🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

1時間〜で読める豊島与志雄の長編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「1時間〜」の長編21作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(24,001文字〜の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜21件 / 全21件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
自由人
(1948年)
豊島与志雄
1時間〜
  76,234 文字
悲しみにこそ生きむ楽しさにこそ死なむこの二つの文句が、どうしてこんなにわたしの心を乱すのであろうか。
自由人 豊島与志雄
悲しみにこそ生きむ楽しさにこそ死なむこの二つの文句が、どうしてこんなにわたしの心を乱すのであろうか。
古井戸
(1925年)
豊島与志雄
1時間〜
  24,380 文字
初めは相当に拵えられたものらしいが、長く人の手がはいらないで、大小さまざまの植込が生い茂ってる...
古井戸 豊島与志雄
初めは相当に拵えられたものらしいが、長く人の手がはいらないで、大小さまざまの植込が生い茂ってる、二十坪ばかりの薄暗い庭だった。
波多野邸
(1946年)
豊島与志雄
1時間〜
  24,635 文字
波多野洋介が大陸から帰って来たのは、終戦後、年を越して、四月の初めだった。
波多野邸 豊島与志雄
波多野洋介が大陸から帰って来たのは、終戦後、年を越して、四月の初めだった。
香奠
(1925年)
豊島与志雄
1時間〜
  25,002 文字
母上今日は日曜日です。
香奠 豊島与志雄
母上今日は日曜日です。
掠奪せられたる男
(1918年)
豊島与志雄
1時間〜
  25,502 文字
山田は秀子の方が自分を誘惑したのだと思っていた。
掠奪せられたる男 豊島与志雄
山田は秀子の方が自分を誘惑したのだと思っていた。
生あらば
(1917年)
豊島与志雄
1時間〜
  25,743 文字
十一月から病床に横わった光子の容態は、三月になっても殆んど先の見当がつかなかった。
生あらば 豊島与志雄
十一月から病床に横わった光子の容態は、三月になっても殆んど先の見当がつかなかった。
椎の木
(1934年)
豊島与志雄
1時間〜
  28,457 文字
牧野良一は、奥日光の旅から帰ると、ゆっくり四五日かかって、書信の整理をしたり、勉強のプランをた...
椎の木 豊島与志雄
牧野良一は、奥日光の旅から帰ると、ゆっくり四五日かかって、書信の整理をしたり、勉強のプランをたてたりして、それから、まっさきに、川村さんを訪れてみた。
田原氏の犯罪
(1917年)
豊島与志雄
1時間〜
  31,303 文字
重夫は母のしげ子とよく父のことを話し合った。
田原氏の犯罪 豊島与志雄
重夫は母のしげ子とよく父のことを話し合った。
エミリアンの旅
(1932年)
豊島与志雄
1時間〜
  31,418 文字
ヨーロッパから西アジヤにかけて、方々にちらばつてる一つの民族があります。
エミリアンの旅 豊島与志雄
ヨーロッパから西アジヤにかけて、方々にちらばつてる一つの民族があります。
運命のままに
(1916年)
豊島与志雄
1時間〜
  31,681 文字
石田周吉というのは痩せた背の高い男である。
運命のままに 豊島与志雄
石田周吉というのは痩せた背の高い男である。
黒点
(1926年)
豊島与志雄
1時間〜
  34,237 文字
前から分っていた通り、父は五十歳限り砲兵工廠を解職になった。
黒点 豊島与志雄
前から分っていた通り、父は五十歳限り砲兵工廠を解職になった。
現代小説展望 豊島与志雄
1時間〜
  37,882 文字
小説の本質ある科学者がこういうことをいった――「科学に没頭していると人生の煩わしさを……人生そ...
現代小説展望 豊島与志雄
小説の本質ある科学者がこういうことをいった――「科学に没頭していると人生の煩わしさを……人生そのものをも……忘れてしまう。
金の目銀の目
(1936年)
豊島与志雄
1時間〜
  38,459 文字
まっ白いネコ九州の北海岸の、ある淋しい村に、古い小さな神社がありました。
金の目銀の目 豊島与志雄
まっ白いネコ九州の北海岸の、ある淋しい村に、古い小さな神社がありました。
理想の女
(1920年)
豊島与志雄
1時間〜
  41,626 文字
私は遂に秀子を殴りつけた。
理想の女 豊島与志雄
私は遂に秀子を殴りつけた。
子を奪う
(1921年)
豊島与志雄
1時間〜
  43,400 文字
兎に角、母が一人で行ってくれたのが、彼には嬉しかった。
子を奪う 豊島与志雄
兎に角、母が一人で行ってくれたのが、彼には嬉しかった。
変な男
(1923年)
豊島与志雄
1時間〜
  44,215 文字
四月末の午後二時頃のこと、電車通りから二三町奥にはいった狭い横町の、二階と階下と同じような畳数...
変な男 豊島与志雄
四月末の午後二時頃のこと、電車通りから二三町奥にはいった狭い横町の、二階と階下と同じような畳数がありそうな窮屈らしい家の前に、角帽を被った一人の学生が立止って、小林寓としてある古ぼけた表札を暫く眺めていたが、いきなりその格子戸に手をかけて、がらりと引開けるなり中にはいった。
或る男の手記
(1924年)
豊島与志雄
1時間〜
  46,141 文字
もう準備はすっかり整っている。
或る男の手記 豊島与志雄
もう準備はすっかり整っている。
幻の彼方
(1922年)
豊島与志雄
1時間〜
  47,589 文字
岡部順造は、喧嘩の余波で初めて秋子の姙娠を知った。
幻の彼方 豊島与志雄
岡部順造は、喧嘩の余波で初めて秋子の姙娠を知った。
女心の強ければ
(1950年)
豊島与志雄
1時間〜
  52,667 文字
松月別館での第一日は、あらゆる点で静かだった。
女心の強ければ 豊島与志雄
松月別館での第一日は、あらゆる点で静かだった。
二つの途
(1920年)
豊島与志雄
1時間〜
  57,101 文字
看護婦は湯にはいりに出かけた。
二つの途 豊島与志雄
看護婦は湯にはいりに出かけた。
反抗
(1921年)
豊島与志雄
1時間〜
  157,007 文字
井上周平は、隆吉を相手に、一時間ばかり、学課の予習復習を――それも実は遊び半分に――みてやった...
反抗 豊島与志雄
井上周平は、隆吉を相手に、一時間ばかり、学課の予習復習を――それも実は遊び半分に――みてやった後、すぐに帰ろうとした。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。