芥川竜之介歌集
芥川 竜之介

『芥川竜之介歌集』は芥川竜之介の短編作品。2,743文字で、おおよそ10分以内で読むことができます。

文字数
10分以内
  2,743 文字
人気   13,127 PV
書き出し 目次紫天鵞絨/桐/薔薇/客中恋/若人/砂上遅日紫天鵞絨やはらかく深紫の天鵞絨をなづる心地か春の暮れゆくいそいそと燕もまへりあたゝかく郵便馬車をぬらす春雨ほの赤く岐阜提灯もともりけり「二つ巴」の春の夕ぐれ(明治座三月狂言)戯奴の紅き上衣に埃の香かすかにしみて春はくれにけりなやましく春は暮れゆく踊り子の金紗の裾に春は暮れゆく春漏の水のひゞきかあるはまた舞姫のうつとほき鼓か(京...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

芥川 竜之介 の人気作品



短編(10分以内)の人気作品