🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

30分以内で読める岡本綺堂の短編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「30分以内」の短編59作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(4,001〜12,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全59件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
拷問の話
(1924年)
岡本綺堂
30分以内
  8,551 文字
天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に捕われて、伝馬町の牢屋へ送られた。
拷問の話 岡本綺堂
天保五、午年の四月十二日に播州無宿の吉五郎が江戸の町方の手に捕われて、伝馬町の牢屋へ送られた。
怪談一夜草紙
(1933年)
岡本綺堂
30分以内
  8,651 文字
お福さんという老女は語る。
怪談一夜草紙 岡本綺堂
お福さんという老女は語る。
画工と幽霊
(1902年)
岡本綺堂
30分以内
  7,758 文字
千八百八十四年、英国倫敦発刊の某雑誌に「最も奇なる、実に驚くべき怪談」と題して、頗(すこぶ)る...
画工と幽霊 岡本綺堂
千八百八十四年、英国倫敦発刊の某雑誌に「最も奇なる、実に驚くべき怪談」と題して、頗(すこぶ)る小説的の一種の妖怪談を掲載し、この世界の上には人間の想像すべからざる秘密又は不思議が存在しているに相違ない、これが即ち其(そ)の最も信ずべき有力の証拠であると称して、その妖怪を実地に見届けた本人(画工エリック)の談話を其(そ)のまま筆記してある。
山椒魚
(1928年)
岡本綺堂
30分以内
  9,002 文字
K君は語る。
山椒魚 岡本綺堂
K君は語る。
深川の老漁夫
(1927年)
岡本綺堂
30分以内
  5,369 文字
T君は語る。
深川の老漁夫 岡本綺堂
T君は語る。
自来也の話
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  4,570 文字
自来也も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。
自来也の話 岡本綺堂
自来也も芝居や草双紙でおなじみの深いものである。
蟹満寺縁起
(1913年)
岡本綺堂
30分以内
  11,981 文字
登場人物漆間の翁嫗(うば)娘里の青年(坂東三吉)蟹蛇蛙里のわらべなど[#改ページ]時代は昔、時...
蟹満寺縁起 岡本綺堂
登場人物漆間の翁嫗(うば)娘里の青年(坂東三吉)蟹蛇蛙里のわらべなど[#改ページ]時代は昔、時候は夏、場所は山城国。
郊外生活の一年
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  4,026 文字
震災以来、諸方を流転して、おちつかない日を送ること一年九ヵ月で、月並の文句ではあるが光陰流水の...
郊外生活の一年 岡本綺堂
震災以来、諸方を流転して、おちつかない日を送ること一年九ヵ月で、月並の文句ではあるが光陰流水の感に堪えない。
梟娘の話
(1923年)
岡本綺堂
30分以内
  4,031 文字
天保四年は癸(みずのと)巳年で、その夏四月の出来事である。
梟娘の話 岡本綺堂
天保四年は癸(みずのと)巳年で、その夏四月の出来事である。
春の修善寺
(1918年)
岡本綺堂
30分以内
  4,066 文字
十年ぶりで三島駅から大仁行の汽車に乗換えたのは、午後四時をすこし過ぎた頃であった。
春の修善寺 岡本綺堂
十年ぶりで三島駅から大仁行の汽車に乗換えたのは、午後四時をすこし過ぎた頃であった。
磯部の若葉
(1916年)
岡本綺堂
30分以内
  4,130 文字
今日もまた無数の小猫の毛を吹いたような細かい雨が、磯部の若葉を音もなしに湿らしている。
磯部の若葉 岡本綺堂
今日もまた無数の小猫の毛を吹いたような細かい雨が、磯部の若葉を音もなしに湿らしている。
島原の夢
(1924年)
岡本綺堂
30分以内
  4,463 文字
『戯場訓蒙図彙』や『東都歳事記』や、さてはもろもろの浮世絵にみる江戸の歌舞伎の世界は、たといそ...
島原の夢 岡本綺堂
『戯場訓蒙図彙』や『東都歳事記』や、さてはもろもろの浮世絵にみる江戸の歌舞伎の世界は、たといそれがいかばかり懐かしいものであっても、所詮は遠い昔の夢の夢であって、それに引かれ寄ろうとするにはあまりに縁が遠い。
岡本綺堂
30分以内
  5,104 文字
上「来年は丑(うし)だそうですが、何か牛に因んだようなお話はありませんか。
岡本綺堂
上「来年は丑(うし)だそうですが、何か牛に因んだようなお話はありませんか。
平造とお鶴
(1927年)
岡本綺堂
30分以内
  5,145 文字
N君は語る。
平造とお鶴 岡本綺堂
N君は語る。
明治時代の湯屋
(1938年)
岡本綺堂
30分以内
  5,313 文字
明治時代の湯屋について少しく調べたいことがあったので旧い雑記帳を引っくり返したり、旧い記憶を呼...
