じんじゅつ)紀行」に木曾街道の奈良井の宿のありさまを叙して「奈良井の駅舎を...
岡本綺堂
大田蜀山人の「壬戌(じんじゅつ)紀行」に木曾街道の奈良井の宿のありさまを叙して「奈良井の駅舎を見わたせば梅、桜、彼岸ざくら、李(すもも)の花、枝をまじえて、春のなかばの心地せらる。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,154 文字
江戸っ子は他国の土を踏まないのを一種の誇りとしているので、大体に旅嫌いであるが、半七老人もやは...
半七捕物帳 岡本綺堂
江戸っ子は他国の土を踏まないのを一種の誇りとしているので、大体に旅嫌いであるが、半七老人もやはりその一人で、若い時からよんどころない場合のほかには、めったに旅をしたことが無いそうである。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,379 文字
「あなたはお芝居が好きだから、河内山の狂言を御存知でしょう。
半七捕物帳 岡本綺堂
「あなたはお芝居が好きだから、河内山の狂言を御存知でしょう。
馬妖記
(1927年)
岡本綺堂
60分以内
  16,382 文字
M君は語る。
馬妖記 岡本綺堂
M君は語る。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,406 文字
久し振りで半七老人に逢うと、それがまた病みつきになって、わたしはむやみに老人の話が聴きたくなった。
半七捕物帳 岡本綺堂
久し振りで半七老人に逢うと、それがまた病みつきになって、わたしはむやみに老人の話が聴きたくなった。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,484 文字
明治廿五年の春ごろの新聞をみたことのある人たちは記憶しているであろう。
半七捕物帳 岡本綺堂
明治廿五年の春ごろの新聞をみたことのある人たちは記憶しているであろう。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,495 文字
「いつかは弁天娘のお話をしましたから、きょうは鬼むすめのお話をしましょうか」と、半七老人は云った。
半七捕物帳 岡本綺堂
「いつかは弁天娘のお話をしましたから、きょうは鬼むすめのお話をしましょうか」と、半七老人は云った。
半七捕物帳 岡本綺堂
60分以内
  16,551 文字
「今ではすっかり埋められてしまって跡方も残っていませんが、ここが昔の帯取りの池というんですよ。
半七捕物帳 岡本綺堂
「今ではすっかり埋められてしまって跡方も残っていませんが、ここが昔の帯取りの池というんですよ。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。