🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

5分以内で読める豊島与志雄の短編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「5分以内」の短編28作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(〜2,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜28件 / 全28件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
レ・ミゼラブル 豊島与志雄
5分以内
  535 文字
「レ・ミゼラブル」の翻訳を私が仕上げたのは、ずいぶん以前のことである。
レ・ミゼラブル 豊島与志雄
「レ・ミゼラブル」の翻訳を私が仕上げたのは、ずいぶん以前のことである。
随筆評論集「書かれざる作品」後記
(1933年)
豊島与志雄
5分以内
  219 文字
本書に収められてる文章は、大正十四年から昭和八年までの間に、折にふれて書かれたものである。
随筆評論集「書かれざる作品」後記 豊島与志雄
本書に収められてる文章は、大正十四年から昭和八年までの間に、折にふれて書かれたものである。
小説集「白い朝」後記
(1938年)
豊島与志雄
5分以内
  235 文字
茲に収められてるものは、都会の知識階級のおかしな物語である。
小説集「白い朝」後記 豊島与志雄
茲に収められてるものは、都会の知識階級のおかしな物語である。
小説集「山吹の花」後記
(1954年)
豊島与志雄
5分以内
  503 文字
短篇集を一冊まとめるについて、作品をあれこれ物色してるうちに、つい、近作ばかり集める結果となっ...
小説集「山吹の花」後記 豊島与志雄
短篇集を一冊まとめるについて、作品をあれこれ物色してるうちに、つい、近作ばかり集める結果となってしまった。
随筆評論集「文学以前」後記
(1951年)
豊島与志雄
5分以内
  593 文字
感想や随筆の類は、折にふれて書いてるようでいて、いざ一冊の書物にまとめるとなると、わりに分量が...
随筆評論集「文学以前」後記 豊島与志雄
感想や随筆の類は、折にふれて書いてるようでいて、いざ一冊の書物にまとめるとなると、わりに分量が少いものである。
随筆評論集「情意の干満」後記
(1947年)
豊島与志雄
5分以内
  710 文字
本書に収められてるものは、私が書いたすべての随筆や感想の中から選択されたものである。
随筆評論集「情意の干満」後記 豊島与志雄
本書に収められてるものは、私が書いたすべての随筆や感想の中から選択されたものである。
小説集「秦の憂愁」後記
(1947年)
豊島与志雄
5分以内
  739 文字
戦乱の期間中、私は幾度か中華民国に旅して、おもに上海に滞留した。
小説集「秦の憂愁」後記 豊島与志雄
戦乱の期間中、私は幾度か中華民国に旅して、おもに上海に滞留した。
小説・評論集「文学母胎」後記
(1942年)
豊島与志雄
5分以内
  767 文字
本書の性質を一言しておく。
小説・評論集「文学母胎」後記 豊島与志雄
本書の性質を一言しておく。
ナポレオンの遺書 豊島与志雄
5分以内
  833 文字
ナポレオンの遺書――セント・ヘレナの島で、臨終より三週間ほど前に、彼が自ら口述し浄書したもので...
ナポレオンの遺書 豊島与志雄
ナポレオンの遺書――セント・ヘレナの島で、臨終より三週間ほど前に、彼が自ら口述し浄書したもので、現に文書保存局に原文が残っている――その遺書の中に、次のような一カ条がある。
小説集「白塔の歌」後記
(1941年)
豊島与志雄
5分以内
  925 文字
本書に収められてる六つの小説は、みな、「近代伝説」として書かれたものである。
小説集「白塔の歌」後記 豊島与志雄
本書に収められてる六つの小説は、みな、「近代伝説」として書かれたものである。
小説集「白蛾」後記
(1946年)
豊島与志雄
5分以内
  1,023 文字
ここに収めた作品はみな、近代説話として書いたものばかりである。
小説集「白蛾」後記 豊島与志雄
ここに収めた作品はみな、近代説話として書いたものばかりである。
エスキス 豊島与志雄
5分以内
  1,094 文字
大地に対するノスタルジーを忘失したる児等よ。
エスキス 豊島与志雄
大地に対するノスタルジーを忘失したる児等よ。
作者の住む世界 豊島与志雄
5分以内
  1,311 文字
或る雑誌記者がこんなことを云った――「新進作家に少し書いて貰おうと思って、さて誰に頼んだらよい...