明治時代の湯屋 岡本綺堂
明治時代の湯屋について少しく調べたいことがあったので旧い雑記帳を引っくり返したり、旧い記憶を呼び起したりした。
火に追われて
(1923年)
岡本綺堂
30分以内
  5,434 文字
なんだか頭がまだほんとうに落ちつかないので、まとまったことは書けそうもない。
火に追われて 岡本綺堂
なんだか頭がまだほんとうに落ちつかないので、まとまったことは書けそうもない。
放し鰻
(1923年)
岡本綺堂
30分以内
  5,540 文字
E君は語る。
放し鰻 岡本綺堂
E君は語る。
秋の修善寺 岡本綺堂
30分以内
  5,702 文字
九月の末におくれ馳(ば)せの暑中休暇を得て、伊豆の修善寺温泉に浴し、養気館の新井方にとどまる。
秋の修善寺 岡本綺堂
九月の末におくれ馳(ば)せの暑中休暇を得て、伊豆の修善寺温泉に浴し、養気館の新井方にとどまる。
江戸の化物 岡本綺堂
30分以内
  5,703 文字
池袋の女江戸の代表的怪談といえば、まず第一に池袋の女というものを挙げなければなりません。
江戸の化物 岡本綺堂
池袋の女江戸の代表的怪談といえば、まず第一に池袋の女というものを挙げなければなりません。
思い出草
(1910年)
岡本綺堂
30分以内
  5,941 文字
赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年も住んでいる。
思い出草 岡本綺堂
赤蜻蛉私は麹町元園町一丁目に約三十年も住んでいる。
ランス紀行 岡本綺堂
30分以内
  6,209 文字
六月七日、午前六時頃にベッドを這い降りて寒暖計をみると八十度。
ランス紀行 岡本綺堂
六月七日、午前六時頃にベッドを這い降りて寒暖計をみると八十度。
御堀端三題
(1937年)
岡本綺堂
30分以内
  6,392 文字
柳のかげ海に山に、凉風に浴した思い出も色々あるが、最も忘れ得ないのは少年時代の思い出である。
御堀端三題 岡本綺堂
柳のかげ海に山に、凉風に浴した思い出も色々あるが、最も忘れ得ないのは少年時代の思い出である。
マレー俳優の死
(1926年)
岡本綺堂
30分以内
  6,436 文字
「海老の天ぷら、菜のひたしもの、蠣(かき)鍋、奴豆腐、えびと鞘豌豆の茶碗もり――こういう料理を...
マレー俳優の死 岡本綺堂
「海老の天ぷら、菜のひたしもの、蠣(かき)鍋、奴豆腐、えびと鞘豌豆の茶碗もり――こういう料理をテーブルの上にならべられた時には、僕もまったく故郷へ帰ったような心持がしましたよ。
停車場の少女
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  6,569 文字
「こんなことを申上げますと、なんだか嘘らしいやうに思召すかも知れませんが、これはほんたうの事で...
停車場の少女 岡本綺堂
「こんなことを申上げますと、なんだか嘘らしいやうに思召すかも知れませんが、これはほんたうの事で、わたくしが現在出会つたのでございますから、どうか其(その)思召でお聴きください。
薬前薬後
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  6,603 文字
草花と果物盂蘭盆の迎い火を焚くという七月十三日のゆう方に、わたしは突然に強い差込みに襲われて仆...
薬前薬後 岡本綺堂
草花と果物盂蘭盆の迎い火を焚くという七月十三日のゆう方に、わたしは突然に強い差込みに襲われて仆(たお)れた。
停車場の少女
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  6,610 文字
「こんなことを申しますと、なんだか嘘らしいように思召すかも知れませんが、これはほんとうの事で、...
