🎉無料の英語作品を読了時間で検索できる英語版「Bungo Search」をリリースしました!英語の勉強にぜひご活用ください。

60分以内で読める豊島与志雄の中編作品

青空文庫で公開されている豊島与志雄の作品の中で、おおよその読了目安時間が「60分以内」の中編85作品を、おすすめ人気順に表示しています。
(12,001〜24,000文字の作品を対象としています。読了時間は「400字/分」の読書スピードで計算した場合の目安です)


1〜50件 / 全85件

作品名 著者 読了時間 人気 書き出し
作品名 著者 読了時間 人気
北極のアムンセン
(1941年)
豊島与志雄
60分以内
  18,305 文字
地球の両極地球は、自分でくるくる回転しながら、また大きく太陽のまはりを廻つてゐます。
北極のアムンセン 豊島与志雄
地球の両極地球は、自分でくるくる回転しながら、また大きく太陽のまはりを廻つてゐます。
ふしぎな池
(1938年)
豊島与志雄
60分以内
  14,690 文字
朝早くから、子供たちは、みんな、政雄の所に集りました。
ふしぎな池 豊島与志雄
朝早くから、子供たちは、みんな、政雄の所に集りました。
シロ・クロ物語
(1937年)
豊島与志雄
60分以内
  22,979 文字
公園の占師南洋のある半島の港です。
シロ・クロ物語 豊島与志雄
公園の占師南洋のある半島の港です。
スミトラ物語
(1934年)
豊島与志雄
60分以内
  16,626 文字
むかし、インドのある町に、時々、飴うりの爺さんが出てきまして、子供たちにおもしろい話をしてきか...
スミトラ物語 豊島与志雄
むかし、インドのある町に、時々、飴うりの爺さんが出てきまして、子供たちにおもしろい話をしてきかせて、うまいまつ白な飴をうつてくれました。
白日夢
(1923年)
豊島与志雄
60分以内
  12,660 文字
晩春の頃だった。
白日夢 豊島与志雄
晩春の頃だった。
浅間噴火口
(1938年)
豊島与志雄
60分以内
  13,244 文字
坂の上の奥まったところにある春日荘は、普通に見かける安易なアパートであるが、三つの特色があった。
浅間噴火口 豊島与志雄
坂の上の奥まったところにある春日荘は、普通に見かける安易なアパートであるが、三つの特色があった。
楠の話
(1919年)
豊島与志雄
60分以内
  12,009 文字
その頃私の家は田舎の広い屋敷に在った。
楠の話 豊島与志雄
その頃私の家は田舎の広い屋敷に在った。
風俗時評 豊島与志雄
60分以内
  12,134 文字
A神社参拝は、良俗の一つとなっている。
風俗時評 豊島与志雄
A神社参拝は、良俗の一つとなっている。
山上湖
(1949年)
豊島与志雄
60分以内
  12,298 文字
十月の半ばをちょっと過ぎたばかりで、湖水をかこむ彼方の山々の峯には、仄白く見えるほどに雪が降った。
山上湖 豊島与志雄
十月の半ばをちょっと過ぎたばかりで、湖水をかこむ彼方の山々の峯には、仄白く見えるほどに雪が降った。
丘の上
(1925年)
豊島与志雄
60分以内
  12,433 文字
丘の上には、さびれた小さな石の堂があって、七八本の雑木が立並んでいた。
丘の上 豊島与志雄
丘の上には、さびれた小さな石の堂があって、七八本の雑木が立並んでいた。
悲しい誤解
(1949年)
豊島与志雄
60分以内
  12,457 文字
陽が陰るように、胸に憂欝の気が立ち罩める時がある。
悲しい誤解 豊島与志雄
陽が陰るように、胸に憂欝の気が立ち罩める時がある。
林檎
(1924年)
豊島与志雄
60分以内
  12,462 文字
四月初旬の夜のことだった。
林檎 豊島与志雄
四月初旬の夜のことだった。
渡舟場
(1946年)
豊島与志雄
60分以内
  12,626 文字
東京近くの、或る大きな河の彎曲部に、渡舟場がありました。
渡舟場 豊島与志雄
東京近くの、或る大きな河の彎曲部に、渡舟場がありました。
白血球
(1921年)
豊島与志雄
60分以内
  12,800 文字
がらり…………ぴしゃりと、玄関の格子戸をいつになく手荒く開け閉めして、慌しく靴をぬぐが早いか、...
