🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

10分以内で読める岡本綺堂の短編作品

青空文庫で公開されている岡本綺堂の作品の中で、おおよその読了目安時間が「10分以内」の短編27作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(2,001〜4,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜27件 / 全27件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
赤膏薬
(1931年)
岡本綺堂
10分以内
  3,551 文字
今から廿二三年前に上海で出版された「騙術奇談」といふ四巻の書がある。
赤膏薬 岡本綺堂
今から廿二三年前に上海で出版された「騙術奇談」といふ四巻の書がある。
雨夜の怪談
(1909年)
岡本綺堂
10分以内
  3,661 文字
秋……殊に雨などが漕々(そうそう)降ると、人は兎角に陰気になつて、動もすれば魔物臭い話が出る。
雨夜の怪談 岡本綺堂
秋……殊に雨などが漕々(そうそう)降ると、人は兎角に陰気になつて、動もすれば魔物臭い話が出る。
正月の思い出 岡本綺堂
10分以内
  2,190 文字
ある雑誌から「正月の思い出」という質問を受けた。
正月の思い出 岡本綺堂
ある雑誌から「正月の思い出」という質問を受けた。
百物語 岡本綺堂
10分以内
  3,836 文字
今から八十年ほどの昔――と言いかけて、O君は自分でも笑い出した。
百物語 岡本綺堂
今から八十年ほどの昔――と言いかけて、O君は自分でも笑い出した。
私の机
(1925年)
岡本綺堂
10分以内
  2,046 文字
ある雑誌社から「あなたの机は」という問合せが来たので、こんな返事をかいて送る。
私の机 岡本綺堂
ある雑誌社から「あなたの机は」という問合せが来たので、こんな返事をかいて送る。
読書雑感
(1933年)
岡本綺堂
10分以内
  2,306 文字
何といってもこの頃は読書子に取っては恵まれた時代である。
読書雑感 岡本綺堂
何といってもこの頃は読書子に取っては恵まれた時代である。
木曽の怪物
(1902年)
岡本綺堂
10分以内
  2,389 文字
これは亡父の物語。
木曽の怪物 岡本綺堂
これは亡父の物語。
三崎町の原
(1928年)
岡本綺堂
10分以内
  2,448 文字
十一月の下旬の晴れた日に、所用あって神田の三崎町まで出かけた。
三崎町の原 岡本綺堂
十一月の下旬の晴れた日に、所用あって神田の三崎町まで出かけた。
雪の一日
(1933年)
岡本綺堂
10分以内
  2,499 文字
三月二十日、土曜日。
雪の一日 岡本綺堂
三月二十日、土曜日。
風呂を買うまで
(1924年)
岡本綺堂
10分以内
  2,555 文字
わたしは入浴が好きで、大正八年の秋以来あさ湯の廃止されたのを悲しんでいる一人である。
風呂を買うまで 岡本綺堂
わたしは入浴が好きで、大正八年の秋以来あさ湯の廃止されたのを悲しんでいる一人である。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
10分以内
  2,556 文字
青蛙堂は小石川の切支丹坂、昼でも木立ちの薄暗いところにある。
中国怪奇小説集 岡本綺堂
青蛙堂は小石川の切支丹坂、昼でも木立ちの薄暗いところにある。
九月四日 岡本綺堂
10分以内
  2,635 文字
久しぶりで麹町元園町の旧宅地附近へ行って見た。
九月四日 岡本綺堂
久しぶりで麹町元園町の旧宅地附近へ行って見た。
河童小僧
(1902年)
岡本綺堂
10分以内
  2,642 文字
頃は安政の末、内藤家(延岡藩)の江戸邸に福島金吾という武士があった、この男、剣術柔術が得意で、...
河童小僧 岡本綺堂
頃は安政の末、内藤家(延岡藩)の江戸邸に福島金吾という武士があった、この男、剣術柔術が得意で、随って気象も逞しい人物で、凡そ世の中に怖い物無しと誇っていたが、或時測らず一種の妖怪に出逢って、なるほど世には不思議もあるものだと流石に舌を巻いたと云う。
父の墓
(1902年)
岡本綺堂
10分以内
  2,781 文字
都は花落ちて、春漸く暮れなんとする四月二十日、森青く雲青く草青く、見渡すかぎり蒼茫(そうぼう)...
父の墓 岡本綺堂
都は花落ちて、春漸く暮れなんとする四月二十日、森青く雲青く草青く、見渡すかぎり蒼茫(そうぼう)たる青山の共同墓地に入りて、わか葉の扇骨木籬まだ新らしく、墓標の墨の痕乾きもあえぬ父の墓前に跪(ひざまず)きぬ。
栗の花
(1919年)
岡本綺堂
10分以内
  2,863 文字
栗の花、柿の花、日本でも初夏の景物にはかぞえられていますが、俳味に乏しい我々は、栗も柿もすべて...
