みだれ髪
与謝野 晶子

『みだれ髪』は与謝野晶子の中編作品。14,006文字で、おおよそ60分以内で読むことができます。

文字数
60分以内
  14,006 文字
人気   19,419 PV
書き出し [#ページの左右中央]この書の体裁は悉く藤島武二先生の意匠に成れり表紙画みだれ髪の輪郭は恋愛の矢のハートを射たるにて矢の根より吹き出でたる花は詩を意味せるなり[#改ページ]臙脂紫夜の帳にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢のほつれよ歌にきけな誰れ野の花に紅き否むおもむきあるかな春罪もつ子髪五尺ときなば水にやはらかき少女ごころは秘めて放たじ血ぞもゆるかさむひと夜の夢のやど春を...
※「人気」は青空文庫の過去10年分のアクセスランキングを集計した累計アクセス数から算出しています。

青空文庫で読む  

与謝野 晶子 の人気作品



中編(60分以内)の人気作品