作者の住む世界 豊島与志雄
或る雑誌記者がこんなことを云った――「新進作家に少し書いて貰おうと思って、さて誰に頼んだらよいかと考えてみると、結局誰にしても同じだという気がして、考えるのも厄介になってくる。
最近の菊池寛氏 豊島与志雄
5分以内
  1,398 文字
――菊池君は屡々瞬きをする。
最近の菊池寛氏 豊島与志雄
――菊池君は屡々瞬きをする。
猫性 豊島与志雄
5分以内
  1,478 文字
誰にも逢いたくない、少しも口が利きたくない、そしてただ一人でじっとしていたい。
猫性 豊島与志雄
誰にも逢いたくない、少しも口が利きたくない、そしてただ一人でじっとしていたい。
美醜 豊島与志雄
5分以内
  1,489 文字
夏の夜、私の書斎は、冬の夜よりも賑かだ。
美醜 豊島与志雄
夏の夜、私の書斎は、冬の夜よりも賑かだ。
豊島与志雄
5分以内
  1,503 文字
幼時、正月のいろいろな事柄のうちで、最も楽しいのは、初夢を待つ気持だった。
豊島与志雄
幼時、正月のいろいろな事柄のうちで、最も楽しいのは、初夢を待つ気持だった。
霊気 豊島与志雄
5分以内
  1,534 文字
中房温泉は、既に海抜四千八百尺余の高地にあって、日本アルプスの支脈に懐かれている。
霊気 豊島与志雄
中房温泉は、既に海抜四千八百尺余の高地にあって、日本アルプスの支脈に懐かれている。
鴨猟 豊島与志雄
5分以内
  1,574 文字
寒中、東京湾内には無数の鴨がいる。
鴨猟 豊島与志雄
寒中、東京湾内には無数の鴨がいる。
死刑囚最後の日解説 豊島与志雄
5分以内
  1,587 文字
『死刑囚最後の日』Le dernier jour d'un condamn※ は、ヴィクトル・...
死刑囚最後の日解説 豊島与志雄
『死刑囚最後の日』Le dernier jour d'un condamn※ は、ヴィクトル・ユーゴー(Victor Hugo)の一八二九年の作である。
大自然を讃う 豊島与志雄
5分以内
  1,659 文字
人の生活に最も大事なのは、自分の生を愛し慈むの感情である。
大自然を讃う 豊島与志雄
人の生活に最も大事なのは、自分の生を愛し慈むの感情である。
旅人の言 豊島与志雄
5分以内
  1,666 文字
はて知らぬ遠き旅に上った身は――木影に憩うことをしないのだ。
旅人の言 豊島与志雄
はて知らぬ遠き旅に上った身は――木影に憩うことをしないのだ。
父と子供たち 豊島与志雄
5分以内
  1,793 文字
平時にあっては、父親は子供たちにとって、一種の大きな友だちであり、且つ、雨露をしのぐ家屋のよう...
父と子供たち 豊島与志雄
平時にあっては、父親は子供たちにとって、一種の大きな友だちであり、且つ、雨露をしのぐ家屋のようなものである。
舞台のイメージ 豊島与志雄
5分以内
  1,800 文字
戯曲創作の場合には、その作者の頭に、一つの舞台がはっきり写っていなければいけない。
舞台のイメージ 豊島与志雄
戯曲創作の場合には、その作者の頭に、一つの舞台がはっきり写っていなければいけない。
小説集「聖女人像」後記
(1948年)
豊島与志雄
5分以内
  1,807 文字
終戦後私は、普通の小説を少しく書き、近代説話と自称する小説を多く書いた。
小説集「聖女人像」後記 豊島与志雄
終戦後私は、普通の小説を少しく書き、近代説話と自称する小説を多く書いた。
ジャン・クリストフ 豊島与志雄
5分以内
  1,855 文字
「ジャン・クリストフ」は、初めカイエ・ド・ラ・キャンゼーヌ中の十七冊として発表され、次で十冊の...
ジャン・クリストフ 豊島与志雄
「ジャン・クリストフ」は、初めカイエ・ド・ラ・キャンゼーヌ中の十七冊として発表され、次で十冊の書物として刊行されていたが、一九二一年に、改訂版四冊として再刊された。
同感 豊島与志雄
5分以内
  1,944 文字
私は動物が好きだ。
同感 豊島与志雄
私は動物が好きだ。
ふざけた読書 豊島与志雄
5分以内
  1,956 文字
某氏ある時、年賀状の返信を書いていた。
ふざけた読書 豊島与志雄
某氏ある時、年賀状の返信を書いていた。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。