芥川竜之介の全作品(3ページ目)

青空文庫で公開されている芥川竜之介の全作品を、おすすめ人気順で表示しています。


101〜150件 / 全371件
作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
将軍 芥川 竜之介
60分以内
  16,649 文字
白襷隊明治三十七年十一月二十六日の未明だった。
将軍 芥川 竜之介
60分以内
大導寺信輔の半生 芥川 竜之介
60分以内
  13,655 文字
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だつた。
大導寺信輔の半生 芥川 竜之介
60分以内
英雄の器 芥川 竜之介
5分以内
  1,760 文字
「何しろ項羽と云う男は、英雄の器じゃないですな。
英雄の器 芥川 竜之介
5分以内
西方の人 芥川 竜之介
60分以内
  15,904 文字
この人を見よわたしは彼是十年ばかり前に芸術的にクリスト...
西方の人 芥川 竜之介
60分以内
パステルの竜 芥川 竜之介
5分以内
  1,425 文字
これは上海滞在中、病間に訳したものである。
パステルの竜 芥川 竜之介
5分以内
老いたる素戔嗚尊 芥川 竜之介
60分以内
  13,062 文字
高志の大蛇を退治した素戔嗚は、櫛名田姫を娶ると同時に、...
老いたる素戔嗚尊 芥川 竜之介
60分以内
妙な話 芥川 竜之介
30分以内
  5,116 文字
ある冬の夜、私は旧友の村上と一しょに、銀座通りを歩いていた。
妙な話 芥川 竜之介
30分以内
少年 芥川 竜之介
60分以内
  16,682 文字
クリスマス昨年のクリスマスの午後、堀川保吉は須田町の角...
少年 芥川 竜之介
60分以内
僻見 芥川 竜之介
60分以内
  20,091 文字
広告この数篇の文章は何人かの人々を論じたものである。
僻見 芥川 竜之介
60分以内
文章と言葉と 芥川 竜之介
5分以内
  747 文字
文章僕に「文章に凝りすぎる。
文章と言葉と 芥川 竜之介
5分以内
創作 芥川 竜之介
10分以内
  2,558 文字
僕に小説をかけと云ふのかね。
創作 芥川 竜之介
10分以内
沼地 芥川 竜之介
10分以内
  2,036 文字
ある雨の降る日の午後であった。
沼地 芥川 竜之介
10分以内
本の事 芥川 竜之介
10分以内
  3,187 文字
各国演劇史僕は本が好きだから、本の事を少し書かう。
本の事 芥川 竜之介
10分以内
「菊池寛全集」の序 芥川 竜之介
10分以内
  2,297 文字
スタンダアルとメリメとを比較した場合、スタンダアルはメ...
「菊池寛全集」の序 芥川 竜之介
10分以内
片恋 芥川 竜之介
30分以内
  4,879 文字
(一しょに大学を出た親しい友だちの一人に、ある夏の午後...
片恋 芥川 竜之介
30分以内
鬼ごつこ 芥川 竜之介
5分以内
  575 文字
彼は或町の裏に年下の彼女と鬼ごつこをしてゐた。
鬼ごつこ 芥川 竜之介
5分以内
芥川 竜之介
5分以内
  1,589 文字
自分の今寝ころんでゐる側に、古い池があつて、そこに蛙が...
芥川 竜之介
5分以内
カルメン 芥川 竜之介
10分以内
  2,105 文字
革命前だったか、革命後だったか、――いや、あれは革命前...
カルメン 芥川 竜之介
10分以内
寒山拾得 芥川 竜之介
5分以内
  1,330 文字
久しぶりに漱石先生の所へ行つたら、先生は書斎のまん中に...
寒山拾得 芥川 竜之介
5分以内
京都日記 芥川 竜之介
10分以内
  3,958 文字
光悦寺光悦寺へ行つたら、本堂の横手の松の中に小さな家が...
京都日記 芥川 竜之介
10分以内
闇中問答 芥川 竜之介
30分以内
  7,315 文字
或声お前は俺の思惑とは全然違つた人間だつた。
闇中問答 芥川 竜之介
30分以内
死後 芥川 竜之介
10分以内
  3,369 文字
……僕は床へはいっても、何か本を読まないと、寝つかれな...
死後 芥川 竜之介
10分以内
或敵打の話 芥川 竜之介
30分以内
  9,994 文字
発端肥後の細川家の家中に、田岡甚太夫と云う侍がいた。
或敵打の話 芥川 竜之介
30分以内
結婚難並びに恋愛難 芥川 竜之介
5分以内
  1,905 文字
あなたがたはゼライイドの話を知つてゐますか?ゼライイド...