白血球 豊島与志雄
がらり…………ぴしゃりと、玄関の格子戸をいつになく手荒く開け閉めして、慌しく靴をぬぐが早いか、綾子は座敷に飛び込んできた。
或る素描
(1925年)
豊島与志雄
60分以内
  12,880 文字
長谷部といえば、私達の間には有名な男だった。
或る素描 豊島与志雄
長谷部といえば、私達の間には有名な男だった。
怒りの虫
(1951年)
豊島与志雄
60分以内
  12,885 文字
欝ぎの虫、癪の種、さまざまなものが、人間のなかに住んで、正常な感情を引っ掻きまわすと言われてい...
怒りの虫 豊島与志雄
欝ぎの虫、癪の種、さまざまなものが、人間のなかに住んで、正常な感情を引っ掻きまわすと言われているが、ここに、木山宇平のなかには怒りの虫がいつしか巣くったと、周囲の人々から見られるようになった。
叔父
(1925年)
豊島与志雄
60分以内
  12,963 文字
中野さんには、喜代子という美しい姪があった。
叔父 豊島与志雄
中野さんには、喜代子という美しい姪があった。
非情の愛
(1947年)
豊島与志雄
60分以内
  12,976 文字
椰子の実を灯籠風にくりぬいたのへぽつりと灯火をつけてる、小さな酒場「五郎」に名物が一つ出来た。
非情の愛 豊島与志雄
椰子の実を灯籠風にくりぬいたのへぽつりと灯火をつけてる、小さな酒場「五郎」に名物が一つ出来た。
古木
(1946年)
豊島与志雄
60分以内
  12,985 文字
終戦後、柴田巳之助は公職を去り、自宅に籠りがちな日々を送りました。
古木 豊島与志雄
終戦後、柴田巳之助は公職を去り、自宅に籠りがちな日々を送りました。
無法者
(1951年)
豊島与志雄
60分以内
  13,013 文字
志村圭介はもう五十歳になるが、頭に白髪は目立たず、顔色は艶やかで、そして楽しそうだった。
無法者 豊島与志雄
志村圭介はもう五十歳になるが、頭に白髪は目立たず、顔色は艶やかで、そして楽しそうだった。
朝やけ
(1947年)
豊島与志雄
60分以内
  13,096 文字
明るいというのではなく、ただ赤いという色感だけの、朝焼けだ。
朝やけ 豊島与志雄
明るいというのではなく、ただ赤いという色感だけの、朝焼けだ。
紫の壜
(1948年)
豊島与志雄
60分以内
  13,105 文字
検察当局は私を、殺人罪もしくは自殺幇助罪に問おうとしている。
紫の壜 豊島与志雄
検察当局は私を、殺人罪もしくは自殺幇助罪に問おうとしている。
白木蓮
(1947年)
豊島与志雄
60分以内
  13,249 文字
桃代の肉体は、布団の中に融けこんでいるようだった。
白木蓮 豊島与志雄
桃代の肉体は、布団の中に融けこんでいるようだった。
擬体
(1952年)
豊島与志雄
60分以内
  13,279 文字
退社間際になって、青木は、ちょっと居残ってくれるようにと石村から言われて、自席に残った。
擬体 豊島与志雄
退社間際になって、青木は、ちょっと居残ってくれるようにと石村から言われて、自席に残った。
崖下の池
(1946年)
豊島与志雄
60分以内
  13,333 文字
さほど高くない崖の下に、池がありました。
崖下の池 豊島与志雄
さほど高くない崖の下に、池がありました。
潮風
(1937年)
豊島与志雄
60分以内
  13,404 文字
棚の上に、支那の陶器の花瓶があった。
潮風 豊島与志雄
棚の上に、支那の陶器の花瓶があった。
旅だち
(1946年)
豊島与志雄
60分以内
  13,429 文字
今年二十四歳になる中山敏子には、終戦後二回ほど、縁談がありました。
旅だち 豊島与志雄
