60分以内で読める芥川竜之介の中編作品

青空文庫で公開されている芥川竜之介の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編作品35篇を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,000〜24,000文字の作品を対象としています。 読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


全35件
作品名著者読了時間人気書き出し
作品名著者読了時間人気
或阿呆の一生芥川竜之介
60分以内
  14,590文字
  僕はこの原稿を発表する可否は勿論、発表する時や機関も君に一任…
或阿呆の一生芥川竜之介
60分以内
芋粥芥川竜之介
60分以内
  15,674文字
  元慶の末か、仁和の始にあつた話であらう。
芋粥芥川竜之介
60分以内
藪の中芥川竜之介
60分以内
  15,422文字
  さやうでございます。
藪の中芥川竜之介
60分以内
戯作三昧芥川竜之介
60分以内
  22,757文字
  天保二年九月のある午前である。
戯作三昧芥川竜之介
60分以内
あの頃の自分の事芥川竜之介
60分以内
  16,474文字
 以下は小説と呼ぶ種類のものではないかも知れない。
あの頃の自分の事芥川竜之介
60分以内
追憶芥川竜之介
60分以内
  12,874文字
 僕の記憶の始まりは数え年の四つの時のことである。
追憶芥川竜之介
60分以内
二つの手紙芥川竜之介
60分以内
  12,565文字
 ある機会で、予は下に掲げる二つの手紙を手に入れた。
二つの手紙芥川竜之介
60分以内
俊寛芥川竜之介
60分以内
  17,042文字
 俊寛云いけるは……神明外になし。
俊寛芥川竜之介
60分以内
本所両国芥川竜之介
60分以内
  22,022文字
 僕は本所界隈(かいわい)のことをスケッチしろという社命を受け…
本所両国芥川竜之介
60分以内
芥川竜之介
60分以内
  12,208文字
 箱を出る顔忘れめや雛二対蕪村これは或老女の話である。
芥川竜之介
60分以内
鼠小僧次郎吉芥川竜之介
60分以内
  13,128文字
 或初秋の日暮であつた。
鼠小僧次郎吉芥川竜之介
60分以内
大導寺信輔の半生芥川竜之介
60分以内
  12,774文字
大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だつた。
大導寺信輔の半生芥川竜之介
60分以内
澄江堂雑記芥川竜之介
60分以内
  19,685文字
僕は日頃大雅(たいが)の画(ゑ)を欲しいと思つてゐる。
澄江堂雑記芥川竜之介
60分以内
将軍芥川竜之介
60分以内
  16,649文字
白襷隊明治三十七年十一月二十六日の未明だった。
将軍芥川竜之介
60分以内
雑筆芥川竜之介
60分以内
  13,516文字
竹田(ちくでん)は善(よ)き人なり。
雑筆芥川竜之介
60分以内
西方の人芥川竜之介
60分以内
  15,904文字
この人を見よわたしは彼是十年ばかり前に芸術的にクリスト教を―…
西方の人芥川竜之介
60分以内
老いたる素戔嗚尊芥川竜之介
60分以内
  13,062文字
高志の大蛇を退治した素戔嗚は、櫛名田姫を娶ると同時に、足名椎…
老いたる素戔嗚尊芥川竜之介
60分以内
少年芥川竜之介
60分以内
  16,682文字
クリスマス昨年のクリスマスの午後、堀川保吉は須田町の角から新…
少年芥川竜之介
60分以内
僻見芥川竜之介
60分以内
  20,539文字
この数篇の文章は何人かの人々を論じたものである。
僻見芥川竜之介
60分以内
奇怪な再会芥川竜之介
60分以内
  23,288文字
お蓮が本所の横網に囲われたのは、明治二十八年の初冬だった。
奇怪な再会芥川竜之介
60分以内
開化の良人芥川竜之介
60分以内
  16,978文字
いつぞや上野の博物館で、明治初期の文明に関する展覧会が開かれ…
開化の良人芥川竜之介
60分以内
疑惑芥川竜之介
60分以内
  13,023文字
今ではもう十年あまり以前になるが、ある年の春私は実践倫理学の…
疑惑芥川竜之介
60分以内
きりしとほろ上人伝芥川竜之介
60分以内
  12,886文字
小これは予が嘗て三田文学誌上に掲載した「奉教人の死」と同じく…
きりしとほろ上人伝芥川竜之介
60分以内
玄鶴山房芥川竜之介
60分以内
  13,479文字
………それは小ぢんまりと出来上った、奥床しい門構えの家だった…
玄鶴山房芥川竜之介
60分以内
戯作三昧芥川竜之介
60分以内
  21,964文字
天保二年九月の或午前である。
戯作三昧芥川竜之介
60分以内
毛利先生芥川竜之介
60分以内
  13,042文字
歳晩のある暮方、自分は友人の批評家と二人で、所謂腰弁街道の、…
毛利先生芥川竜之介
60分以内
忠義芥川竜之介
60分以内
  14,351文字
前島林右衛門板倉修理は、病後の疲労が稍恢復すると同時に、はげ…
忠義芥川竜之介
60分以内
芭蕉雑記芥川竜之介
60分以内
  14,094文字
著書芭蕉は一巻の書も著はしたことはない。
芭蕉雑記芥川竜之介
60分以内
大導寺信輔の半生芥川竜之介
60分以内
  13,616文字
本所大導寺信輔の生まれたのは本所の回向院の近所だった。
大導寺信輔の半生芥川竜之介
60分以内
骨董羹芥川竜之介
60分以内
  15,860文字
Judith Gautier が詩中の支那は、支那にして又支…
骨董羹芥川竜之介
60分以内
続野人生計事芥川竜之介
60分以内
  15,283文字
アンドレエフに百姓が鼻糞(はなくそ)をほじる描写(べうしや)…
続野人生計事芥川竜之介
60分以内
本所両国芥川竜之介
60分以内
  23,027文字
「大溝」僕は本所界隈のことをスケツチしろといふ社命を受け、同…
本所両国芥川竜之介
60分以内
報恩記芥川竜之介
60分以内
  15,801文字
阿媽港甚内の話わたしは甚内と云うものです。
報恩記芥川竜之介
60分以内