栗の花 岡本綺堂
栗の花、柿の花、日本でも初夏の景物にはかぞえられていますが、俳味に乏しい我々は、栗も柿もすべて秋の梢にのみ眼をつけて、夏のさびしい花にはあまり多くの注意を払っていませんでした。
池袋の怪
(1902年)
岡本綺堂
10分以内
  2,912 文字
安政の大地震の翌る年の事で、麻布の某藩邸に一種の不思議が起った。
池袋の怪 岡本綺堂
安政の大地震の翌る年の事で、麻布の某藩邸に一種の不思議が起った。
叔父と甥と
(1920年)
岡本綺堂
10分以内
  2,934 文字
大正九年十月九日、甥の石丸英一逝く。
叔父と甥と 岡本綺堂
大正九年十月九日、甥の石丸英一逝く。
かたき討雑感
(1925年)
岡本綺堂
10分以内
  3,028 文字
◇わが国古来のいわゆる「かたき討」とか、「仇討」とかいうものは、勿論それが復讎を意味するのでは...
かたき討雑感 岡本綺堂
◇わが国古来のいわゆる「かたき討」とか、「仇討」とかいうものは、勿論それが復讎を意味するのではあるが、単に復讎の目的を達しただけでは、かたき討とも仇討とも認められない。
倫敦の一夜 岡本綺堂
10分以内
  3,081 文字
六月二十八日の午後六時、ハイド・パークの椅子によりながら講和条約調印の号砲を聞いた。
倫敦の一夜 岡本綺堂
六月二十八日の午後六時、ハイド・パークの椅子によりながら講和条約調印の号砲を聞いた。
お住の霊
(1902年)
岡本綺堂
10分以内
  3,294 文字
これは小生の父が、眼前に見届けたとは申し兼るが、直接にその本人から聞取った一種の怪談で今はむか...
お住の霊 岡本綺堂
これは小生の父が、眼前に見届けたとは申し兼るが、直接にその本人から聞取った一種の怪談で今はむかし文久の頃の事。
妖怪漫談
(1928年)
岡本綺堂
10分以内
  3,397 文字
このごろ少しく調べることがあって、支那の怪談本――といっても、支那の小説あるいは筆記のたぐいは...
妖怪漫談 岡本綺堂
このごろ少しく調べることがあって、支那の怪談本――といっても、支那の小説あるいは筆記のたぐいは総てみな怪談本といっても好いのであるが――を猟ってみると、遠くは『今昔物語』、『宇治拾遺物語』の類から、更に下って江戸の著作にあらわれている我国の怪談というものは、大抵は支那から輸入されている。
一日一筆
(1911年)
岡本綺堂
10分以内
  3,504 文字
五分間用があって兜町の紅葉屋へ行く。
一日一筆 岡本綺堂
五分間用があって兜町の紅葉屋へ行く。
小坂部伝説
(1925年)
岡本綺堂
10分以内
  3,527 文字
わたしは帝劇のために「小坂部姫」をかいた。
小坂部伝説 岡本綺堂
わたしは帝劇のために「小坂部姫」をかいた。
米国の松王劇 岡本綺堂
10分以内
  3,582 文字
白人劇の忠臣蔵や菅原はかねて噂には聞いていましたが、今度米国へ渡って来て、あたかもそれを見物す...
米国の松王劇 岡本綺堂
白人劇の忠臣蔵や菅原はかねて噂には聞いていましたが、今度米国へ渡って来て、あたかもそれを見物する機会を得ました。
源之助の一生
(1936年)
岡本綺堂
10分以内
  3,664 文字
田圃の太夫といわれた沢村源之助も四月二十日を以て世を去った。
源之助の一生 岡本綺堂
田圃の太夫といわれた沢村源之助も四月二十日を以て世を去った。
はなしの話
(1937年)
岡本綺堂
10分以内
  3,790 文字
七月四日、アメリカ合衆国の独立記念日、それとは何の関係もなしに、左の上の奥歯二枚が俄(にわか)...
はなしの話 岡本綺堂
七月四日、アメリカ合衆国の独立記念日、それとは何の関係もなしに、左の上の奥歯二枚が俄(にわか)に痛み出した。
我家の園芸
(1935年)
岡本綺堂
10分以内
  3,935 文字
目黒へ移ってから三年目の夏が来るので、彼岸過ぎから花壇の種蒔きをはじめた。
我家の園芸 岡本綺堂
目黒へ移ってから三年目の夏が来るので、彼岸過ぎから花壇の種蒔きをはじめた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。