今年二十四歳になる中山敏子には、終戦後二回ほど、縁談がありました。
牛乳と馬
(1949年)
豊島与志雄
60分以内
  13,576 文字
橋のところで、わたしは休んだ。
牛乳と馬 豊島与志雄
橋のところで、わたしは休んだ。
塩花
(1946年)
豊島与志雄
60分以内
  13,793 文字
爪の先を、鑢で丹念にみがきながら、山口専次郎は快心の微笑を浮かべた。
塩花 豊島与志雄
爪の先を、鑢で丹念にみがきながら、山口専次郎は快心の微笑を浮かべた。
田舎者 豊島与志雄
60分以内
  13,920 文字
「ドラ鈴」がこのマダムのパトロンかどうかということが、四五人の常連の間に問題となっていた時、岸...
田舎者 豊島与志雄
「ドラ鈴」がこのマダムのパトロンかどうかということが、四五人の常連の間に問題となっていた時、岸本啓介はそうでないということを――彼にしてみれば立証するつもりで――饒舌ってしまった。
湖水と彼等
(1914年)
豊島与志雄
60分以内
  13,921 文字
もう長い間の旅である――と、またもふと彼女は思う、四十年の過去をふり返って見ると茫として眼がかすむ。
湖水と彼等 豊島与志雄
もう長い間の旅である――と、またもふと彼女は思う、四十年の過去をふり返って見ると茫として眼がかすむ。
女客一週間
(1931年)
豊島与志雄
60分以内
  13,979 文字
キミ子は、何の前触れもなしに飛びこんできた。
女客一週間 豊島与志雄
キミ子は、何の前触れもなしに飛びこんできた。
肉体
(1935年)
豊島与志雄
60分以内
  14,133 文字
「なんだか……憂欝そうですね。
肉体 豊島与志雄
「なんだか……憂欝そうですね。
水甕
(1947年)
豊島与志雄
60分以内
  14,140 文字
仁木三十郎が間借りしていた家は、空襲中に焼け残った一群の住宅地の出外れにありました。
水甕 豊島与志雄
仁木三十郎が間借りしていた家は、空襲中に焼け残った一群の住宅地の出外れにありました。
死因の疑問
(1951年)
豊島与志雄
60分以内
  14,388 文字
二月になって、思いがけなく、東京地方に大雪が見舞った。
死因の疑問 豊島与志雄
二月になって、思いがけなく、東京地方に大雪が見舞った。
憑きもの
(1949年)
豊島与志雄
60分以内
  14,483 文字
山の湯に来て、見当が狂った。
憑きもの 豊島与志雄
山の湯に来て、見当が狂った。
窓にさす影
(1952年)
豊島与志雄
60分以内
  14,552 文字
祖母の病気、その臨終、葬式、初七日と、あわただしい日ばかり続く。
窓にさす影 豊島与志雄
祖母の病気、その臨終、葬式、初七日と、あわただしい日ばかり続く。
化生のもの
(1950年)
豊島与志雄
60分以内
  14,610 文字
小泉美枝子は、容姿うるわしく、挙措しとやかで、そして才気もあり、多くの人から好感を持たれた。
化生のもの 豊島与志雄
小泉美枝子は、容姿うるわしく、挙措しとやかで、そして才気もあり、多くの人から好感を持たれた。
蔵の二階
(1949年)
豊島与志雄
60分以内
  14,648 文字
焼跡の中に、土蔵が一つある。
蔵の二階 豊島与志雄
焼跡の中に、土蔵が一つある。
碑文
(1940年)
豊島与志雄
60分以内
  14,709 文字
ある河のほとりに、崔という豪家がありました。
碑文 豊島与志雄
ある河のほとりに、崔という豪家がありました。
恩人
(1914年)
豊島与志雄
60分以内
  14,880 文字
年毎に彼の身体に悪影響を伝える初春の季節が過ぎ去った後、彼はまた静かなる書斎の生活をはじめた、...