停車場の少女 岡本綺堂
「こんなことを申しますと、なんだか嘘らしいように思召すかも知れませんが、これはほんとうの事で、わたくしが現在出会ったのでございますから、どうかその思召しでお聞きください。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
30分以内
  6,687 文字
第六の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第六の男は語る。
父の怪談
(1924年)
岡本綺堂
30分以内
  6,699 文字
今度はわたしの番になった。
父の怪談 岡本綺堂
今度はわたしの番になった。
魚妖 岡本綺堂
30分以内
  7,087 文字
むかしから鰻の怪を説いたものは多い。
魚妖 岡本綺堂
むかしから鰻の怪を説いたものは多い。
夢のお七 岡本綺堂
30分以内
  7,122 文字
大田蜀山人の「一話一言」を読んだ人は、そのうちにこういう話のあることを記憶しているであろう。
夢のお七 岡本綺堂
大田蜀山人の「一話一言」を読んだ人は、そのうちにこういう話のあることを記憶しているであろう。
魚妖 岡本綺堂
30分以内
  7,181 文字
むかしから鰻(うなぎ)の怪を説いたものは多い。
魚妖 岡本綺堂
むかしから鰻(うなぎ)の怪を説いたものは多い。
離魂病
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  7,815 文字
M君は語る。
離魂病 岡本綺堂
M君は語る。
岡本綺堂
30分以内
  7,820 文字
日清戦争の終った年というと、かなり遠い昔になる。
岡本綺堂
日清戦争の終った年というと、かなり遠い昔になる。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
30分以内
  8,030 文字
第十一の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十一の男は語る。
半七捕物帳 岡本綺堂
30分以内
  8,083 文字
ある冬の日、わたしが老人を赤坂の家にたずねると、老人は日あたりのいい庭にむかって新聞をよんでいた。
半七捕物帳 岡本綺堂
ある冬の日、わたしが老人を赤坂の家にたずねると、老人は日あたりのいい庭にむかって新聞をよんでいた。
十番雑記
(1937年)
岡本綺堂
30分以内
  8,355 文字
昭和十二年八月三十一日、火曜日。
十番雑記 岡本綺堂
昭和十二年八月三十一日、火曜日。
半七捕物帳 岡本綺堂
30分以内
  8,416 文字
嘉永五年八月のなかばである。
半七捕物帳 岡本綺堂
嘉永五年八月のなかばである。
温泉雑記
(1931年)
岡本綺堂
30分以内
  8,551 文字
ことしの梅雨も明けて、温泉場繁昌の時節が来た。
温泉雑記 岡本綺堂
ことしの梅雨も明けて、温泉場繁昌の時節が来た。
岡本綺堂
30分以内
  8,640 文字
上「去年は牛のお話をうかがいましたが、ことしの暮は虎のお話をうかがいに出ました。
岡本綺堂
上「去年は牛のお話をうかがいましたが、ことしの暮は虎のお話をうかがいに出ました。
子供役者の死
(1921年)
岡本綺堂
30分以内
  8,769 文字
ペテロは三たびキリストを知らずといえり。
子供役者の死 岡本綺堂
ペテロは三たびキリストを知らずといえり。
久保田米斎君の思い出
(1937年)
岡本綺堂
30分以内
  8,878 文字
久保田米斎君の事に就て何か話せということですが、本職の画の方の事は私にはわかりませんから、主と...
久保田米斎君の思い出 岡本綺堂
久保田米斎君の事に就て何か話せということですが、本職の画の方の事は私にはわかりませんから、主として芝居の方の事だけ御話するようになりましょう。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
30分以内
  9,046 文字
第十の男は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十の男は語る。
海亀
(1934年)
岡本綺堂
30分以内
  9,162 文字
「かぞえると三十年以上の昔になる。
海亀 岡本綺堂
「かぞえると三十年以上の昔になる。
半七捕物帳 岡本綺堂
30分以内
  9,411 文字
「これも狐の話ですよ。
半七捕物帳 岡本綺堂
「これも狐の話ですよ。
月の夜がたり
(1924年)
岡本綺堂
30分以内
  9,792 文字
E君は語る。
月の夜がたり 岡本綺堂
E君は語る。
黄八丈の小袖
(1917年)
岡本綺堂
30分以内
  10,184 文字
上「あの、お菊。
黄八丈の小袖 岡本綺堂
上「あの、お菊。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
30分以内
  10,208 文字
第十二の夫人は語る。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
第十二の夫人は語る。
妖婆
(1928年)
岡本綺堂
30分以内
  10,542 文字
「番町の番町知らず」という諺(ことわざ)さえある位であるから、番町の地理を説明するのはむずかしい。
妖婆 岡本綺堂
「番町の番町知らず」という諺(ことわざ)さえある位であるから、番町の地理を説明するのはむずかしい。
指輪一つ
(1925年)
岡本綺堂
30分以内
  10,948 文字
「あのときは実に驚きました。
指輪一つ 岡本綺堂
「あのときは実に驚きました。
雪女
(1921年)
岡本綺堂
30分以内
  11,016 文字
O君は語る。
雪女 岡本綺堂
O君は語る。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。