結婚難並びに恋愛難 芥川 竜之介
5分以内
奇怪な再会 芥川 竜之介
60分以内
  23,288 文字
お蓮が本所の横網に囲われたのは、明治二十八年の初冬だった。
奇怪な再会 芥川 竜之介
60分以内
軽井沢で 芥川 竜之介
5分以内
  807 文字
黒馬に風景が映つてゐる。
軽井沢で 芥川 竜之介
5分以内
「侏儒の言葉」の序 芥川 竜之介
5分以内
  134 文字
「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を傳へるものではない。
「侏儒の言葉」の序 芥川 竜之介
5分以内
「鏡花全集」目録開口 芥川 竜之介
5分以内
  1,300 文字
鏡花泉先生は古今に独歩する文宗なり。
「鏡花全集」目録開口 芥川 竜之介
5分以内
温泉だより 芥川 竜之介
30分以内
  6,502 文字
……わたしはこの温泉宿にもう一月ばかり滞在しています。
温泉だより 芥川 竜之介
30分以内
イズムと云ふ語の意味次第 芥川 竜之介
5分以内
  904 文字
イズムを持つ必要があるかどうか。
イズムと云ふ語の意味次第 芥川 竜之介
5分以内
正岡子規 芥川 竜之介
5分以内
  1,275 文字
×北原さん。
正岡子規 芥川 竜之介
5分以内
一夕話 芥川 竜之介
30分以内
  6,464 文字
「何しろこの頃は油断がならない。
一夕話 芥川 竜之介
30分以内
芥川 竜之介
30分以内
  6,972 文字
わたしはすっかり疲れていた。
芥川 竜之介
30分以内
侏儒の言葉 芥川 竜之介
1時間〜
  35,769 文字
星太陽の下に新しきことなしとは古人の道破した言葉である。
侏儒の言葉 芥川 竜之介
1時間〜
おしの 芥川 竜之介
30分以内
  4,493 文字
ここは南蛮寺の堂内である。
おしの 芥川 竜之介
30分以内
開化の殺人 芥川 竜之介
30分以内
  8,902 文字
下に掲げるのは、最近予が本多子爵(仮名)から借覧する事...
開化の殺人 芥川 竜之介
30分以内
素戔嗚尊 芥川 竜之介
1時間〜
  47,025 文字
高天原の国も春になった。
素戔嗚尊 芥川 竜之介
1時間〜
芥川 竜之介
5分以内
  713 文字
槐と云ふ樹の名前を覚えたのは「石の枕」と云ふ一中節の浄...
芥川 竜之介
5分以内
娼婦美と冒険 芥川 竜之介
5分以内
  717 文字
貴問に曰、近来娼婦型の女人増加せるを如何思ふ乎と。
娼婦美と冒険 芥川 竜之介
5分以内
伊東から 芥川 竜之介
5分以内
  800 文字
拝啓。
伊東から 芥川 竜之介
5分以内
一番気乗のする時 芥川 竜之介
5分以内
  1,905 文字
僕は一体冬はすきだから十一月十二月皆好きだ。
一番気乗のする時 芥川 竜之介
5分以内
海のほとり 芥川 竜之介
30分以内
  6,758 文字
……雨はまだ降りつづけていた。
海のほとり 芥川 竜之介
30分以内
機関車を見ながら 芥川 竜之介
10分以内
  2,260 文字
……わたしの子供たちは、機関車の真似をしてゐる。
機関車を見ながら 芥川 竜之介
10分以内
不思議な島 芥川 竜之介
30分以内
  6,900 文字
僕は籐の長椅子にぼんやり横になっている。
不思議な島 芥川 竜之介
30分以内
私の好きなロマンス中の女性 芥川 竜之介
5分以内
  69 文字
一、ロマンスの中の女性は善悪共皆好み候。
私の好きなロマンス中の女性 芥川 竜之介
5分以内
孔雀 芥川 竜之介
5分以内
  390 文字
これは異本「伊曾保の物語」の一章である。
孔雀 芥川 竜之介
5分以内
南瓜 芥川 竜之介
10分以内
  3,065 文字
何しろ南瓜が人を殺す世の中なんだから、驚くよ。
南瓜 芥川 竜之介
10分以内
案頭の書 芥川 竜之介
30分以内
  4,225 文字
古今実物語大阪の画工北※(ほくせん)の著はせる古今実物...
案頭の書 芥川 竜之介
30分以内
仙人 芥川 竜之介
30分以内
  5,762 文字
上いつごろの話だか、わからない。
仙人 芥川 竜之介
30分以内
開化の良人 芥川 竜之介
60分以内
  16,978 文字
いつぞや上野の博物館で、明治初期の文明に関する展覧会が...
開化の良人 芥川 竜之介
60分以内