恩人 豊島与志雄
年毎に彼の身体に悪影響を伝える初春の季節が過ぎ去った後、彼はまた静かなる書斎の生活をはじめた、去ってゆく時の足跡をじっと見守っているような心地をし乍ら。
聖女人像
(1947年)
豊島与志雄
60分以内
  14,988 文字
深々と、然し霧のように軽く、闇のたれこめている夜……月の光りは固よりなく、星の光りも定かならず...
聖女人像 豊島与志雄
深々と、然し霧のように軽く、闇のたれこめている夜……月の光りは固よりなく、星の光りも定かならず、晴曇さえも分からず、そよとの風もなく、木々の葉もみなうなだれ眠っている……そういう真夜中に、はっきりと人の気配のすることがある。
少年の死
(1916年)
豊島与志雄
60分以内
  15,032 文字
十一月のはじめ夜遅く馬喰町の附近で、電車に触れて惨死した少年があった。
少年の死 豊島与志雄
十一月のはじめ夜遅く馬喰町の附近で、電車に触れて惨死した少年があった。
坂田の場合
(1936年)
豊島与志雄
60分以内
  15,381 文字
坂田さん、じゃあない、坂田、とこう呼びずてにしなければならないようなものが、俺のうちにある。
坂田の場合 豊島与志雄
坂田さん、じゃあない、坂田、とこう呼びずてにしなければならないようなものが、俺のうちにある。
愚かな一日
(1920年)
豊島与志雄
60分以内
  15,407 文字
瀬川が来ているのだなと夢現のうちに考えていると、何かの調子に彼はふいと眼が覚めた。
愚かな一日 豊島与志雄
瀬川が来ているのだなと夢現のうちに考えていると、何かの調子に彼はふいと眼が覚めた。
蠱惑
(1914年)
豊島与志雄
60分以内
  15,501 文字
――私はその頃昼と夜の別々の心に生きていた。
蠱惑 豊島与志雄
――私はその頃昼と夜の別々の心に生きていた。
秦の出発
(1945年)
豊島与志雄
60分以内
  15,974 文字
喧騒の都市上海の目貫の場所にも、思わぬところに閑静な一隅がある。
秦の出発 豊島与志雄
喧騒の都市上海の目貫の場所にも、思わぬところに閑静な一隅がある。
球突場の一隅
(1916年)
豊島与志雄
60分以内
  16,171 文字
夕方降り出した雨はその晩遅くまで続いた。
球突場の一隅 豊島与志雄
夕方降り出した雨はその晩遅くまで続いた。
銀の笛と金の毛皮
(1932年)
豊島与志雄
60分以内
  16,293 文字
むかし、あるところに、エキモスという羊飼いの少年がいました。
銀の笛と金の毛皮 豊島与志雄
むかし、あるところに、エキモスという羊飼いの少年がいました。
電車停留場
(1923年)
豊島与志雄
60分以内
  16,323 文字
七月の中旬、午後からの曇り空が、降るともなく晴れるともなく、そのまま薄らいで干乾びてゆき、軽い...
電車停留場 豊島与志雄
七月の中旬、午後からの曇り空が、降るともなく晴れるともなく、そのまま薄らいで干乾びてゆき、軽い風がぱったりと止んで、いやに蒸し暑い晩の、九時頃のことだった。
マークのついた作品は著作権が存続しています。 詳細は 青空文庫公式サイトの取り扱い基準 をご確認のうえ、取り扱いの際は十分注意してください。